Macpac リュック 容量:20L~29L 形状:ドローコード

マックパック ファナティッククラシックをレビュー!誰でもどこでもどれだけでも背負えるバックパック【リュックレビュー】

はじめに

さて、今回紹介するのは…

マックパック ファナティッククラシック

f:id:thebackpack:20191007191937p:plain

(出典:ゴールドウィン)

 

ファナティッククラシックは、使用場所を選ばない機能性の高いデザイン

ドローコード式のリュックで、マックパック独自のアズテックという素材が使われています。

 

さらにファナティッククラシックのリュックパーツは、どこにでもあるようなパーツで作られています

これはどういうことなのか?というと・・・

旅先でもしも壊れたとしても、どこにでも売っているパーツで代用できるようにするため!だそうです!!

これはワクワクするポイント!!

 

以前紹介したマックパックのゲッコクラシックよりも

ファナティッククラシックは小柄で使いやすい25リットルのリュック

▲こちらがゲッコクラシック

40Lの大容量のリュックです。

 

 

マックパックとは?

さて、ではまずは…

マックパックというブランドについての紹介です!

f:id:thebackpack:20191006103408p:plain

みなさん、マックパックは知っていますか?

実は、あのTHE NORTH FACEと姉妹ブランドのようなものなんです!

現在マックパックはTHE NORTH FACEと同じゴールドウィンが販売しています。

 

究極のシンプルデザインをモットーにバックパックをデザイン

マックパックはニュージーランドで1973年に生まれたブランドです。

 

ニュージーランドは火山や氷河など様々なアウトドアフィールドがあり、ハードな環境です。

そんな環境で考えられ作られたのがマックパックのバックパックです。

f:id:thebackpack:20191006103515p:plain

(出典:マックパック)

 

40年以上ハイクオリティを求め続け進化しているブランドで、日本では1996年から販売しています。

 

多くのアウトドアの人々と協力して

今もなお、厳しい環境の中で商品のテストを行い

最高のバックパックを創り上げています。

f:id:thebackpack:20191006103449p:plain

(出典:マックパック)

 

 

ファナティッククラシックのスペック紹介

ではファナティッククラシックのスペックから紹介させてもらいます!

操作性にこだわりながらも、可動部分を少なくすることでパック全体の堅牢性を高めた高強度バックパックです。素材には、耐久、耐水性を兼ね備えたエコアズテック(R)を使用。デュアルポールループ、ギアラック、アックスループなどテクニカルなシーンに必要とされる機能を装備し、高い機動力と機能性、耐久性が必要とされるマルチピッチクライミングやアイスクライミング向けに開発。その性能の高さから、かつてはニュージーランド警察の特殊部隊専用パックのベースモデルに採用。無駄を省いたシンプルデザインは、使用シーンを選びません。

表地: ECO AZTEC(R)Canvas
収納可能サイズ: 21-30L
留め具の種類: テープバックル
タテ52cmxヨコ32cmxマチ17cm
ポケットの数:4(外側2/内側2)
重量:1020g

(出典:Amazon)

注目してほしいポイントは・・・

・高強度なエコアズテックでできたバックパック

・詰め込めば30リットルの使い勝手の良い容量

・タウンユースにも登山にも!!

 

簡単にいうと、どんなところでも使い勝手の良いリュックだということです。

f:id:thebackpack:20191007192013p:plain

(出典:楽天市場)

 

 

ファナティッククラシックの開封の儀

ではファナティッククラシックの写真を見ながら一つ一つパーツを紹介させてもらいます。

 

①外観デザイン

まずは外観デザイン!

f:id:thebackpack:20190914144031j:image

▲前面部

ドローコードリュックの基本的な形

登山などのアウトドア向けのリュックデザイン

バンジーコードが目立ちます。

 

f:id:thebackpack:20190914144110j:image

▲側面部

わかりづらいですがサイドポケット付き

サイドコンプレッションベルトもついており、リュックのマチの調整可能

 

f:id:thebackpack:20190914144117j:image

▲背面部

分厚いショルダーハーネスとチェストストラップ、ウエストベルトと長時間重い荷物を持ち運ぶのにも対応してくれます!

 

f:id:thebackpack:20190914144124j:image

▲ショルダーハーネスは分厚く太い!

クッション性もあるので身体への負担を軽減してくれます。

 

f:id:thebackpack:20190914144103j:image

▲背面パネルには通気性が良くなるよう、メッシュ素材

 

f:id:thebackpack:20190914144106j:image

▲チェストストラップとウエストベルト

ちなみにウエストベルトは取り外し可能

 

②トップポケット

お次はトップポケット

 

f:id:thebackpack:20190914144042j:image

▲リュック上部の雨蓋についてるポケット

 

f:id:thebackpack:20190914144121j:image

▲漫画の単行本2冊が入ります!

財布やスマホなどの、よく出し入れするを詰め込みましょう!

 

f:id:thebackpack:20190914144046j:image

▲トップポケットの内部にはフックがついています。

鍵やピルケースなどを引っ掛けておきましょう!

 

③サイドポケット

ジッパー式のサイドポケットがついています。

 

f:id:thebackpack:20190914144051j:image

▲斜め切りのジッパー

 

f:id:thebackpack:20190914144037j:image

▲ペットボトル500mlがジャストサイズで入ります!

 

④メインポケット

そして、メインポケットです。

容量は最大30リットル

 

f:id:thebackpack:20190914144114j:image

▲ドローコードリュックですが、バックルもついています。

これで荷物が落ちないようにもなっています。

 

f:id:thebackpack:20190914144100j:image

▲ドローコードを緩めるとこうなります!

めっちゃ入りますよ

 

f:id:thebackpack:20190914144054j:image

▲ペットボトル2リットルを3本いれてもまだまだ余裕です!!

3泊4日ぐらいの旅行にも対応してくれます!

 

 

ファナティッククラシックのおすすめポイント

ではファナティッククラシックのおすすめしたいポイントも紹介します!!

 

①サイドポケットが万能

まず1つ目はこれ

サイドポケットがマジで万能

 

ファナティッククラシックのサイドポケットはジッパー式なのですが・・・

ペットボトルや折りたたみ傘など長細いものを入れるだけではありません。

 

斜めジッパーのおかげで長財布やスマホなども出し入れがしやすく、とても便利なのです!

万能なポケットなので非常に使い勝手が良い

f:id:thebackpack:20191007192042p:plain

(出典:ゴールドウィン)

 

②どこでも誰でも使いやすい

2つ目はこれ!

どこでも誰でも使いやすいデザインと機能性

 

ファナティッククラシックは、言い方を変えれば“無難なドローコード式リュック”

老若男女問わずに使うことができます。

 

機能性もそうです!ポケットの数や容量は本当にベーシックサイズ!!

アウトドア向けに作られたリュックですが、タウンユースや学校に使うのにも適しています。

f:id:thebackpack:20191007192100p:plain

(出典:楽天市場)

 

③堅牢

そして、3つ目はこれ!

堅牢さ!!

 

ファナティッククラシックはエコアズテックという素材で作られていて、耐久耐水性に優れています。

さらにはデニムと同様、良い意味で経年劣化する素材で味を楽しむことができます

 

公式ホームページにはファナティッククラシックは性能が高いことを認められ

ニュージーランド警察の特殊部隊のリュックとして使用されていたほど!

ここまでの信頼度があります!!

f:id:thebackpack:20191007192130p:plain

(出典:ゴールドウィン)

 

 

ファナティッククラシックの残念ポイント

ではファナティッククラシックの残念だなぁと思うポイントも紹介します。

もちろん僕の独断と偏見です。

 

なかなか高価

 

ファナティッククラシックは現在(2019年10月)どこの通販サイトをみても…

約2万円!

 

そこまで大きなリュックでもないのに、なかなか高価です。

やはりTHE NORTH FACEと同じゴールドウィンが作っているだけあります。

 

ですが勘違いしないでください!!

クオリティが低く、値段と釣り合わないと言っているわけではありません

一度手に触れてみたらわかりますが本当にクオリティが高く、丈夫で隅々までしっかりと作り込まれているのがわかります。

 

長期間あなたの相棒になってくれる頼もしいリュックになってくれるでしょう!!

f:id:thebackpack:20191007192147p:plain

(出典:ゴールドウィン)

 

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

マックパック ファナティッククラシック

 

デザイン的にはアウトドア向けっぽいリュックですが、無駄を省いたシンプルデザイン

誰でもどこでもどれだけでも背負えるバックパックなのです!

 

THE NORTH FACEと同じゴールドウィンの作ったリュックなのでブランド性もあります。

新生活を始める予定のあなたの相棒に!!

f:id:thebackpack:20191007192205p:plain

(出典:楽天市場)

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

みなさん、こんにちは。ザバックです。 以前の記事で このアーバンアサルトのことを書かせてもらいましたが、 買ってから一年ほど経ったので… 改めて詳しく記事にさせてもらいます。   [ミステリ ...

2

「あっ…今日もグレゴリーのデイパックで出かけるか…」 このセリフを今まで何度つかっただろうかwww (出典:フリークスストア)   グレゴリーの超定番リュック“デイパック”を 1年半使ったの ...

3

みなさん、こんにちは。 以前、一年前に似たような記事をあげさせてもらったのですが 今回は買ってから二年ぐらいが経ちましたので またレビュー記事をあげさせてもらいます。   SONY α7ii ...

4

さぁ! リュック背負って行こうぜ!   さて、今回紹介するのは僕が国内旅行するときにリュックに入れていくモノ一覧を記事にします。 国内旅行といっても日帰りではなく、三泊四日までの荷造りです。 ...

5

今回は任天堂から発売している Nintendo 2DSLLのレビューをいたします 購入してから半年ほどたちました。   なぜSwitchが人気爆発中のこのタイミングで2DSなんて購入したの? ...

-Macpac, リュック, 容量:20L~29L, 形状:ドローコード

Copyright© リュックマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.