THULE リュック 容量:30L~ 形状:ロールトップ

スーリー コバートカメラロールトップをレビュー!!カメラリュックの中で最高最強!【リュックレビュー】

【2020/3更新】

はじめに

さて、今回紹介するのは…

スーリー コバートカメラロールトップ

f:id:thebackpack:20190830200918p:plain

(出典:AMAZON)

 

スーリーから発売しているカメラリュック

スーリーは大好きなブランドでカメラを持ち運ぶ僕としては、気になっていたリュックだった。

しかもロールトップ式、冒険心を煽ってくるデザイン

 

このコバートカメラロールトップは、人気写真家“近藤大真さん”が世界一周に使っていたリュックで憧れのリュックなのだ!

(出典:THULE)

 

スーリーとは?

スーリーというブランドを皆さんはご存知でしょうか?

f:id:thebackpack:20190121211809p:plain

 

スーリーは1942年創業のスウェーデンの会社で世界最大のカーキャリアメーカー

世界をより身近に、生への情熱をより確かに実感するためのビジネスがモットー

 

bring your life(暮らしを運ぼう)をキーワードにアウトドアでアクティブな人たちのために貢献しているブランド

普通のバックパックだけでなく、サイクリング用やカメラバッグ、スポーツ用品などを手掛けており、

革新的なスタイルと品質を守りつつ、軽量かつ耐久性に優れたデザインのアイテムを展開しています。

 

僕が初めて見かけたスーリーのリュックは世界一周をして世界中の人々の笑顔をチェキでプレゼントするカメラマン

近藤さんのカメラバッグでした。とてもボロボロでロマンに溢れています。

www.instagram.com

▲このインスタの写真です!まさに相棒ですね!

世界一周に耐えてくれる丈夫なリュックという証明にもなります!

 

公式HPの旅行用バックパックのページにはこう書いてあります。

抜群の行動力を、最終目的地まで

使いやすさの工夫と快適な背負い心地で、1週間の活動にも対応できる、Thuleの丈夫なバックパック。店頭での調整はもちろん、使用中にも体型と収納物に合わせてさまざまな部分を調節できます。これさえあれば、あとはアウトドアを満喫するだけ。

Thuleの旅行用バックパックなら…

  • 男性用は、首や腰回りなど男性の体型に合ったデザインで抜群のフィット感
  • 女性用は、首、胴体、曲線的な腰回りなど女性の体型にぴったりフィット
  • 背面長や肩回りの個人差にしっかり対応できるカスタマイズ機能
  • 人体の構造を考えたスマートなデザインと通気性で、快適さ・使いやすさを長距離旅行の最後までキープ

(出典:スーリー公式HP)

▲すんげ~ワクワクするような文章ですねw

 

 

コバートカメラロールトップのスペック紹介

ではまずはコバートカメラロールトップのスペックを紹介しよう

街歩きでの撮影機材の持ち運びから普段使いまで、幅広く使えるロールトップ・タイプのバックパック。

取り外しできるカメラポッド、SafeZoneの底面には倍密度パッドを使用。
折り紙から発想を得た仕切りシステムは、さまざまな機材の大きさに合わせて調整でき、優れた保護効果を実現。
超広角レンズを装着したプロフェッショナル向けデジタル一眼レフカメラ本体と、DJIMavicPro(または260mmx200mmx100mmまでのドローン)を収納可能。
カスタマイズ可能な収納(レンズ2個、フラッシュ、ドローンアクセサリー)。
摩耗に強く防水加工を施したツートン・オックスフォード素材。
エルゴノミクスに基づいたシャーシ・システムにより、サポートとクッションの間にすぐれたバランスを実現。
15インチMacBookProとiPadにフィット。
スペースが豊富でさまざまなものを収納できるロールトップ・コンパートメント。
上部と下部の収納スペースの間にはジッパー式の仕切りを採用。
アクセサリー用スペースも充実、素早くすっきり収納可能。

表地: ナイロン
収納可能サイズ: 41-50L
留め具の種類: ファスナー
タテ:45 cmX ヨコ:20 cmX マチ:54 cm

(出典:Amazon)

かなり機能性は高いうえに、丈夫!

それにカメラ収納を可能にしたリュック

もちろんカメラを使わない人はカメラ収納部分を取り外せば問題なく普通のリュックとして使える。

見た目はロールトップ+オーバーフラップ式って感じでめちゃくちゃカッコいい!

 

だが重さは約2.2kg!正直かなりの重さ…

収納サイズは40~50リットルだからか、覚悟して背負ったほうが良い

f:id:thebackpack:20190830201058p:plain

(出典:楽天市場)

▲カメラを使わない場合は靴などを入れておいても役に立つ!

 

 

コバートカメラロールトップの開封の儀

やっぱり実物を見ないことには始まらない

コバートカメラロールトップの写真を見ながら一つ一つパーツの説明をしていこう

①外観デザイン

まずは外観デザインだが、本当にかっこいい。

旅人がいかにも背負っていそうなデザインでどこまででも行けそうな気持ちになる

 

f:id:thebackpack:20190823201029j:image

▲前面部

上部はロールトップ、そしてオーバーフラップ式

変わったデザインだがイカしてる

 

f:id:thebackpack:20190823201159j:image

▲側面部

なんとか自立してくれた。

下部にあるのはサイドポケットではなく、カメラの収納部分へのアクセスするジッパーだ

 

f:id:thebackpack:20190823201033j:image

▲反対側にはサイドポケットがついている

一つあれば便利だ。カメラリュックなので三脚などをさしておきたい。

 

f:id:thebackpack:20190823201113j:image

▲背面部

上部にハンドル、ショルダーハーネスにはチェストストラップもついている

ウエストベルトはついていないが、あまりごちゃごちゃしていなくて良い

 

f:id:thebackpack:20190823201144j:image

▲ショルダーハーネスと背面部はクッション性のある素材でつくられており、重い荷物を詰め込んでも身体への負担を軽くしてくれる。

 

f:id:thebackpack:20190823201035j:image

▲スーリーのロゴ

シンプルながらカッコいいと思うのは僕だけではないはず!

 

②フロントポケット

お次はフロントポケット。

このフロントポケットだが、いくつものポケットがあり機能性がすごい

 

f:id:thebackpack:20190823201116j:image

▲オーバーフラップを上げると、こうなっている。上のポケットから順番に紹介しよう。

 

ⅰ 上部ジッパーポケット

f:id:thebackpack:20190823201110j:image

▲一番上のジッパーポケット

 

f:id:thebackpack:20190823201152j:image

▲中にはオーガナイザーポケットがたくさんあり、さらには漫画を入れることも可能

 

ⅱ 2つのマジックテープポケット

f:id:thebackpack:20190823201052j:image

▲2つのマジックテープポケット

 

f:id:thebackpack:20190823201131j:image

▲スマホがちょうど入る大きさ

 

ⅲ 中部ジッパーポケット

f:id:thebackpack:20190823201042j:image

▲上部同様、大きなポケット

 

f:id:thebackpack:20190823201050j:image

▲漫画一冊を入れてみた。

かなりの深さ

だが厚さはあまりない

 

ⅳ 下部マジックテープポケット

f:id:thebackpack:20190823201108j:image

▲下部にある大きなマジックテープ式ポケット

 

f:id:thebackpack:20190823201155j:image

▲漫画一冊が奥まで入る。

上部のマジックテープポケットよりも大きいことがわかる

 

③メインポケット

そして、ロールトップ式のメインポケット

f:id:thebackpack:20190823201134j:image

▲バックルを外して全開

上部にはジッパーがついている

 

f:id:thebackpack:20190823201203j:image

▲メインポケット内は下部にカメラ収納スペースがあるので、上半分しか使えないのだ

 

f:id:thebackpack:20190823201141j:image

▲ペットボトル2リットルが2本入る。

カメラ収納スペース(カメラポッド)を取り外すと、40リットルの容量にもなる。

 

④カメラポッド

そして、お待ちかね。カメラポッド!

もちろん取り外し可能
f:id:thebackpack:20190823201047j:image

▲側面部の四角いジッパー

 

f:id:thebackpack:20190823201121j:image

▲蓋裏には小物類を入れるポケットがある

メモリーカードやレンズ拭きなど、かさばらないものを入れておきたい

 

f:id:thebackpack:20190823201137j:image

▲カメラポッドはとても丈夫にできており、青色の部分はマジックテープでカスタムすることができる。

それぞれのカメラやレンズの形にあわせてほしい

 

f:id:thebackpack:20190823201149j:image

▲ソニーのフルサイズ対応望遠レンズ“SEL70300G”というレンズ。

なかなか大きなレンズ

f:id:thebackpack:20190823201128j:image

▲カメラポッドの3分の1も埋め尽くしていない。それほどこのカメラポッドは大きい。

 

f:id:thebackpack:20190823201055j:image

▲お次はカメラ本体と標準レンズ

 

f:id:thebackpack:20190823201102j:image

▲カメラポッドにすっぽりと収まり、まだまだ余裕がある。

これならカメラ本体とレンズ3本ぐらいは大丈夫!

 

⑤背面ポケット

背面パネルにもポケットがある。
f:id:thebackpack:20190823201038j:image

▲大きな縦ジッパー

 

f:id:thebackpack:20190823201125j:image

▲書類やノートパソコンを入れるのにうってつけ。13インチのMacBookも余裕で入る。

 

 

コバートカメラロールトップのおすすめポイント

ではコバートカメラロールトップのオススメしたいポイントを紹介

 

①最高にかっこいいカメラリュック

まず1つ目!

最高にかっこいいカメラリュック

 

見た目がまじで一目惚れするレベル!

ロールトップ式のリュックで冒険感と旅感が伝わってきて、今すぐどこかに出かけたくなる

もちろん、スーリーという人気ブランドなので信頼できるし

近藤大真さんがこのリュックをチョイスしたのも納得できる。

僕も世界一周に行くのであればこのリュックを使ってみたい

あぁ…世界一周してぇなぁ…

(出典:楽天市場)

 

②プロも使えるカメラリュック

2つ目はこれ!

プロでも使えるカメラリュック

 

このコバートカメラロールトップはプロのカメラマンでも使える仕様になっている。

カメラマンの集まりに行ったことがあるのだが、このリュックを背負っているプロカメラマンを何人かみたことがある。

それほどのクオリティだということだ!

(出典:楽天市場)

 

③場合によってはカメラポッドを取り外せる

3つ目はこれ

状況によってカメラポッドは取り外し可能

 

コバートカメラロールトップのカメラポッドは取り外し可能

取り外すとカメラリュックではなく普通のリュックになる。

つまり、カメラを使う人専用のリュックではない。

しかしカメラポッドをバカにしてはいけない

カメラポッドは精密機器を守るように作られているから本当に頑丈!

カメラ以外の精密機器や貴重品やメガネ、衣類などを入れても非常に役立つ

セーフゾーンといっても過言ではない!

f:id:thebackpack:20190830201211p:plain

(出典:楽天市場)

 

④フロントポケットに色々詰め込める

4つ目はこれ

フロントポケットが万能

 

上記で説明したとおり、このリュックのフロントポケットは機能性がかなり高い。

スーリーは小さなポケットでもキチンと役割を考えて製作しているように感じる。

メインポケットだけではなく、他のポケットも頼りになるのはとても心強いリュックだ

f:id:thebackpack:20190830201238p:plain

(出典:AMAZON)

 

⑤丈夫

5つ目はこれ

丈夫なリュック

 

リュックとはどういったものだろうか?

リュックは必ず外に持ち出し、汚れ、傷つくものだ。

 

リュックに必要なポイントの1つ、丈夫さをこのコバートカメラロールトップは備えている。

実際、近藤大真さんが世界一周に持ち出し

ボロボロにはなったものの壊れずにこのリュックと共に帰ってきた。

証明されている。このリュックは丈夫だと。

僕も色々なところに連れ出しても、

安心してボロボロにできるリュックと旅がしたい

f:id:thebackpack:20190830201254p:plain

(出典:AMAZON)

 

 

コバートカメラロールトップの残念なポイント

では逆に残念なポイント

好きだからこそ、気に入らないポイントが見えてくる。

 

仕方ないが…おもすぎる…

本当に重い

 

やはり…くっそ重い…本当に重い…

最高50リットルまで詰め込めるというのは非常に嬉しい!!しかも機能性まで豊富だ!

でもカメラやレンズや旅行用具を入れて、さらにリュック自体に2キロ以上の重みが加わるのは結構キツい(泣)

なので、このコバートカメラロールトップを背負う人は覚悟して背負うべき!

まぁ男の人なら普通に背負えるだろう

f:id:thebackpack:20190830201327p:plain

(出典:AMAZON)

 

 

まとめ

さて、いかがだっただろうか?

スーリー コバートカメラロールトップ

 

カメラリュックの中で1番おすすめできるリュック

容量が多い!かっこいい!機能性バツグン!丈夫!!

旅には持ってこいのカメラリュックだ

撮影だけのためのカメラリュックなら他にもいろいろなものが出ているが、旅にも役立つカメラリュックであればコイツがナンバーワン!!

ぜひ最高の相棒にコバートカメラロールトップを!!!

f:id:thebackpack:20190830201001p:plain

(出典:AMAZON)

広告

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

【2020/2更新】   やっぱアーバンアサルトが最強だわww (出典:AMAZON)     ▲アーバンアサルトと喜びの舞!   あっ、すいません。思ってたこ ...

2

目次1 はじめに2 グレゴリー3 ミステリーランチ4 THE NORTH FACE5 チャムス6 アークテリクス7 バートン8 コールマン9 カリマー10 ミレー11 ニクソン12 パタゴニア13 ス ...

3

目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 デイアンドハーフのスペック紹介4 デイアンドハーフを改めて開封の儀4.1 ①外観デザイン4.2 ②メインポケット5 デイアンドハーフのおすすめポイント5.1 ① ...

4

【2020/3更新】   今回、紹介するのは・・・ リュックにつけるキーホルダー   大した内容ではないのですが書きたいと思ったので書きましたwww さて、みなさんはリュックやバッ ...

5

【2020/3更新】 目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 テールメイトSとXSのスペック比較4 テールメイトSとXSを比較しながら開封の儀4.1 ①外観4.2 ②メインポケット4.3 ③フロントポ ...

-THULE, リュック, 容量:30L~, 形状:ロールトップ

Copyright© リュックマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.