CHROME リュック 容量:~19L 形状:ジッパー

【クローム】アーバンEX デイパックをレビュー!撥水性ばつぐんのスクエア型バックパック【リュックレビュー】

みなさん、こんにちは。ザバックです。

十万ブログで稼いでiPad ProとPencilかいます!!目標( ・∀・)

はじめに

さて、今回レビューさせてもらうのは…

クローム アーバンEXデイパック!!

長いですがこういうリュックの名前です(笑)

クロームのデイパックですね!

f:id:thebackpack:20190520184144p:plain

(出典:AMAZON)

長方形のスッキリとしたデザインが特徴で、クロームらしい自転車乗りのお供としてうってつけなリュックです!

カジュアルでもビジネスでも使える機能性です。

容量は20リットルと大きくはないのですが

雨風をしっかりとしのいでくれる生地で長年使えること間違いなし!

“Chrome”クロームとは?

ではまずはクロームについての紹介ですね!!

みなさん、クロームというブランドはご存知でしょうか?

f:id:thebackpack:20190520180733p:plain

(出典:CHROME)

僕はよくスポーツショップであの馬のロゴを見かけていました。バートンやニクソンのリュックの近くに置いてあるイメージです。

クロームといえばやはり“自転車”ではないでしょうか?ムラサキスポーツなどで自転車とセットになっている写真をよく見かけます。

f:id:thebackpack:20190520180902p:plain

ですがサイクリング専用リュックではありません。

それもそのはず、クロームは約20年前に強靭で丈夫なリュックを作ったのが始まりでシートベルトのバックルを再利用などをして自転車で通勤するタウンユース用のリュックを作ったんです!

1995年設立のまだ若いブランドですね!

f:id:thebackpack:20190520180821p:plain

(出典:CHROME)

クロームのリュックはファッションではなく、機動する道具という考えで商品を作り上げています。

「使う人の立場になり、目的に応じた機能を追及した商品を作り続ける」

これがクロームのモットーです。

自転車に乗っていない時でも使えるシンプルで機能性がたかいものを目標に、大切な荷物を守るための耐久性あるリュックを作り続けています。

f:id:thebackpack:20190520180835p:plain

(出典:CHROME)

アーバンEX デイパックのスペック

では次にアーバンEXデイパックのスペックを紹介します!

URBAN EX DAYPACK(アーバン EX デイパック)は、軽量化したナールドウェルデッド構造と、ビジネスシーンで人気のスクエアなシルエットを採用。
荷物の取り出し口は広い耐水性の高い止水ジッパーをつかったジッパートップ。
コンパートメントは、鍵、携帯電話、財布などへの容易なアクセスが可能。
バッグ内部には、様々なアイテムを衝撃から守りながら整理可能な収納ポケットを搭載。
また、ショルダーハーネスに改良を加えたことで、背負った時の快適性がアップし、調整が可能になったため、あらゆる身長と体格のサイクリストに対応。
まさに史上最も強靭なバッグが完成した。

原産国/地域: 中国
表地: ナイロン
収納可能サイズ: 11-20L
留め具の種類: ファスナー
タテ46cmxヨコ30cmxマチ15cm
ポケットの数:3(外側1/内側2)
重量:860g
PC収納可
ペンホルダー付き

(出典:Amazon)

f:id:thebackpack:20190520184215p:plain

(出典:楽天市場)

アーバンEX デイパックの開封の儀

ではアーバンEX デイパックの写真をみながら一つ一つのパーツを見ていきましょう!

①外観

まずは外観です!このリュックで一番特徴的なのはスッキリしたシルエットです!

f:id:thebackpack:20190519120714j:image

▲前面部。

本当に凹凸のないスッキリしたリュックです!

撥水性が素晴らしい生地です。

f:id:thebackpack:20190519120653j:image

▲側面部。

サイドポケットはありません。

f:id:thebackpack:20190519120646j:image

▲背面部。

背面部は少しごちゃついていますが

背負いやすくなっています!

f:id:thebackpack:20190519120656j:image

▲ショルダーハーネスはメッシュ生地。

背面部はクッション性がある生地です。

f:id:thebackpack:20190519120710j:image

▲ショルダーハーネスにロゴ!
f:id:thebackpack:20190519120640j:image

▲バックルにもロゴ!
f:id:thebackpack:20190519120643j:image

▲なんとここにもロゴ!!

クロームのリュックはロゴの印字が多いです。

f:id:thebackpack:20190519120633j:image

▲下の方にあるロゴ。

クロームのロゴって大人の男!っていうイメージがありますwww

②フロントポケット

では次にフロントポケットです!
f:id:thebackpack:20190519120630j:image

▲リュックの全面部にあるこのジッパーです!

止水ジッパーに加えて雨避けまでついています。

f:id:thebackpack:20190519120703j:image

▲大きさは漫画一冊がすっぽり入るぐらい!

よく出し入れするのを詰め込みましょう

③メインポケット

そして、メインポケットです。

容量が20リットルのリュックなので、そこまでいろいろなものを詰め込むのには適していませんが日常使いでは十分な容量です。

f:id:thebackpack:20190519120707j:image

▲ジッパーを全開にするとこんな感じです。

f:id:thebackpack:20190519120649j:image

▲ペットボトル2リットルが3本入ります。

f:id:thebackpack:20190519120717j:image

▲オーガナイザーポケット付きです。

ペンやスマホ、モバイルバッテリーなどを入れましょう。

ビジネスにも使いやすい機能性!

f:id:thebackpack:20190519120637j:image

▲PCスリーブも完備!

MacBook13インチでも少し余裕があるので

15インチまでのノートパソコンも入ります!

f:id:thebackpack:20190519120700j:image

▲そして内側にもう一つポケットがついています。

なんと、このポケットはフロントポケットと繋がっています。

アーバンEX デイパックのおすすめポイント

ではアーバンEX デイパックのおすすめしたいポイントを紹介していきます!!

①凹凸のないデザイン

まずはこれでしょう!

凹凸のないスッキリしたデザイン

今までいろいろなリュックをみてきましたが

本当にここまでスッキリしたデザインのリュックはみたことがありません!!

サイドポケットがなかったり、フロントポケットが厚くなかったりとデメリットもあります。

ですがビジネス面で使ってもまったく違和感もありません。

大人のリュック!って感じです。

f:id:thebackpack:20190520184310p:plain

(出典:楽天市場)

▲もちろん男女兼用!!

②止水ジッパーと撥水性のある生地

お次はこれです!!

止水ジッパーと撥水性のある生地!!

このスッキリしたデザインに加えて

止水ジッパーと撥水性のある生地でできています。

つまり多少の雨なら全然問題はない!ということ!!

自転車乗りにはうってつけです!

f:id:thebackpack:20190519120747j:image

▲防滴機能は完璧です。

ですが完全防水仕様ではないのでご注意を!

③自立してくれる

お次はこれです!

自立してくれる!!

このアーバンEXデイパックのボトム部、

つまり底部分がしっかりとした形になっているので自立してくれます。

自立するってリュックにとってはとても重要なポイントです。

リュックをポンっと置いても倒れないんです。

ポテッと倒れてしまうと中の荷物がごちゃごちゃになったり精密機器だと壊れたりする可能性があります。

自立バンザイ(笑)

④PCスリーブの底にクッション

そして、地味なポイントなんですけど

PCスリーブの底にクッションあり!!

PCスリーブがただの仕切りのリュックは、少し残念なんですよね。

ノートパソコンを入れたときに結局クッション性がないと心配になるんです。

ですがアーバンEXデイパックのPCスリーブはひと味違いますよ!!

きちんとPCスリーブに少し厚みがあり

さらには底部分にクッション性まであります!

ここまでノートパソコンを気づかってくれているリュックは本当にありがたい!

ノートパソコンやタブレットを常にリュックに詰め込んで出かける人にはありがた~いポイントです!!

アーバンEX デイパックの残念ポイント

では逆にアーバンEXデイパックの残念ポイントを書かせてもらいます。

いつもデメリット部分を伝えているのはきっちりとリュックのことを知ってもらいたいからです!!後悔してほしくないからです!!

ジッパーが開閉しづらい…

僕的かなアーバンEXデイパックの残念ポイントはここでした…

このリュックの生地は柔らかめ。

そしてジッパーは止水仕様なので少し硬めなのです。

つまり両手を使わないとジッパーの開閉がしにくいんです。

「え?そんなことかよ(笑)」って思った人もいるかもしれませんが、やっぱりジッパーってリュックの中で一番触るパーツなので大事なんですよ!!

アーバンEX デイパックはこんな人に背負ってほしい!

ではここまでメリットデメリット含めて

いろいろ紹介させてもらったアーバンEXデイパックですが

どんな人に背負ってほしいのか?っていうと…

タウンユース(スーツにも似合う)

自転車に乗る人

精密機器を持ち運ぶ人

…ですね!

まずはタウンユース!!このリュックは超スタイリッシュ!

かつスッキリしているデザインなのでタウンユース向きです!

次に自転車に乗る人!そもそもクロームはサイクリングとの相性がいいリュックが多いです!

そして精密機器を持ち運ぶ人!クッション性に特化したPCスリーブを体験してください!

f:id:thebackpack:20190520184358p:plain

(出典:楽天市場)

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

クローム アーバンEX デイパック

シンプルなリュックですが、他のリュックにはない生地とデザインです!

「他の人とリュックがかぶりたくない!」という人にもオススメします!

リュックは使い時を考え、いくつか持っておくことをオススメします。

カジュアル、ビジネス、アウトドア…

場面によってはさらに良き相棒になります!

f:id:thebackpack:20190520184417p:plain

(出典:楽天市場)

-CHROME, リュック, 容量:~19L, 形状:ジッパー

Copyright© ゆるゆるリュッカー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.