MAMMUT リュック 容量:20L~29L 形状:ロールトップ

【MAMMUT】クーリエ 20L!自転車に似合うカッコいいロールトップリュックが欲しい人におすすめ!【リュックレビュー】

はじめに

今回紹介するのは・・・

MAMMUT(マムート)

クーリエ 20

 

このリュックは数年前から気になっていました。

ロールトップ式のリュックで、デザインがスタイリッシュでかっこいいんですよね!

スポーツゼビオに足を運んだときによく眺めていました。

f:id:thebackpack:20190206180501p:plain

(出典:AMAZON)

 

ブランドはマムートです。

マムートのリュックであればとても丈夫で長年使えます!

 

クーリエシリーズは3種類ありまして、20.25.30と容量が違います。

今回紹介するのは一番小さい20リットルのリュックです。

 

▲クーリエ25

 

▲クーリエ30

 

 

MAMMUT(マムート)とは?

みなさん、MAMMUT(マムート)はご存知でしょうか?

 

好日山荘やスポーツゼビオなどに行けば、よく見かけるブランドだと思います。

特に僕が大好きなのはロゴですね。

f:id:thebackpack:20190204173818p:plain

▲コレ!このマンモスのロゴ!!

 

このマンモスのロゴ!とてもかっこよくないですか?www

シンプルかつ丈夫さ頑丈さを現してくれているようです!

 

そもそもマムートは、リュックブランドではなく一番最初はロープを作る会社で150年も続く立派なアウトドアブランドです。

 

マムートはスイスの登山用品製品ブランドで

ドイツ語で「MAMMUT」は「マンモス」という意味で、ロゴ通りですね!

f:id:thebackpack:20190204174011p:plain

(出典:MAMMUT)

登山への深い知識や経験がものづくりに活かされ

軽量や高い耐久性!もちろん機能性アウトドアブランドの中では特にトップクオリティを叩き出しています!

 

しかし登山用品だけはなくデイリーユースとしてのリュックやウェアなども手掛けています。

どの製品も高クオリティ!

 

シンプルながらも考え抜かれたデザインと、様々なカラーバリエーションも日常使いにはもってこい!!

 

今回、紹介するのはマムートのリュックですが

「中の荷物をしっかり守る」というリュックの基本的なポイントはしっかりと守ってくれそうですね!!

丈夫さにおいてはトップクラス!一生モノのリュックになります!!

 

マムートの製品は、「Absolute alpine.」をモットーに開発されています。

そのため、最高のテクノロジーを用いた高い機能性があるのが特徴で、値段は高めですが絶大な信頼を得ています。

 

f:id:thebackpack:20190204173935p:plain

(出典:MAMMUT)

 

 

クーリエ20のスペック紹介

ではクーリエ20のスペックから紹介していきます!!

形はロールトップ式

変わった形をしており、ボトム部に行けば行くほど狭くなっていきます。

・ソフトなパッドを装着し、人工工学を考慮したシェイプのショルダーストラップが快適な背負い心地を実現
・ロールトップクロージャーシステム
・本体と一体化したバックパネルの装着により、最高の安定性を実現
・荷重をコントロールできるストラップ
・広々としたメインの“クライミング"コンパートメントは、仕事の後に行くクライミングジムで必要な装備を収納します
・耐水性の高いパッドで囲まれた“ワーク"コンパートメントは、外から直接アクセスすることができ、ラップトップPC、タブレット、書類などの収納に適しています
・パッド入りのフリースでラミネートされたラップトップPC用“ワーク"コンパートメントは、37cm×26cmの大きさがあり、およそ15-16.5インチのPCまで収容可能です
・フロントポケット内部には、キーチェーンとジッパー付きポケットを装備
・メインコンパートメント内部にジッパー付きメッシュポケットを装備

(出典:AMAZON)

●サイズ:30×13×高さ49cm
●容量:20L
●重量:810g
●素材:400D Nylon Ripstop

 

 

クーリエ20の開封の儀

では毎度恒例、開封の儀です。

前々から、気になってたんでワクワクしましたwww

①外観

f:id:thebackpack:20190203125013j:image

▲ロールトップ式リュック。変わったシルエットをしています。他の人とは違うリュックが欲しい人にはうってつけかも!!

 

f:id:thebackpack:20190203125034j:image

▲側面部。20リットルなのでそこまで分厚くはありません。女性の体格にはちょうど良さそうですね。

 

f:id:thebackpack:20190203125025j:image

▲背面部。シンプルなショルダーハーネス。背面パットやハンドル(持ち手)もついており使い勝手は思った以上に良さそうですね!

 

f:id:thebackpack:20190203125002j:image

▲ショルダーハーネス、背面パットともにメッシュ素材でできています。通気性に期待できますね!

 

②フロントポケット

f:id:thebackpack:20190203124941j:image

▲マジックテープ式ですが、下にジッパーがあります。

見にくいかもしれませんが、ポケットが2つあるんです。

上蓋のおかげで雨などの水を防いでくれそうですね。

 

f:id:thebackpack:20190203125005j:image

▲紐付きのフックがあります。カギやパスケースなどの貴重品を引っ掛けましょう。

 

f:id:thebackpack:20190203125016j:image

▲ジッパーポケットの手前にもう一つポケットがあります。10インチのタブレットがギリギリ入らないぐらいですね。

 

f:id:thebackpack:20190203125029j:image

▲ジッパーポケット。スマホやモバイルバッテリーを入れましょう。内側の生地はオレンジ色になっています。

 

③メインポケット

そしてお待ちかね!

ロールトップ式リュックのメインポケットです。
f:id:thebackpack:20190203125009j:image

▲上部のロールを伸ばすとかなりの容量になります。ハンドルもついております。

 

f:id:thebackpack:20190203124950j:image

▲20リットルなので、ペットボトル2リットルが2本と500mlを1本でちょうどでした。

ですが高さがあるリュックなのでまだまだ入りそうです。

 

f:id:thebackpack:20190203125020j:image

▲中にはメッシュポケットがついています。

物の小分けに便利ですね!

 

f:id:thebackpack:20190203124954j:image

▲締める時は横のストラップを引っ張りましょう

 

④背面ポケット

f:id:thebackpack:20190203124945j:image

▲背面パネルのおかげで精密機器を入れやすく、守ってくれます。

 

f:id:thebackpack:20190203124958j:image

▲13インチのMacBookを入れるとこんな感じです。

クッション性もなかなかのものです。

 

 

クーリエ20のおすすめポイント

ではクーリエ20のおすすめポイントの紹介です。

①しっかりした生地なのに柔らかく軽い!

まずはこれ!

クーリエ20の生地はとても丈夫!

さらに柔らかく軽い!

 

アクティブユーザーにはもってこいの生地だと思います。

汚れてもタオルでひと拭きさえすれば簡単に汚れを落とすことができるので、ぜひアウトドア好きな人にはおすすめですね!

f:id:thebackpack:20190206180853p:plain

(出典:AMAZON)

 

②防犯性ばっちり!!

次にこれ!ロールトップ式リュックの最大の特徴でありメリットなのですが…

防犯性がバッチリ!!

 

このリュックのメインポケットには良くも悪くもアクセス数が上部にしかありません。

ロールトップ式のリュックはいちいち開けるのが面倒というデメリットがあるのですが

防犯性に優れていたり、中の荷物に雨が染み込んだりは絶対にしないのでメリットもたくさんあるのです。

リュックを締めた時に…

f:id:thebackpack:20190206064827p:image

▲こことここをワイヤーやカラビナで留めるとさらに防犯性がアップします!

海外旅行に行くときなどに役立つかもしれませんよ?

 

③雨がふっても大丈夫

そしてそして!

雨がふっても大丈夫

 

撥水加工している生地にロールトップ式リュック!

中の荷物が濡れる心配はありません!

昔、通学時自転車に乗っててスコールに遭いました。

中の荷物、特にノートなどのペーパー類が全滅して大事にしていたものが使い物にならなくなったときは本当にがっかりしました(泣)

そういったことがこのリュックではなさそうですね!

 

 

クーリエ 20Lの残念ポイント

さて、ではクーリエ20の微妙だなぁと思ったポイントの紹介です。

まず1つ目は…

ポケットの大きさが本当に微妙(泣)

 

フロントポケットも10インチのタブレットが入らなかったり、背面ポケットのタブレットポケットにも10インチのタブレットは入りませんでした。

まぁ…10インチのタブレットさえ使わなければ問題はないのですがねwww

でもまぁもう少しだけ大きめのポケットにしてほしかったです。

 

そして2つ目は…

もちろん、自立しません(泣)

まぁこんな形をしてるので本当に自立しません。底にいけばいくほど狭くなっていくのでwww

なのでセオン クーリエシリーズにはこのアイテムがオススメ!!

クリッパ

 

クリッパとはリュックハンガーのことです。

狭い居酒屋やフックのないトイレでリュックの置き場に困ったことはありませんか?

リュックの中に1つ入れておくだけで素晴らしい働きをしてくれますよ!!

 

▲くわしくはこちらをどうぞ!!

 

クーリエ 20Lはこんな人に背負ってほしい

では、このクーリエ20はどんな人に背負ってほしいか?というと…

自転車とかバイクによく乗る人!

もしくはアウトドアが好きな人!

 

上の方で書きましたが、撥水加工生地とロールトップおかげで雨に降られても大丈夫です!

 

20リットル以外に25リットルと30リットルのクーリエがあります。

ぜひそちらもご検討ください。

狭い居酒屋や店内で床に置くのが嫌だという人はクリッパをお使いください!役に立ちますよ!

 

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

MAMMUT  クーリエ20

 

マムートのリュックの中では一番好きなリュックです!デザインや機能性含めて!!

 

強いて言えば、メインポケットの口にジッパーをつけてほしかったなぁとも思いますけど

まぁ概ね満足しています!!

マムートのハイクオリティに納得して感動していますwww

 

容量に不満がある人は25リットルと30リットルのクーリエをどうぞ!!

▲クーリエ25

 

▲クーリエ30

 

 

マムートの他のリュックの記事

他にも色々レビューさせてもらっています。

よければご覧になってください!ぜひあなたの相棒探しに!!

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

広告

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

【2020/2更新】   やっぱアーバンアサルトが最強だわww (出典:AMAZON)     ▲アーバンアサルトと喜びの舞!   あっ、すいません。思ってたこ ...

2

目次1 はじめに2 グレゴリー3 ミステリーランチ4 THE NORTH FACE5 チャムス6 アークテリクス7 バートン8 コールマン9 カリマー10 ミレー11 ニクソン12 パタゴニア13 ス ...

3

目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 デイアンドハーフのスペック紹介4 デイアンドハーフを改めて開封の儀4.1 ①外観デザイン4.2 ②メインポケット5 デイアンドハーフのおすすめポイント5.1 ① ...

4

【2020/3更新】   今回、紹介するのは・・・ リュックにつけるキーホルダー   大した内容ではないのですが書きたいと思ったので書きましたwww さて、みなさんはリュックやバッ ...

5

【2020/3更新】 目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 テールメイトSとXSのスペック比較4 テールメイトSとXSを比較しながら開封の儀4.1 ①外観4.2 ②メインポケット4.3 ③フロントポ ...

-MAMMUT, リュック, 容量:20L~29L, 形状:ロールトップ

Copyright© リュックマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.