Gregory リュック 容量:30L~ 形状:ジッパー

グレゴリー ジャーニーマンをレビュー!スーツケース型の旅行向けバックパック【リュックレビュー】

はじめに

さて、今回紹介するのは…

グレゴリー ジャーニーマン

(出典:AMAZON)

 

ジャーニーマンは、グレゴリーの旅行用バックパック

まぁ旅行専用と言うわけではないのですが、大容量と大きく開くメインポケット!

長期のお出かけや出張にピッタリな相棒として頼れるやつです。

グレゴリーのリュックは全てハイクオリティで、一生使えると言っても過言ではありません!

(出典:楽天市場)

 

ちなみにこのジャーニーマン!

以前まとめたグレゴリーのアクセサリーを装着することができます!

よければこちらもご覧になってください!!

 

 

グレゴリーとは?

みなさん、GREGORY(グレゴリー)というアウトドアブランドはご存知か?

アウトドア好きならほとんどの人が知ってるほど超有名ブランド

f:id:thebackpack:20181229113928p:plain

 

ロゴを見れば思い出す人もいるのではないだろうか?

僕の周りにもグレゴリー好きな人は多くて十年以上同じリュックを背負い続けているという人も多く、老若男女問わず愛されているブランド

僕もデイパックやデイアンドハーフを使いグレゴリーファンになった!

 

▲グレゴリーについてまとめてみた

 

グレゴリーはアメリカ発祥の1977年から40年以上続くブランドで日常使いから本格的なアウトドアまで様々なリュック(バックパック)を取り扱っている。

デザインやクオリティもそうだが、

何よりも『リュックは着るもの』といったコンセプトで背負い心地を特に大切にしている。

人体構造に基づき考え作られている。

やはり人気があるということは何かしらの理由があるということ。

 

ブランドとは【信頼】なのだと僕は思う。

『このブランドなら信頼できる!大丈夫だろう!』

そう思わせるリュックを取り扱っているのがグレゴリーなのだ!

f:id:thebackpack:20190118220140p:plain

(出典:グレゴリー)

 

ジャーニーマンのスペック紹介

ではまずはジャーニーマンのスペックから紹介していきましょう!

二枚貝のように大きく開くメインコンパートメントは、トラベルラゲッジのような使い勝手。数日の出張や旅行などに最適です。たっぷりな容量がありつつも、スクエア型なのですっきり背中に収まります。

 

・ラゲッジスタイルに大開口するメインコンパートメント
・トップにジッパー付きフロントアクセサリーポケット
・オーガナイザーポケット付きフロントジッパーポケット
・シングルポケット装着用フィギュアエイト
・4本のサイドコンプレッションストラップ
・PC/タブレット専用コンパートメント
・小さくバラつきがちなアイテムの収納に便利な内部のジッパー付きメッシュポケットとオーガナイザーポケット
・トップとサイドのグラブハンドル
・グレゴリーの特徴である耐久性の高いEVAショルダーストラップ
・サイドにスナップボタン付きクイックアクセスポケット
・パッドが付いたボトムパネル
・ポケットの数:8(外側4/内側4)

(出典:グレゴリー)

容量は30リットル。重さは1145g

この容量なら1キロは越えるのが普通ですが

グレゴリーにしては少し重めのリュック

しかし機能面で色々と備え付けてくれているので、この重さは納得です!

(出典:楽天市場)

 

 

ジャーニーマンの開封の儀

ではお次にジャーニーマンの写真を見ながら一つ一つパーツの紹介をさせてもらいます!

 

①外観デザイン

まずは外観デザインから!

背負うものであればデザインやフォルムは大事ですね

f:id:thebackpack:20191201105626j:image

▲前面部

四角いフォルムにシンプルなデザインです!

f:id:thebackpack:20191201105620j:image

▲側面部

サイドコンプレッションベルト付き

見にくいですがハンドル(持ち手)がついています!

f:id:thebackpack:20191201105614j:image

▲反対側

見にくいですがサイドポケットがあります

f:id:thebackpack:20191201105603j:image

▲背面部

ショルダーハーネスはグレゴリー特有の“EVA”というクッションが使われています

f:id:thebackpack:20191201105632j:image

▲ショルダーハーネスと背面パネルは、メッシュ素材ではありませんがクッション性が高い!

f:id:thebackpack:20191201105608j:image

▲チェストストラップにはグレゴリーのロゴ付き

 

②トップポケット

お次はトップポケット!
f:id:thebackpack:20191201105557j:image

▲リュック前面部の上部についているポケットです

f:id:thebackpack:20191201105650j:image

▲スマホと小銭入れを入れてみました!

よく出し入れするものを入れておきましょう

 

③フロントポケット

お次はフロントポケット!
f:id:thebackpack:20191201105647j:image

▲リュック前面部についている縦ジッパーのポケットです。

f:id:thebackpack:20191201105600j:image

▲大きなポケットで10インチのタブレットが入ります!

 

f:id:thebackpack:20191201105639j:image

▲漫画2冊入れるとこんな感じ!

f:id:thebackpack:20191201105654j:image

▲見にくくてすいません!

中にメッシュポケットが1つあります!!

f:id:thebackpack:20191201105645j:image

▲メッシュポケットの中にはフック!

このフックに鍵やピルケースなど引っ掛けてやりましょう!

 

④メインポケット

メインポケット、またはメインコンパートメントです!

ジャーニーマンの中で一番容量が大きいポケット!

f:id:thebackpack:20191201105705j:image

▲このジッパーですが…全開にすると……

f:id:thebackpack:20191201105617j:image

▲ここまで広がります!

まるでスーツケースのようです!!

この形がパッキングを最高にしやすくしてくれます

f:id:thebackpack:20191201105700j:image

▲大きさはペットボトル2リットルを3本入れてもまだまだ余裕があるぐらい!

f:id:thebackpack:20191201105629j:image

▲13インチのMacBookを入れてもオッケー!

f:id:thebackpack:20191201105642j:image

▲内部にはメッシュポケットもあります。

f:id:thebackpack:20191201105623j:image

▲漫画の単行本よりも少し大きいぐらい!

下着や靴下など着替をいれるのもあり

f:id:thebackpack:20191201105554j:image

▲メッシュポケットはメインポケットに2つついています

f:id:thebackpack:20191201105635j:image

▲こちらも漫画の単行本を入れても余裕があります

 

⑤背面ポケット

そして、背面側に薄いポケットがあります

f:id:thebackpack:20191201105611j:image

▲背面側に厚さはないポケットがあります

f:id:thebackpack:20191201105657j:image

▲MacBook13インチや10インチのタブレットも余裕!

2つの仕切りがあり、合計3つのポケット!

f:id:thebackpack:20191201105605j:image

▲サイドポケットがボタン式!

奥深くまで入るので落ちる心配はありません。

 

 

ジャーニーマンのおすすめポイント

では、グレゴリー ジャーニーマンのおすすめしたいポイントを紹介します。

 

①2wayが便利!

まず1つ目はこれ!

2wayが便利!

 

ジャーニーマンは2wayです!

つまり2つの使い方があります!

1つ目はリュックとして使う背負う方法

2つ目はハンドルを持って手提げかばんとして使う方法です。

 

ビジネスで使う場合、常にリュックとして背負うのは失礼な場面があります。

使い方が複数あるというのは非常に万能です!

f:id:thebackpack:20191201105724j:image

▲縦側で持つのも良し!
f:id:thebackpack:20191201105728j:image

▲サイドにあるハンドルを持つのも良い!

 

②安心の十番ジッパーYKK

2つ目はこれ!

安心の十番YKKジッパー

 

ジャーニーマンに限らず、グレゴリーのリュックに多く採用されているのがこれ!!

YKKの十番ジッパー!

大きく持ちやすく、スルスルっと開閉し、さらには丈夫ときたもんだ!!素晴らしいぞ!

f:id:thebackpack:20191201105739j:image

▲本当にこのジッパーはリュックの中で一番良い!

 

③大きく開くメインポケット

3つ目はこれ!

大きく開くメインポケット

 

ジャーニーマンの特徴でもあるメインポケット

スクエア型のスーツケースのように開いてくれるので、パッキングがしやすい!

いろいろな形のものを詰め込めます!

(出典:GREGORY)

 

④サイドコンプレッションベルト

4つ目はこれ!

サイドコンプレッションベルト

 

側面部にあるベルトです。

このベルトなんですが、リュック自体の厚みを変えることができます!

 

つまり!あまり荷物を入れていないときはベルトを締めて、リュックを薄くできる!

逆に!荷物が多いときはベルトを緩めて、リュックのマチを大きくすることができる!!

これが便利なんですよ!

 

さらには防犯性もあります!

このサイドコンプレッションベルトのおかげでジッパーが簡単に開かないようになっています!

f:id:thebackpack:20191201105750j:image

▲地味なポイントですがめっちゃ便利です

 

⑤背面にはパッド入り

そして、5つ目!

背面部にパッド入り

 

ジャーニーマンの背面部にはパッド、つまりクッション性があります!

ショルダーハーネスに加えて背面パネルにも身体への負担を軽減する役割を備えてくれています

長期旅行や出張でジャーニーマンを使う人にはありがたいポイント

(出典:GREGORY)

 

ジャーニーマンの残念ポイント

では逆にジャーニーマンのどのようなポイントが微妙なのか?紹介します!

もちろん僕の独断と偏見です!!参考までに読んでください

 

自立しそうでしない…

 

これが僕的ジャーニーマンの残念ポイントです!

ジャーニーマンは自立しそうでしません!

つまり、床にジャーニーマンをポンっと置くと倒れてしまいがちです。

必ず倒れるというわけではありませんが、リュックの構造上とても倒れやすい…

 

「え?リュックが倒れるのがデメリットなの?」

えぇ!そうです!!めっちゃデメリットです!

・リュック自体が汚れる

・精密機器に衝撃

・液状の荷物が溢れる

…などなど!マイナスポイントばかりなんです!

 

そこで、僕はリュックハンガーをオススメします!

クリッパというリュックハンガーです

(出典:AMAZON)

クリッパはオシャレなデザインをしているリュックハンガーで、狭い居酒屋やトイレなどで大活躍してくれます。

リュックの中に1つ入れておくだけで心強いアイテム!

 

▲こちらに詳しくレビューしています!よければどうぞ!!

 

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

グレゴリー ジャーニーマン

グレゴリーにしては珍しい形をしたリュックです。

グレゴリーのハイクオリティとスーツケースのように開くスクエア型で、飛行機の旅にも相性が良い相棒!

(出典:楽天市場)

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

みなさん、こんにちは。ザバックです。 以前の記事で このアーバンアサルトのことを書かせてもらいましたが、 買ってから一年ほど経ったので… 改めて詳しく記事にさせてもらいます。   [ミステリ ...

2

「あっ…今日もグレゴリーのデイパックで出かけるか…」 このセリフを今まで何度つかっただろうかwww (出典:フリークスストア)   グレゴリーの超定番リュック“デイパック”を 1年半使ったの ...

3

みなさん、こんにちは。 以前、一年前に似たような記事をあげさせてもらったのですが 今回は買ってから二年ぐらいが経ちましたので またレビュー記事をあげさせてもらいます。   SONY α7ii ...

4

さぁ! リュック背負って行こうぜ!   さて、今回紹介するのは僕が国内旅行するときにリュックに入れていくモノ一覧を記事にします。 国内旅行といっても日帰りではなく、三泊四日までの荷造りです。 ...

5

今回は任天堂から発売している Nintendo 2DSLLのレビューをいたします 購入してから半年ほどたちました。   なぜSwitchが人気爆発中のこのタイミングで2DSなんて購入したの? ...

-Gregory, リュック, 容量:30L~, 形状:ジッパー

Copyright© ゆるゆるリュッカー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.