THE NORTH FACE リュック 容量:30L~ 形状:ジッパー

ノースフェイス ホットショットSEをレビュー!これがもう1つのホットショットだ!!【リュックレビュー】

はじめに

さてさて!今回紹介するのは…

ノースフェイス ホットショットSE

f:id:thebackpack:20191007201513p:plain

(出典:AMAZON)

少し前にホットショットはレビューしたのですが・・・

それはホットショット“クラシック”

略すとホットショットCLですね!

ホットショット!!ザ・ノース・フェイスの超定番!リュックがほしいオシャレな人は一応買っとけwww(リュックレビュー)

▲こちらの記事です。

今回紹介するのは

ホットショットスペシャルエディション

通称ホットショットSEです

ホットショットSEは、2010年に作られたホットショットを改めて作り直した復刻版のようなものです。2019年秋に発売されました。

ホットショットseとホットショットclは似てるようで少しデザインと容量が違います。

僕はこのショットシリーズが大好きなので、見逃すわけにはいきませんでした(笑)

THE NORTH FACEとは?

まずはTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)というブランドについて説明します!

f:id:thebackpack:20190329184145p:plain

みなさん、ノースフェイスはご存知ですか?

まぁ知ってる人は多いでしょうね!

今や大人気アウトドアブランドですもん!

スポーツウェアや登山用品、タウンユース用のリュックやウェアまで様々なものを取り扱っています。

f:id:thebackpack:20190329184210p:plain

(出典:ノースフェイス公式HP)

特に街なかを歩いていると…

THE NORTH FACE

とデカデカと書かれた四角のリュックをみかけたことはないでしょうか?

f:id:thebackpack:20190329184442p:plain

(出典:AMAZON)
▲これですwこの背中を見たことはありませんか??ww

このヒューズボックスというリュックが超絶に人気なんですwww

毎日どっかで見かけると言っても過言ではないですよねwww

ノースフェイスのリュックはとてもオシャレでかっこよく、ファッションに合わせやすいという特徴もあります。

f:id:thebackpack:20190329184554p:plain

(出典:ノースフェイス公式HP)

ノースフェイスは1968年アメリカのサンフランシスコで誕生し

ロゴマークはアルプスの山の形をモチーフにしているそうです。

ノースフェイスの創設者の奥さんは…

あの有名なアウトドアブランド“パタゴニア”の創設者だそうです…まじか。

まぁそんなことよりも皆さんが知りたいのはノースフェイスのリュックやウェアの特徴ですよね!

ノースフェイスのリュックの特徴は…

①スタイリッシュなデザイン

②そこまで高価ではない!

③背負い心地がやべぇwww

という点でしょう!!

特に背負い心地はまじでやばい!!

本当にやばい!!!

以前にホットショットとビッグショットというリュックのレビュー記事をかかせてもらいましたが、僕が今まで背負ってきたリュックの中でも3本の指に入る背負い心地の良さです!

本当にやばい!!すごすぎるwww

…とまぁそんなノースフェイスのリュックの記事です(笑)

よろしくお願いします!!

f:id:thebackpack:20190329184700p:plain

(出典:ノースフェイス公式HP)

ホットショットSEのスペック紹介

ではまずはホットショットSEのスペックを紹介しましょう!!

定番の人気商品としてクラシカルなデザインを継承し、素材強度と機能面を充実した、アウトドアでも日常でも使いやすい多機能なバックパックです。背骨のラインに合わせてクリアランスを持つスパインチャンネル構造で背骨への負担を軽減しつつ、エアメッシュと立体構造により高い通気性を確保。15インチまでのラップトップPCとタブレットスリーブを内蔵。1日分の荷物がしっかり入る30Lの容量です。

表地: 400Dナイロン
収納可能サイズ: 21-30L
留め具の種類: ファスナー
タテ51cmxヨコ33cmxマチ20cm
ポケットの数:10(外側3/内側7)
重量:1010g
カードポケットの数:2
ペンホルダー付き

(出典:Amazon)

基本的にはホットショットCLとほぼ同じです。

ノースフェイスの定番リュックのスペックなので、機能性もよくデザインも使いやすい!

“スペシャルエディション”と言っても、そこまで特別なスペックではなく復刻版と考えてもらったほうがいいでしょう!

f:id:thebackpack:20191007201542p:plain

(出典:ゴールドウィン)

ホットショットSEの開封の儀

さて、ではホットショットSEの開封の儀を行います。写真を見ながら紹介したほうがいいでしょうしね!!

①外観デザイン

まずは外観デザインから!

ノースフェイスのリュックはデザインが良くオシャレです!

f:id:thebackpack:20190918222322j:image

▲前面部

ホットショットCLと比べるとシンプル

下の方に大きめのリフレクター

f:id:thebackpack:20190918222337j:image

▲側面部

サイドポケットとサイドコンプレッションベルト付

残念ながら自立不可

f:id:thebackpack:20190918222343j:image

▲背面部

背面部だけ見ると、ホットショットCLとそっくりです!

チェストストラップとウエストベルト付

f:id:thebackpack:20190918222311j:image

▲ショルダーハーネスはメッシュ素材で作られていて、蒸れにくくなっています。

②フロントポケット

次は超便利フロントポケットです。

フロントポケットはホットショットCLと全く同じです。
f:id:thebackpack:20190918222259j:image

▲ジッパーを全開にするとこんな感じです。

大きく開くので大きな荷物を詰め込みやすい!

f:id:thebackpack:20190918222333j:image

▲中はオーガナイザーポケット!

ペンやスマホ、上部には10インチのタブレットさえも入る万能ポケット!

f:id:thebackpack:20190918222303j:image

▲ジッパーポケット内には、フックがついています。

僕はピルケースに風邪薬を入れて引っ掛けています!

f:id:thebackpack:20190918222340j:image

▲フロントポケット自体はとても大きい!

13インチのMacBookを入れようと思えば入ります!

③メインポケット

そして、メインポケットです。

f:id:thebackpack:20190918222314j:image

▲ジッパーを全開にするとこんな感じです。

リュックの半分の高さまでジッパーが下がります!

f:id:thebackpack:20190918222306j:image

▲ペットボトル2リットルを3本入れると、こんな感じです!まだまだ余裕ですね!

f:id:thebackpack:20190918222329j:image

▲内部にはスリーブ性のPCポケットがあります!

f:id:thebackpack:20190918222318j:image

▲まるでメガネ拭きのような素材でクッション性バツグンなので、精密機器をいれても問題ありません!!

ホットショットSEとCLの違い

何度も何度も“ホットショットCL”やら“ホットショットSE”やら書かせてもらいましたが

2つのホットショットの違いを紹介します!

f:id:thebackpack:20191007202115p:plain

▲これがホットショットCLです!
デザインもちょっとだけ違います!!

※わかりやすいようにCLは青色SEは赤色にします。

①メジャーなのはホットショットCL

まず1つ目はこれ

メジャーなのはホットショットCL

多分、街なかを歩いていてホットショットを見かけたら

それはホットショットCLです。

ホットショットCLは本当に人気で、めっちゃ見かけます!!

ノースフェイスの3本の指に入るぐらい人気リュックです。

ホットショットSEは復刻版ですが、2019年秋に発売した新作!

②容量が多いのはホットショットSE

2つ目はこれ!

容量が多いのはホットショットSE

この記事で紹介しているホットショットSEの方が容量が多いです。

ホットショットSEは“30リットル”

ホットショットCLは“26リットル”

小さな違いですが、確かにSEのほうが詰め込めます!!

大は小を兼ねると思うのならホットショットSEですね

③スリーブが多いのはホットショットCL

3つ目はこれ!

PCスリーブが多いのはホットショットCL

ホットショットCLのPCスリーブは2つポケットがあります。

ホットショットSEは1つしかありません。

2つポケットがあると、タブレットとノートパソコンを分けて詰め込めます。

ホットショットSEは1つしかありませんが、厚いスリーブ性なのでこちらのほうが安心して精密機器を入れられます!

④カラーが多いのはホットショットCL

4つ目はこれ!

カラーバリエーションが多いのはホットショットCL

ホットショットCLのほうが、カラーバリエーション豊富です。

ホットショットCLはスポーツショップやファッションショップなど、どこでも売っている人気商品です。

ホットショットSEは残念ながら、ブラック、イエロー、レッドの3色しかありません。

ホットショットSE生地が柔らかい

これは細かなポイントですが…

ホットショットSEの方が生地が柔らかい!

CLよりもSEの方が柔らかい素材で作られていてます。

個人的意見ですが柔らかい素材なのでいっぱいモノを詰め込めます!

しかし勘違いしないでほしいのですが

柔らかい素材もろいしょぼいです。

しっかりと作り上げられているので、もちろん丈夫ですよ!!

ホットショットSEのおすすめポイント

では僕的ホットショットSEのおすすめしたいポイントを紹介します!!

①やっぱ背負心地は神ぃ!

まず1つ目はこれ!

やっぱり背負心地が神的!!

ホットショットSEに限らずCLもそうなんですが、まじで背負心地が良すぎます!!

背面パネルやメッシュ素材、クッション性も含めて本当に素晴らしい!

僕の身体には最高にフィットしており、長時間重い荷物を詰め込んでも全然疲れません!!

何より肩が痛くならないんですよね!!

f:id:thebackpack:20190918222422j:image

▲この背面パネルがホントすごい!!

一度背負ってみてほしい!!

②サイドコンプレッションベルトが便利

2つ目はこれ!

サイドコンプレッションベルトが便利!

このホットショットSEにはサイドコンプレッションベルトがついています。

側面部についているベルトですね!

f:id:thebackpack:20191005101835j:image

▲サイドについてる黒いベルト!

このサイドコンプレッションベルトの役割は荷物の容量に合わせて、リュックの厚さを変えるというものなんですが…

f:id:thebackpack:20190918222449j:image

▲このようにリュックのジッパーが大きく開かないようにしてくれます。

モノの出し入れ時やパッキング時にはバックルを外して大きく開いてやりましょう!

③ジッパー最高

3つ目はこれ!

ジッパーが最高!

リュックにとってジッパーは命です。

ジッパーが壊れたら、そのリュックは終わりだと言っても過言ではありません!

ホットショットSEのジッパーは、YKKのジッパーで丈夫にできています。

さらには、開閉しやすくスルスルッと動いてくれます!

f:id:thebackpack:20190918222518j:image

▲この黒ジッパーがマジで最高!

④思ったより入る

4つ目はこれ

思ったより詰め込める

このリュックとは違うホットショットCLは容量にも関わらず、多くの人が「思ったより入らない」という不満レビューを残しています。

ですがホットショットSEは容量30リットルに加え、キチンとモノを詰め込めます!!

ちなみに30リットルは三泊四日ぐらいの旅行にも対応していますよ。

f:id:thebackpack:20191007201623p:plain

(出典:楽天市場)

⑤スリーブ生地が良い!

最後にこれ!

スリーブ生地が良い!!

ホットショットSEのPCスリーブは本当にクッション性に優れていて、素晴らしい

精密機器を詰め込んでも、キズをつけずにしっかりと守ってくれること間違いなし!

f:id:thebackpack:20190918222326j:image

▲見てください!このフカフカの生地!!

ホットショットSEの駄目なとこ

では逆にホットショットSEの残念だなぁと思うところを紹介します!

①自立しない

まず1つ目はこれ!

自立しない

ホットショットCLも自立しませんが、SEも自立しません(泣)

スペシャルエディションなら自立ぐらいしてくれぇ!!!

自立しないリュックにはデメリットがあります

精密機器に衝撃が加わるかも

液状のものが溢れるかも

リュック自体が汚れる

メリットはなく、デメリットばかりです。

そんな自立しないリュックには僕はクリッパをおすすめします!

f:id:thebackpack:20191006172422p:plain

(出典:AMAZON)

クリッパはリュックハンガーなんですが、おしゃれでドヤ顔で机や壁にひっかけることができます。

他のブロガーさんも絶賛している人気商品なので、是非オススメです!

www.ryukku.site

▲こちらがクリッパの記事です。

②ウエストベルト収納不可

2つ目はこれ

ウエストベルト収納不可

これは本当に意味がわからない…

ホットショットCLは収納可能…

ですがホットショットSEは収納不可…

タウンユースにも使えるリュックであれば、ウエストベルトは収納できるようにしてほしかったです…

f:id:thebackpack:20190918222636j:image

▲ちなみにバックルはノースフェイスのロゴ入り!

重い荷物を背負うときには大活躍するベルトです

f:id:thebackpack:20191007201702p:plain

(出典:ゴールドウィン)

ホットショットSEを背負うべき人

さて、ではホットショットSEはどんな人が背負うべきなのか?

僕が考えた結果…

人と違う人気リュックを背負いたい!

ノースフェイスが好きな人!!

普段遣い、旅行、アウトドアにも使いたい人!!!

…ですね。

特に人と違うリュックで、かつ安定の間違いないリュックが欲しい人は絶対にホットショットSEを買うべきです!!

ホットショットCLは大人気商品で街を歩いていると、めっちゃ見かけるんですが

ホットショットSEは全然見かけない!

しかも人気商品のホットショットの、別バージョンなので背負いやすさや機能性も保証されているようなものです!!

f:id:thebackpack:20191007201728p:plain

(出典:楽天市場)

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

ノースフェイス ホットショットSE

よく見かけるホットショットCLとは一味違ったリュックです!

僕は人と同じリュックを背負うのがあまり好きではないので、超気に入っています!!

ノースフェイスのショットシリーズは、めちゃくちゃ背負心地がよくて

どこに連れ出しても信頼でき、安心できるリュックです!!

ぜひ、一味違ったホットショットをどうぞ!!

f:id:thebackpack:20191007201916p:plain

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

【2019/5 更新済】 みなさん、こんにちは。ザバックです。 以前の記事で このアーバンアサルトのことを書かせてもらいましたが、 買ってから一年ほど経ったので… 改めて詳しく記事にさせてもらいます。 ...

2

「あっ…今日もグレゴリーのデイパックで出かけるか…」 このセリフを今まで何度つかっただろうかwww (出典:フリークスストア) グレゴリーの超定番リュック“デイパック”を 1年半使ったので改めて長期レ ...

3

みなさん、こんにちは。 以前、一年前に似たような記事をあげさせてもらったのですが 今回は買ってから二年ぐらいが経ちましたので またレビュー記事をあげさせてもらいます。 一年って早いものですねw SON ...

4

さぁ! リュック背負って行こうぜ! さて、今回紹介するのは僕が国内旅行するときにリュックに入れていくモノ一覧を記事にします。 国内旅行といっても日帰りではなく、三泊四日までの荷造りです。 “in my ...

5

みなさん、こんにちは。 今回は任天堂から発売している Nintendo 2DSLLのレビューをいたします。 購入してから半年ほどたちました。 なぜSwitchが人気爆発中のこのタイミングで2DSなんて ...

-THE NORTH FACE, リュック, 容量:30L~, 形状:ジッパー

Copyright© ゆるゆるリュッカー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.