Gregory リュック 容量:20L~29L 形状:ジッパー

グレゴリー ターフ25をレビュー!アウトドアにも日常にもマルチで使える万能バックパック【リュックレビュー】

【2020/2更新】

はじめに

さて、今回紹介するのは…

グレゴリー ターフ25

f:id:thebackpack:20191007194802p:plain

(出典:グレゴリー)

 

グレゴリーのアウトドアデザインの25リットルリュック

ですが、アウトドアだけではなくタウンユースとしても使える万能なやつです!

 

ボトム部にレインカバーがついてたり、豊富なポケット数で機能性はめっちゃ良い!!

 

※以前にグレゴリーのテラ30をレビューしましたが、それより少し小柄なリュックです!

▲テラ30のレビュー

 

 

グレゴリーとは?

みなさん、GREGORY(グレゴリー)というアウトドアブランドはご存知でしょうか?

アウトドア好きならほとんどの人が知ってるほど超有名ブランドです。

f:id:thebackpack:20181229113928p:plain

 

ロゴを見れば思い出す人もいるのではないでしょうか?

 

僕の周りにもグレゴリー好きな人は多くて十年以上同じリュックを背負い続けているという人も多く、老若男女問わず愛されているブランドですね。

僕もデイパックやデイアンドハーフを使いグレゴリーファンになりました!

 

▲グレゴリーについてまとめました。

 

グレゴリーはアメリカ発祥の1977年から40年以上続くブランド

日常使いから本格的なアウトドアまで様々なリュック(バックパック)を取り扱っています。

 

デザインやクオリティもそうですが...

何よりも『リュックは着るもの』といったコンセプトで背負い心地を特に大切にしています。

人体構造に基づき考え作られています。

 

やはり人気があるということは何かしらの理由があるということ。

ブランドとは【信頼】なのだと僕は考えます。

 

『このブランドなら信頼できる!大丈夫だろう!

そう思わせるリュックを取り扱っているのがグレゴリーなのです!

f:id:thebackpack:20190118220140p:plain

(出典:グレゴリー)

 

 

ターフ25のスペック紹介

ではターフ25のスペックから紹介していきましょう!!

アウトドアからタウンまでマルチに使えるパックです。収納性も充実し、メインコンパートメントと豊富なポケット、ギアループなどで荷物をきちんと整理して収納できます。

【機能】
■ジッパー式大型メインコンパートメント
■トレッキングポール装着用アタッチメント
■エンボス仕様のソフトな裏地のトップアクセサリーポケット
■サイドウォーターボトルポケット
■デイジーチェーン付きジッパー式フロントポケット
■レインカバー内蔵
■ハイドレーションリザーバー用スリーブとホース吐き出し口

【仕様】
最大積載重量:10kg
重量:595g

表地: 210Dヘビーツイルナイロン テフロンコーティング
収納可能サイズ: A4サイズ収納可能
留め具の種類: ファスナー
タテ51cmxヨコ30cmxマチ17cm
ポケットの数:6(外側5/内側1)
レインカバー付き

(出典:Amazon)

容量は名前の通り25リットル!

アウトドアからタウンユースまで幅広くつかえるリュックですが、積載量に10kgという制限がありますのご注意ください!

…といっても10キロ以上の荷物を25リットルのリュックに詰め込むことなんて、そうそうありませんけどね(笑)

f:id:thebackpack:20191007194851p:plain

(出典:グレゴリー)

 

 

ターフ25の開封の儀

では早速、ターフ25の写真を見ながら一つ一つパーツの紹介をさせてもらいます!!

 

①外観デザイン

まずは外観デザインです!

リュックは背負うもの、身につけるものなのでやはりデザイン性は大事!

f:id:thebackpack:20190914144941j:image

▲全面部

フォルムはベーシックですが、見た目は登山などの使うようなアウトドア仕様

 

f:id:thebackpack:20190914144938j:image

▲側面部

サイドポケットとサイドコンプレッションベルト付き

自立は中の荷物次第

 

f:id:thebackpack:20190914145008j:image

▲背面部

チェストストラップとウエストベルト付き

アウトドアではめちゃくちゃ活躍してくれます

 

f:id:thebackpack:20190914145013j:image

▲ショルダーハーネスと背面パネルはメッシュ素材で作られています。

暑い季節など、汗をかくときには蒸れにくくなっていて助かります

 

②トップポケット

お次はトップポケットです。

f:id:thebackpack:20190914144953j:image

▲リュックの上部についているアーチ状のジッパーポケット

 

f:id:thebackpack:20190914145001j:image

▲スマホや財布などちょうど良い大きさのポケット

 

③フロントポケット

お次はフロントポケット

f:id:thebackpack:20190914144947j:image

▲リュック前面部についているポケット

 

f:id:thebackpack:20190914145016j:image

▲なかなか深いポケットなので、漫画の単行本2冊いれてもスッポリ入ります!

 

④メインポケット

そしてメインポケット

25リットルのリュックなのでタウンユースや日常遣いには良い万能サイズ!

 

f:id:thebackpack:20190914144950j:image

▲ジッパーを全開にするとこんな感じ!

サイドに荷物のこぼれ防止の布があります。

これがまた便利なんです!

 

f:id:thebackpack:20190914144935j:image

▲ペットボトル2リットルを3本入れるとこんな感じ

上部にはまだ余裕があります

 

⑤レインカバー

そして、オマケ要素であるレインカバー

このターフ25にはボトム部にレインカバーが入っています

f:id:thebackpack:20190914145005j:image

▲リュックの底部分にマジックテープ式のポケット

 

f:id:thebackpack:20190914144958j:image

▲紐でくっついてるので無くす心配はありません。

 

f:id:thebackpack:20190914144944j:image

▲簡単にリュック全体を包むことができました。

 

 

ターフ25のおすすめポイント

ではターフ25のおすすめしたいポイントを紹介します!!

 

①グレゴリーならではの背負心地

まず1つ目はこれ!

グレゴリーならではの背負心地

 

やっぱりグレゴリーなんですよね!

ターフ25は背負いやすい!

“リュックは背負うものではなく着るもの”という考えのもとに作り上げられたグレゴリーのリュックは本当に背負いやすく、身体への負担が少ないんです!

f:id:thebackpack:20191007194929p:plain

(出典:グレゴリー)

 

②レインカバーは便利

2つ目はこれ!

レインカバーが便利

 

やっぱりボトム部分についているレインカバーは便利すぎる!!

突然の雨や、汚くなる場所にリュックを持っていくときに非常に役立ちます!!

海外旅行ではスリ防止に!

さらにはボトム部分に詰め込んでおくだけで、メインポケットのクッションの役割も果たしてくれます。

f:id:thebackpack:20191007194943p:plain

(出典:楽天市場)

 

③軽く丈夫でアウトドアにも最適な生地

3つ目はこれ

軽く丈夫でアウトドアにも最適な生地

 

ターフ25の生地は210デニールのヘビーツイルナイロンという、丈夫で撥水性のある生地

 

この生地は本当に軽く、長時間荷物を入れて歩く人にはうってつけの生地なのです!

背負っていて軽く丈夫なのであればアウトドアでなくても嬉しいポイントですよね

 

④25リットルという万能サイズ

そして、4つ目はこれ!

25リットルの万能サイズ

 

ターフ25の容量は名前の通り25リットル

この25リットルというのは非常に便利なリュックのサイズ

 

大きすぎず小さすぎず、かつ荷物を十分に詰め込めるサイズ

よく1日分の荷物を持ち運ぶデイパックの容量として使われています。

老若男女いろいろな体格の人が背負っても違和感なく背負えますよ!

 

 

ターフ25の残念ポイント

では逆に、ターフ25の残念だなぁと思うポイントを紹介します。

もちろん僕の独断と偏見です(笑)

 

白パーツのデザインが微妙…

 

ターフ25のデザインなんですが、僕的にはあまり好きではありません。

このところどころについてる、白パーツが好きではないのです。

 

黒い生地と、グレーの背面パネルでかっこよく決まっているのに…

チェストストラップやサイドコンプレッションベルトの白パーツのせいで少しアウトドア感が強く感じます。

いろいろな場所でマルチに使えるリュックならプラスチックパーツも黒かグレーにして、かっこよくまとめてほしかった!

 

僕の独断と偏見です(笑)

僕はパーツも落ち着いた黒色にしてほしかったというだけです。

f:id:thebackpack:20191007195002p:plain

(出典:楽天市場)

 

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

グレゴリー ターフ25

 

グレゴリーらしいリュックで、アウトドア向けに作られた25Lのリュック

旅行にももちろん使えますし、僕は釣りのときに背負っていこうかと思っています。

25リットルのリュックなので、万能に使える頼りになるやつです!!

広告

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

【2020/2更新】   やっぱアーバンアサルトが最強だわww (出典:AMAZON)     ▲アーバンアサルトと喜びの舞!   あっ、すいません。思ってたこ ...

2

目次1 はじめに2 グレゴリー3 ミステリーランチ4 THE NORTH FACE5 チャムス6 アークテリクス7 バートン8 コールマン9 カリマー10 ミレー11 ニクソン12 パタゴニア13 ス ...

3

目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 デイアンドハーフのスペック紹介4 デイアンドハーフを改めて開封の儀4.1 ①外観デザイン4.2 ②メインポケット5 デイアンドハーフのおすすめポイント5.1 ① ...

4

【2020/3更新】   今回、紹介するのは・・・ リュックにつけるキーホルダー   大した内容ではないのですが書きたいと思ったので書きましたwww さて、みなさんはリュックやバッ ...

5

【2020/3更新】 目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 テールメイトSとXSのスペック比較4 テールメイトSとXSを比較しながら開封の儀4.1 ①外観4.2 ②メインポケット4.3 ③フロントポ ...

-Gregory, リュック, 容量:20L~29L, 形状:ジッパー

Copyright© リュックマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.