THULE リュック 容量:30L~ 形状:ジッパー

スーリー サブテラ トラベルバックパック34lをレビュー!短期海外旅行ならこいつが相棒だ!!【リュックレビュー】

【2020/3更新】

はじめに

さて、今回紹介するのは…

スーリー サブテラ トラベルバックパック

f:id:thebackpack:20190830203252p:plain

(出典:AMAZON)

 

その名前通り、スーリーの旅行用のリュック

容量は34リットルとタウンユースでもぎりぎり使える大きさ

形状はロールトップ式で、荷物の量により形を変えることができる。

 

そんじょそこらにあるロールトップとはやはりクオリティが違うのが、このスーリーのサブテラシリーズだ

荷物がいつも多い人や丈夫なリュックを使いたい人にぜひとも使ってほしいリュックで、ぜひとも参考にしてほしい!

(出典:THULE)

 

 

スーリーとは?

スーリーというブランドを皆さんはご存知でしょうか?

f:id:thebackpack:20190121211809p:plain

 

スーリーは1942年創業のスウェーデンの会社で世界最大のカーキャリアメーカー

世界をより身近に、生への情熱をより確かに実感するためのビジネスがモットー

 

bring your life(暮らしを運ぼう)をキーワードにアウトドアでアクティブな人たちのために貢献しているブランド

普通のバックパックだけでなく、サイクリング用やカメラバッグ、スポーツ用品などを手掛けており、

革新的なスタイルと品質を守りつつ、軽量かつ耐久性に優れたデザインのアイテムを展開しています。

 

僕が初めて見かけたスーリーのリュックは世界一周をして世界中の人々の笑顔をチェキでプレゼントするカメラマン

近藤さんのカメラバッグでした。とてもボロボロでロマンに溢れています。

www.instagram.com

▲このインスタの写真です!まさに相棒ですね!

世界一周に耐えてくれる丈夫なリュックという証明にもなります!

 

公式HPの旅行用バックパックのページにはこう書いてあります。

抜群の行動力を、最終目的地まで

使いやすさの工夫と快適な背負い心地で、1週間の活動にも対応できる、Thuleの丈夫なバックパック。店頭での調整はもちろん、使用中にも体型と収納物に合わせてさまざまな部分を調節できます。これさえあれば、あとはアウトドアを満喫するだけ。

Thuleの旅行用バックパックなら…

  • 男性用は、首や腰回りなど男性の体型に合ったデザインで抜群のフィット感
  • 女性用は、首、胴体、曲線的な腰回りなど女性の体型にぴったりフィット
  • 背面長や肩回りの個人差にしっかり対応できるカスタマイズ機能
  • 人体の構造を考えたスマートなデザインと通気性で、快適さ・使いやすさを長距離旅行の最後までキープ

(出典:スーリー公式HP)

▲すんげ~ワクワクするような文章ですねw

 

 

サブテラ トラベルバックパック34のスペック紹介

ではまずはサブテラ トラベルバックパックのスペッから紹介しよう

旅行用と普段使い、2つの使い方ができるバックパック。
旅行に便利なパッキングキューブは、普段は取り外しておくことができます。

大きさ:23 x 31 x 52 cm
PC収納スペース:39 x 3.2 x 28 cm
重量:1.25 kg
容量:34 L
カラー:Dark Shadow
材質:800Dナイロン

(出典:スーリー)

注目してほしいポイントは…

・800デニールナイロンっていう超丈夫な生地

・34リットルという大容量

・オマケのパッキングケース

スーリーらしい材質、34リットルでありながら1.25kgという軽さ

 

このサブテラ トラベルバックパックには“パッキングケース”が付属している。

本当にリュック名どおり、旅行のために考えられたバックパックだ

(出典:楽天市場)

 

サブテラ トラベルバックパック34の開封の儀

では文字だけで説明するのも伝わりにくい

サブテラトラベルバックパックの写真を見ながら一つ一つパーツの説明をしよう。

 

①外観デザイン

ファッションアイテムの一部にもなるリュックだからデザインも大切

f:id:thebackpack:20190822201700j:image

▲前面部

スーリーらしいデザインであまり凹凸がない

こういったデザインは電車の中や狭い店内など狭い場所で非常に助かる

 

f:id:thebackpack:20190822201734j:image

▲側面部

自立可能。そしてジッパー式のサイドポケット付き

 

f:id:thebackpack:20190822201648j:image

▲背面部

背面側もシンプルで、34リットルもの荷物に耐えるためチェストストラップがついている。

 

f:id:thebackpack:20190822201656j:image

▲ショルダーハーネスはメッシュ素材。背面パネルは分厚いクッション素材で作られている。

身体への負担を減らす配慮

 

f:id:thebackpack:20190822201716j:image

▲キャリーケースのハンドル部分に引っ掛けることができるパススルーパネル

キャリーケースとの相性も良い

 

f:id:thebackpack:20190822201712j:image

▲側面部にもハンドルがついている

場合によってはこのように持つのも良い。

 

②フロントポケット

お次は機能性たっぷりのフロントポケット
f:id:thebackpack:20190822201707j:image

▲ジッパー全開でこのようになる。

大きく開くのでモノの出し入れがしやすい

 

f:id:thebackpack:20190822201725j:image

▲ジッパーポケットに単行本一冊を入れてみた

大きなポケットなのでまだまだ入る

 

f:id:thebackpack:20190822201738j:image

▲オーガナイザーポケット

モバイルバッテリーやペン、小銭入れなどアナタの便利なように入れてほしい

ちなみに一番上のは10インチのタブレットだ。なかなか深いポケットなので書類等にも対応

 

f:id:thebackpack:20190822201645j:image

▲オーガナイザーポケットの下にはフックと、もう一つメッシュポケットポケットがついている。

細かいものを入れるのにはこれ以上のポケットはない

 

③メインポケット

そしてロールトップ式メインポケット。

 

f:id:thebackpack:20190822201635j:image

▲丈夫なバックルで留めている

 

f:id:thebackpack:20190822201730j:image

▲全開にするとここまで大きくなる

 

f:id:thebackpack:20190822201630j:image

▲ジッパーはついていないが強力なマグネットが布の中に入っている

 

f:id:thebackpack:20190822201710j:image

▲わかりにくく申し訳ないが、ペットボトル2リットルが3本入れた状態

とても深いメインポケット

 

f:id:thebackpack:20190822201720j:image

▲PCスリーブも健在

かなりのクッション素材なので、ノートパソコンをケースに入れなくても問題ない

 

f:id:thebackpack:20190822201638j:image

▲PCスリーブへは側面部の縦ジッパーから簡単にアクセス可能

タブレットや書類を入れても役に立つ

 

④サイドポケット

f:id:thebackpack:20190822201703j:image

▲ジッパー式のサイドポケット

パスケースや財布などよく出し入れするものを入れておきたい

 

f:id:thebackpack:20190822201642j:image

▲ペットボトル500mlを入れてみた

しっかりと余裕がある状態で挿せる

 

⑤パッキングキューブ

このサブテラトラベルバックパックにはパッキングキューブが付属している

f:id:thebackpack:20190822201652j:image

▲おまけレベルではなく、しっかりと作られている

衣類を入れるのにはちょうど良い

これぞ、スーリークオリティだ

 

 

サブテラ トラベルバックパック34のおすすめポイント

次にサブテラトラベルバックパックの僕的にオススメしたいポインを紹介しよう

 

①ジッパーが最高すぎる

まず1つ目に感じたポイントはこれだ

ジッパーが最高すぎる

 

このスーリーのサブテラシリーズにはいつも驚かされるのだが、ジッパーは最高だ

“THULE”とロゴが書かれた大きめの持ち手にスルスルと開閉しやすい爽快感

まさにリュックの最高のジッパーといっても過言ではない。

f:id:thebackpack:20190822201825j:image

▲僕はこのジッパー以上のものを見たことがない

 

②蛍光イエロー生地が良い

2つ目はこれだ

蛍光イエローの裏生地が良い

 

スーリーのリュックは、裏生地が青色や黄色など蛍光色で作られていることが多く

中の荷物を見つけやすいのだ。

ゴチャゴチャになったリュックの中でも簡単に探し出せる。

他のリュックとの差別化ポイントとしても良いだろう。

(出典:楽天市場)

 

③メインポケットがマグネット式

3つ目はこれ

メインポケットがマグネット式

 

開封の儀で少し触れたが、このサブテラトラベルバックパックのメインポケットはマグネット式だ

それもなかなか強力な磁石を使っているので、リュックを使っている内に快感になる。

こういった小さなポイントがリュックへの高評価に繋がるのだ

(出典:楽天市場)

 

④フロントポケットが便利すぎる

4つ目!

フロントポケットが便利すぎる

 

サブテラトラベルバックパックのフロントポケットは機能性が非常に高い

メッシュポケット…フック…オーガナイザーポケット…

ガジェットをリュックに詰め込む人なら細かいものも多く持ち歩くはずだ

細かいものを整理するのにもってこいなのが、このフロントポケットだ

f:id:thebackpack:20190830203424p:plain

(出典:楽天市場)

 

⑤オマケがオマケレベルじゃない

5つ目はこれ

オマケが凄い

 

パッキングキューブがすごいのだ

これがリュックに付属している製品だとは思えないほどクオリティが高い

クッション性…ジッパー…生地の厚さ…

ぜひ手にとって確認してほしい

f:id:thebackpack:20190830203526p:plain

(出典:AMAZON)

 

⑥ぎりぎりタウンユースでも使える!

6つ目…

ぎりぎりタウンユースでも使える大きさ

 

このサブテラトラベルバックパックの容量は34リットルと旅行に適した容量だ

だがタウンユースとして使用できるギリギリの容量でもある。

あまり大きすぎると街中で目立ってしまうが

そこまで大きくはならないロールトップ式リュックの特権である。

(出典:THULE)

 

⑦旅行にうってつけ!

最後にこれだ

旅行に最適なリュック

 

まぁトラベルバックパックという名前通り、旅行に最適なリュックなのだ

ロールトップ式という防犯対策に優れたフォルム

800デニールという丈夫な生地

34リットルという大容量

一週間ぐらいの海外旅行にも、このリュック一つあれば問題ない

ぜひともあなたの冒険の相棒に採用してあげてほしい

(出典:楽天市場)

 

 

サブテラ トラベルバックパック34の残念なポイント

逆にサブテラ トラベルバックパックの残念なポイントも紹介しよう

良いところばかり目が行っても困る

 

自立しない…

 

リュックによくある残念なポイント

つまりは、床にリュックを置くと倒れてしまう…ということだ

倒れてしまうとデメリットはたくさんある

・リュック自体が汚れる

・精密機器に衝撃が加わわって壊れる

・パッキングした荷物がぐちゃぐちゃ

・液状のものが溢れる

メリットはなく、デメリットばかりだ

f:id:thebackpack:20190830202714p:plain

(出典:AMAZON)

そこで僕はクリッパをオススメしたい

クリッパとはリュックハンガーだ

 

リュックハンガーがあれば、狭い居酒屋でも汚い床に置くことなく酒を飲むことができる。

引っ掛ければ良いのだ。特にトイレでは役に立つ。

公衆トイレだと荷物を置く場所すらないことがある。

リュックをトイレの床に置くなんて考えられない

▲ぜひ以前にクリッパをレビューした記事を参考にしてほしい。

もちろん34リットルのリュックの容量にも耐えうる堅牢性がある。

 

 

まとめ

さて、いかがだっただろうか?

スーリー サブテラトラベルバックパック

 

僕的には非常に旅行…特にリュック一つで旅行するのにうってつけだ

何よりスーリーのリュックはデザインが落ち着いてるのにも関わらず、カッコよく洗練されている

旅先でのリュックを選ぶ際に最も重要視する点は“信頼できるかどうか?”だ

このリュックは信頼に値するものだ。ぜひあなたの相棒にお供させてやってほしい。

f:id:thebackpack:20190830203553p:plain

(出典:AMAZON)

広告

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

【2020/2更新】   やっぱアーバンアサルトが最強だわww (出典:AMAZON)     ▲アーバンアサルトと喜びの舞!   あっ、すいません。思ってたこ ...

2

目次1 はじめに2 グレゴリー3 ミステリーランチ4 THE NORTH FACE5 チャムス6 アークテリクス7 バートン8 コールマン9 カリマー10 ミレー11 ニクソン12 パタゴニア13 ス ...

3

目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 デイアンドハーフのスペック紹介4 デイアンドハーフを改めて開封の儀4.1 ①外観デザイン4.2 ②メインポケット5 デイアンドハーフのおすすめポイント5.1 ① ...

4

【2020/3更新】   今回、紹介するのは・・・ リュックにつけるキーホルダー   大した内容ではないのですが書きたいと思ったので書きましたwww さて、みなさんはリュックやバッ ...

5

【2020/3更新】 目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 テールメイトSとXSのスペック比較4 テールメイトSとXSを比較しながら開封の儀4.1 ①外観4.2 ②メインポケット4.3 ③フロントポ ...

-THULE, リュック, 容量:30L~, 形状:ジッパー

Copyright© リュックマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.