CHROME リュック 容量:20L~29L 形状:ロールトップ

【クローム】アーバンEX ロールトップをレビュー!サイクリングと相性の良いバックパック!!【リュックレビュー】

はじめに

さて、今回紹介させてもらうのは…

クローム(CHROME)

アーバンEX ロールトップ

 

以前に“アーバンEXデイパック”をレビューさせてもらいましたが

同じシリーズのロールトップ型リュック

f:id:thebackpack:20190521181943p:plain

(出典:クローム)

 

ロールトップ型とは、布をクルクル回してバックルを留めて閉めるリュックです!

ロールトップ型リュックの特徴といえば…

・旅人感あふれるデザイン

・容量を変更できる

・水滴侵入を防ぐ

この3点です!(もちろん僕の独断と偏見です)

 

クロームというブランドはサイクリングをする人のために色々と考え作られたリュックを多く発売しています。

サイクリングとロールトップリュックはとても相性がいいので、期待できるリュックです!

 

“CHROME”クロームとは?

ではまずはクロームについての紹介!

皆さん、クロームというブランドはご存知でしょうか?

f:id:thebackpack:20190520180733p:plain

(出典:CHROME)

 

僕はよくスポーツショップであの馬のロゴを見かけていました。バートンやニクソンのリュックの近くに置いてあるイメージ

 

クロームといえばやはり“自転車”ではないでしょうか?ムラサキスポーツなどで自転車とセットになっている写真をよく見かけます。

f:id:thebackpack:20190520180902p:plain

ですがサイクリング専用リュックではありません。

 

それもそのはず、クロームは約20年前に強靭で丈夫なリュックを作ったのが始まりでシートベルトのバックルを再利用などをして自転車で通勤するタウンユース用のリュックを作ったんです!

1995年設立のまだ若いブランドですね!

f:id:thebackpack:20190520180821p:plain

(出典:CHROME)

 

クロームのリュックはファッションではなく、機動する道具という考えで商品を作り上げています。

「使う人の立場になり、目的に応じた機能を追及した商品を作り続ける」

これがクロームのモットーです。

 

自転車に乗っていない時でも使えるシンプルで機能性がたかいものを目標に、大切な荷物を守るための耐久性あるリュックを作り続けています。

f:id:thebackpack:20190520180835p:plain

(出典:CHROME)

 

アーバンEX ロールトップのスペック紹介

ではまずはアーバンEX ロールトップのスペックから紹介していきます!!

軽量化したKnurled Welded構造と、スマートなシルエットを採用。水の侵入を許さないコンパートメントは、鍵、携帯電話、財布などへの容易なアクセスが可能。バッグ内部には、様々なアイテムを衝撃から守りながら整理可能な収納ポケットを搭載。また、ショルダーハーネスに改良を加えたことで、コンフォート性がアップし、さらに調整が可能になり、あらゆる身長と体格のサイクリストに対応。まさに史上最も強靭なバッグが完成した。

原産国/地域: 中国
表地: ナイロン
収納可能サイズ: A4サイズ収納可能
留め具の種類: テープバックル
タテ66cmxヨコ33cmxマチ15cm
ポケットの数:3(外側1/内側2)
重量:940g
持ち手の全長:16cm
PC収納可

(出典:Amazon)

注目してほしいのは公式HPに自信満々に書く“最も強靭なバッグ”というポイントです。

 

でもつかってみたらわかるんですが…

ほんとうに強靭な素材で作られているのは間違いありません!!

f:id:thebackpack:20190521182056p:plain

(出典:クローム)

 

 

アーバンEX ロールトップの開封の儀

ではアーバンEXロールトップの写真をみながら一つ一つのパーツを紹介していきますね!!

①外観

まずは外観です。

ロールトップ式のリュックですがスッキリしているデザインです。

f:id:thebackpack:20190520215453j:image

▲前面部。フロント部分にはポケットはなく、ロゴのみのシンプルデザインです!

全て撥水生地でできています!!

f:id:thebackpack:20190520215356j:image

▲側面部。中に荷物を入れていないので細く見えますが、なかなか入ります!

バックルのストラップはストライプ柄となっています。

f:id:thebackpack:20190520215418j:image

▲背面部。こちらもなかなかシンプルですが、ショルダーハーネスは背負いやすいようにしっかりと作り込まれています!!

f:id:thebackpack:20190520215411j:image

▲ショルダーハーネスはメッシュ生地で作られていて、蒸れにくくなっています。

背面パネルにはクッション性あり!

f:id:thebackpack:20190520215442j:image

▲ショルダーハーネスにクロームのロゴ!

f:id:thebackpack:20190520215422j:image

▲チェストストラップ付きです。

重い荷物を背負っているときに装着すると、楽になります!

f:id:thebackpack:20190520215405j:image

▲下部分にロゴ。

クロームのロゴってまじでかっこいいwww

 

②メインポケット

ではまずはメインポケットから!f:id:thebackpack:20190520215433j:image

▲ロールトップ式リュックはバックルを外して開きます!!

このバックルが取り外ししやすくて助かります。

f:id:thebackpack:20190520215408j:image

▲丸めなくても一度折るだけでしっかりと中の荷物を守ってくれます。

めんどくさがりさんはこうしましょう!!

f:id:thebackpack:20190520215429j:image

▲広げるとこんな感じです!

ここまで大きくなれば色々なものを詰め込めます!

f:id:thebackpack:20190520215437j:image

▲すいません。

非常に見にくくて申し訳ないのですが、中にはPCスリーブとオーガナイザーポケットがついています。

 

③トップポケット

トップポケットといっていいのかわかりませんがショルダーハーネスの少し上に小さなポケットがあります。

小物を入れるのにとても役立ちますよ!

f:id:thebackpack:20190520215446j:image

▲ショルダーハーネスの上についているジッパーです!

f:id:thebackpack:20190520215449j:image

止水ジッパーに加え雨避けもついてます。

f:id:thebackpack:20190520215426j:image

▲なかなか深いポケットです!

漫画一冊が入ります!!

スマホや財布などを入れることが可能!

 

 

アーバンEX ロールトップのおすすめポイント

ではアーバンEXロールトップのおすすめしたいポイントを紹介します!

①最強の撥水防水性能!!

まずはこれでしょう!!

最強の撥水防水性能!!

 

公式ホームページでもかいてあるのですが

ほんとうにこのリュックは撥水性と防水性がすごい!!

まぁさすがに池に落としたら、中の荷物はおじゃんですけど(笑)

 

雨の中、自転車に乗っても中の荷物をしっかりと守ってくれるという点では間違いなくリュック業界の中ではトップクラスです!!

クロームというブランドはそもそもタウンユースでの自転車乗りのために色々と考えられて作られているリュックばかりです。

学生さんにもおすすめしたいリュックですね!

f:id:thebackpack:20190521182115p:plain

(出典:クローム)

 

②PCスリーブのクッション性が良い!

お次はこれです

PCスリーブのクッション性が素晴らしい!!

 

これは他のクロームのリュックもそうなんですが

リュックに詰め込む精密機器のことをよく考えてくれています!!

 

PCスリーブなんですが、周りにクッション性が備わっているのはもちろんですが・・・

なんと底部分にもクッション性があります!

つまりPCケースに入れることなく、クッション性に包まれるということ!

 

でもまぁPCケースに入れたうえで、このリュックに入れたほうが安心ですけどね(笑)

 

③デザインがスッキリとして好き!

これは僕の趣味嗜好なんですがwww

デザインがスッキリしていて好きです!

 

ロールトップ式のリュックってごちゃごちゃしているものが多いんですけど

このアーバンEXロールトップは違います!

本当にスッキリしていてシンプルデザイン

 

無駄なデザインがないので長年愛用できますし、使える場面も選びません。

ビジネスだろうが、カジュアルだろうが大丈夫です!

スーツにも似合いますしね。

f:id:thebackpack:20190521182151p:plain

(出典:クローム)

 

アーバンEX ロールトップの残念ポイント

では逆に、アーバンEXロールトップで僕が微妙だなぁと思うポイントを紹介させてもらいます。

トップポケットがまじで使いづらい…

 

これですね…

スッキリしているデザインなのですが

このリュックのトップポケットはロール部分の背面側にあります。

なんでクルクル回す必要がある部分にポケットを作ってしまったのか…

トップポケットの中にいろいろ詰め込みすぎるとひどいことになるので

スマホ一つぐらいにしたほうがいいでしょう。

f:id:thebackpack:20190521182317p:plain

(出典:クローム)

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

クローム(CHROME)

アーバンEXロールトップ

 

サイクリングをする人や釣りをする人にオススメします。

なんといっても“強靭”というだけはある丈夫な素材で作られています。

 

完全防水仕様のリュックなので、水がかかる可能性がある場所に行くなら僕はこのリュックを使ってほしい!!

フェスに持っていくのもいいですね!!

学生時代に、自転車に乗ってる最中スコールにあって中の荷物がおじゃんになったのを思い出しました…

やはりリュックとは自分の生活に合わせるもの!

ぜひあなたのお供に!!アーバンEXロールトップをどうぞ!!

f:id:thebackpack:20190521182352p:plain

(出典:クローム)

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

みなさん、こんにちは。ザバックです。 以前の記事で このアーバンアサルトのことを書かせてもらいましたが、 買ってから一年ほど経ったので… 改めて詳しく記事にさせてもらいます。   [ミステリ ...

2

「あっ…今日もグレゴリーのデイパックで出かけるか…」 このセリフを今まで何度つかっただろうかwww (出典:フリークスストア)   グレゴリーの超定番リュック“デイパック”を 1年半使ったの ...

3

みなさん、こんにちは。 以前、一年前に似たような記事をあげさせてもらったのですが 今回は買ってから二年ぐらいが経ちましたので またレビュー記事をあげさせてもらいます。   SONY α7ii ...

4

さぁ! リュック背負って行こうぜ!   さて、今回紹介するのは僕が国内旅行するときにリュックに入れていくモノ一覧を記事にします。 国内旅行といっても日帰りではなく、三泊四日までの荷造りです。 ...

5

今回は任天堂から発売している Nintendo 2DSLLのレビューをいたします 購入してから半年ほどたちました。   なぜSwitchが人気爆発中のこのタイミングで2DSなんて購入したの? ...

-CHROME, リュック, 容量:20L~29L, 形状:ロールトップ

Copyright© リュックマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.