ゆるゆるリュッカー

リュックとカメラと旅が好きな大阪のアラサー。世界一周してぇ

カリマー デイパックRをレビュー!使いやすいドローコード式リュックだ!!【リュックレビュー】

 

 

 

 

はじめに

さて、今回紹介するのは…

カリマー デイパックR

f:id:thebackpack:20190829185815p:plain

(出典:AMAZON)
 

以前カリマーのデイパックをレビューさせてもらいましたが、全然違います。

デイパックRはドローコード式のリュックです。紐をキュッとするやつですね!

 

ドローコード式リュックの中でも、タウンユース…アウトドア…いろいろな所で使いやすいデザインと容量になっています。

カリマーって可愛いデザインが多いんですよね!

 

www.ryukku.site

▲こちらがカリマー デイパック。名前は似ていますが全然違います。

 

 

カリマーとは?

f:id:thebackpack:20181215130127j:image

カリマーはイギリス発祥のアウトドアブランドです。

 

カリマーの語源はCarry moreから来ているそうです。

「もっと運べる」という意味だそうです。

 

日本での知名度はそこまで高くはないのですが海外ですが中々の人気あるアウトドアブランドです。

五十年以上も続く立派なブランドです。

 

 

デイパックRのスペック紹介

さて、ではデイパックRのスペックから紹介します!

普段使いに便利なデイパック。ゆったりとしたメインコンパートメント内には、メッシュポケットを装備しているため、ワレットやコンパクトカメラなどの小物の取り出しに便利。また、フロント部分にもポケットを設けるなど、シンプルなルックスでありながら使いやすい機能を盛り込んでいます。

 

容量:22リットル
大きさ:46.5×27×20cm
重さ:520g

(出典:カリマー)

 

僕がこのリュックに触れて、一番感じたポイントは…“普段使いに便利”

説明文通り、シンプルながら機能性に優れており軽量。

カジュアルな服装で気軽に出かけるときにも役立つリュックです。

f:id:thebackpack:20190829190004p:plain

(出典:楽天市場)

▲カラーバリエーションも豊富です。


 

デイパックRの開封の儀

デイパックRの写真をみながら一つ一つパーツの説明をさせてもらいます!!

やはり百聞は一見にしかず!ですね!!

 

①外観デザイン

まずは外観デザインから!

f:id:thebackpack:20190822191949j:image

▲前面部

シンプルなドローコード式リュック


f:id:thebackpack:20190822191940j:image

▲側面部

自立可能。サイドポケットもついています。


f:id:thebackpack:20190822191921j:image

▲背面部

シンプルなショルダーハーネス

チェストストラップとウエストベルトがついています。重い荷物を入れるときに役立ちます。


f:id:thebackpack:20190822191907j:image

▲ショルダーハーネスと背面部には同じクッション性の高い素材を使っています。

 

②フロントポケット

お次はフロントポケットです。
f:id:thebackpack:20190822191935j:image

▲リュック前面部についている縦ジッパーのポケットです。


f:id:thebackpack:20190822191946j:image

▲見た目以上に大きいポケットで漫画を2冊入れることができます

(入れているのはワンピースです)

 

③背面ポケット

背面ポケットです。

隠しポケットのようでカッコいい


f:id:thebackpack:20190822191931j:image

▲背面パネルの裏側にあるポケット


f:id:thebackpack:20190822191904j:image

▲こちらも深いポケットで漫画を入れても余裕です!

しかし、あまり荷物を詰め込みすぎると背負いにくくなるので注意

 

④トップポケット

f:id:thebackpack:20190822191912j:image

▲リュック上部についているポケットです。


f:id:thebackpack:20190822191909j:image

▲こちらは一番使いやすいポケットなので財布やスマホを入れましょう!

内生地はビニール製ですから、雨が染み込む心配はありません!

 

⑤メインポケット

そして、メインポケットです


f:id:thebackpack:20190822191943j:image

▲雨蓋のバックルを取り外すと、ドローコードが出てきます。


f:id:thebackpack:20190822191917j:image

▲ドローコードのメリットは見た目以上に物を詰め込めるというポイント!


f:id:thebackpack:20190822191938j:image

▲ペットボトル2リットルを3本入れてもまだ余裕です!


f:id:thebackpack:20190822191929j:image

▲内部にメッシュポケットが1つあります。

貴重品を入れるのにはうってつけ


f:id:thebackpack:20190822191925j:image

▲メインポケットへは側面部の大きな縦ジッパーでアクセス可能!

ドローコードが面倒な人にはありがたい

 

 

デイパックRのおすすめポイント

じゃあ、僕的デイパックRのオススメしたいポイントを紹介します!!

 

①ポケットの数がちょうどいい

まず1つ目に感じたポイントはこれ!

ポケットの数がちょうどいい!!

 

22リットルのリュックで、このポケットの数は本当に使いやすい!

一つ一つのポケットが深くいろいろなものを詰め込めるので、困りません

 

サイドポケット、背面ポケット、フロントポケット、トップポケット、メインポケット…

ここまであれば十分です!

f:id:thebackpack:20190829190107p:plain

(出典:楽天市場)
 

②ジッパーが開閉しやすい!

2つ目はこれです!!

ジッパーが開閉しやすい!

 

ジッパーストラップがついているおかげもあり、とてもジッパーが開閉しやすい!

ジッパーはリュックの一番手に触れるパーツ!

このパーツに不満があるとリュックとしては辛いです!

 

③背面クッションと軽さで背負いやすい!

そして、3つ目!

背面クッションと軽さで背負いやすい

 

デイパックRの背面部は程よいクッションが使われています。

メッシュ生地ではないのですが厚めのクッションで肩への負担を減らしてくれます。

 

そして軽い!520gは本当に軽い!!

リュックにとって“軽さは正義”

軽ければ軽いほど良い!!

f:id:thebackpack:20190829190211p:plain

(出典:楽天市場)
 

デイパックRの残念なポイント

じゃあ逆にデイパックRの残念なポイントを紹介します!

 

ウエストベルトいらないと思います…

 

このデイパックRにはチェストストラップとウエストベルトがついています。

この2つが取り外し不可なのです(泣)

 

デイパックRの容量は22リットル。

22リットルのリュックであればウエストベルトを使うほどの重さにはなりにくいんです。

…それなのに取り外し不可は…

って思いました。

 

もちろんウエストベルトがあるに越したことはないと思いますが、使わないのにブラブラビラビラされても余計なパーツです。

 

いらないならハサミで切っちゃえばいいんですけどね(笑)

f:id:thebackpack:20190829190248p:plain

(出典:楽天市場)
 
 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

カリマー デイパックR

 

デイパックと比べるとデイパックRはシルエットとデザインも機能性も全然違います。

カリマーは可愛いデザインのものが多いので、女の人にもぜひ背負ってほしいリュック!

 

公園にも散歩にもタウンユースにも気軽に使えるリュックが、このデイパックRです。

f:id:thebackpack:20190829190307p:plain

(出典:楽天市場)