MAMMUT リュック 容量:20L~29L 形状:ジッパー

【MAMMUT】セオン シャトル 22L!小さめだけどアクティブユーザーにおすすめ!【リュックレビュー】

はじめに

今回紹介するのは・・・

MAMMUT

セオン シャトル22

 

このシャトル22なんですが、街なかを歩いているとたまに見かけることがあります。

マムートのリュックを背負っている人はそんなに多くはないのですが

シャトル22はタウンユースとしては使いやすいと感じました。

f:id:thebackpack:20190205174355p:plain

(出典:AMAZON)

 

以前紹介したセオン トランスポーター26とは用途は違えど、同じセオンシリーズです。

セオンはマムートの会社があるスイスの街名からとられており、モダンなワークライフのためのリュックです。

やはり今回のセオン シャトル22も丈夫さを感じました。マムート恐るべし!!

 

 

 

MAMMUT(マムート)とは?

みなさん、MAMMUT(マムート)はご存知でしょうか?

 

好日山荘やスポーツゼビオなどに行けば、よく見かけるブランドだと思います。

特に僕が大好きなのはロゴですね。

f:id:thebackpack:20190204173818p:plain

▲コレ!このマンモスのロゴ!!

 

このマンモスのロゴ!とてもかっこよくないですか?www

シンプルかつ丈夫さ頑丈さを現してくれているようです!

 

そもそもマムートは、リュックブランドではなく一番最初はロープを作る会社

150年も続く立派なアウトドアブランドです。

 

マムートはスイスの登山用品製品ブランドで、

ドイツ語で「MAMMUT」は「マンモス」という意味です。

f:id:thebackpack:20190204174011p:plain

(出典:MAMMUT)

 

登山への深い知識や経験がものづくりに活かされ、

軽量や高い耐久性!もちろん機能性アウトドアブランドの中では特にトップクオリティを叩き出しています!

 

しかし登山用品だけはなくデイリーユースとしてのリュックやウェアなども手掛けていますよ。

どの製品も高クオリティ!

 

シンプルながらも考え抜かれたデザインと、様々なカラーバリエーションも日常使いにはもってこいなのではないでしょうか?

今回、紹介するのはマムートのリュックですが

「中の荷物をしっかり守る」というリュックの基本的なポイントはしっかりと守ってくれます!!

丈夫さにおいてはトップクラス!一生モノのリュック!!

 

マムートの製品は、「Absolute alpine.」をモットーに開発されています。

そのため、最高のテクノロジーを用いた高い機能性があるのが特徴で、値段は高めですが絶大な信頼を得ています。

f:id:thebackpack:20190204173935p:plain

(出典:MAMMUT)

 

 

セオン シャトル22のスペック紹介

ではまず、セオン シャトル22のスペック紹介からさせてもらいます。

・ソフトなパッドを装着し、人間工学を考慮したシェイプのショルダーストラップが快適な背負い心地を実現
・広々としたメインの“クライミング"コンパートメントは、仕事の後に行くクライミングジムで必要な装備を収容します
・外からアクセス出来る、耐水性の高い貴重品用ポケットは、パーテーション付き
・耐水性の高い、パッドで囲まれた“ワーク"コンパートメントは、外から直接アクセスする事が出来ます
・ラップトップPC、タブレット、書類などの収容に適しています
・パッド入りのフリースでラミネートされたラップトップPC用“ワーク"コンパートメントは、37cm×26cmの大きさがあり、およそ15-16.5インチのPCまで収容可能です
・伸縮性のある2つのサイドポケット

(出典:Amazon)

・サイズ:48cm x 17cm x 30cm
・素材:600D Polyester WP
・重量:930g
・容量:22L

 

セオン シャトル22の最も特徴的なポイントと言えば、

“ワークと“クライム”の2つのコンパートメントでしょう!

 

“ワーク”コンパートメントは、PC、タブレッ ト、書類などを収納する事を考えて設計されています。
“クライム”コンパートメントは、仕事の後向かうクライミングジムで
必要な用具の収容のためにデザインされています。

(出典:楽天市場)

 

セオン シャトル22の開封の儀!!

さて、ではいつもながら開封の儀です!

今更ですが“メインポケット”や“背面ポケット”なんていう書き方をしていますが、わかりやすい呼び方をしているだけです。メインコンパートメントっていう呼び方を公式ではしてるかもしれません。ご了承ください!

①外観

f:id:thebackpack:20190203124636j:image

▲前面部。形は四角っぽいですね。撥水性のある素材にマムートのロゴがかっけー!

 

f:id:thebackpack:20190203124544j:image

▲側面部。サイドポケットあり。

 

f:id:thebackpack:20190203124540j:image

▲背面部。分厚いショルダーハーネスです。

チェストストラップ、ウエストベルトもありませんが22リットルの容量なら必要ないでしょう!

 

f:id:thebackpack:20190203124624j:image

▲ショルダーハーネス、背面パットともにメッシュ素材で作られており、通気性に長けています。夏などの暑い時期に頼りになります!

 

f:id:thebackpack:20190203124601j:image

▲セオン シャトル22のロゴ入り!なにげにお気に入りwww

 

②メインポケット

お次はメインポケットです。

セオン シャトル22のメインポケット…またはクライムコンパートメントですね。

 

f:id:thebackpack:20190203124547j:image

▲ジッパーを開けるとこんな感じです。

このポケットが一番厚さがあり、いろいろなものを詰め込めそうです。

 

f:id:thebackpack:20190203124628j:image

▲残念ながら22リットルのリュックなのでペットボトル2リットルが3本は入りませんでした…

 

f:id:thebackpack:20190203124555j:image

▲こうやって開けると底にあるものを取り出せたり、パッキングがしやすい!

 

③サイドポケット

f:id:thebackpack:20190203124552j:image

▲文字付きのサイドポケットです。

ペットボトル500mlを入れられます。

 

④トップポケット

f:id:thebackpack:20190203124633j:image

▲セオン シャトル22のトップポケットは貴重品ポケットですね!

内側の生地はオレンジ色で中にあるものを見分けやすいでしょう!

 

f:id:thebackpack:20190203124639j:image

▲スマホやモバイルバッテリーを入れています。

メッシュポケットの中にはフックがついているのでピルケースやカギなどをつけましょう!

 

⑤PC貴重品ポケット(背面ポケット)

そして、丈夫で撥水加工されたPCポケットです。

f:id:thebackpack:20190203124713j:image

▲背面パネルが入っているので背面側は硬めです。

 

f:id:thebackpack:20190203124605j:image

▲13インチのMacBookと10インチのタブレット。書類なども入れましょう!

 

 

セオン シャトル22のおすすめポイント

ではお次にセオン シャトル22のおすすめポイントの紹介です。

①背面パットのおかげで背負心地よし!

まずはこれ!リュックとして基本的でとても大事な要素なのですが…

背面パットのおかげで背負いやすさUP

 

このリュック、背負心地がいいんですよね…

まぁこのシャトル22に限らずマムートは登山用のリュックも製作しているので、その技術をタウンユースのリュックにも採用してくれているからですね!

とてもありがたいですよ!

背面パットのおかげで中の貴重品ポケットの中にある精密機器も安心して持ち運ぶことができるので一石二鳥ですね!!

(出典:楽天市場)

 

②撥水性やばし!!

次にこれ!

リュックとは外に持ち出すものです。

やはり汚れたり、濡れたりすることがあると思うんです。

撥水性がすばらしい!!

 

本当にマムートのセオンシリーズはまじで撥水性が素晴らしい!!

ポリエステル素材でできている丈夫な生地なのでタオルでひと拭きさえすれば安心です!

本当にリュックの撥水性ってありがたいんですよね!

アクティブな人には重要なポイントでしょう!

(出典:AMAZON)

▲中の荷物もしっかりと守ってくれます。

 

③アイコンかわいい!

大したポイントではないかもしれませんが…

このリュックのポケットの一部には…

小さなアイコンがついています。

アイコンかわいいwww

 

f:id:thebackpack:20190203124732j:image

▲こういったものですが、どのポケットにどういったものを入れるべきなのか?ということなのでしょうけど…

こういうデザインって小さなポイントですが僕的にはとてもうれしいんです。

 

④ガバっと開くフロントポケット

んで!もちろんこのおすすめポイントは外せません!

クライムコンパートメントの使い心地が良い

 

開封の儀で、紹介しましたメインポケットもといクライムコンパートメントのジッパーが本当に便利なんですよね!!

色々なものを詰め込みやすいんです。

 

一度手にしてもらえたらわかりますが…

ジッパーが半分までしか下がらないポケットと

このクライムコンパートメントのようなガバっと開くとタイプのポケットだと

圧倒的に後者のほうが便利なんですよ!

(出典:AMAZON)

▲色々なものを詰め込めw

 

セオン シャトル22の残念ポイント

では次にセオン シャトル22の残念ポイントの紹介です…

残念ながら、僕的に残念ポイントは2つあります……

1つ目は!

サイドポケットにペットボトルがきっつきつ…

 

というポイント。このリュックにはサイドポケットがあるのですがペットボトル500mlを入れるのにもキッツキツです。

とてもしっかりしている生地だからこそ!なんでしょうけど…

もうちょっと余裕をもたせてほしかったですね…

(出典:AMAZON)

 

そして2つ目…

自立してくれない…

 

このリュック、あんまり大きいリュックではないのにも関わらず自立しないんですよね…

床に置くとポテッと倒れてしまうんです

ボトム部が斜めに作られているからか、形が特殊だからか?まぁ理由はわかりませんが

自立してくれないのは残念ですね…

 

▲そんな自立しないリュックにはこのクリッパをお勧め!!

 

 

セオン シャトル22を背負ってほしい人とは?

ではマムート セオンシャトル22はどんな人に背負ってほしいのか?というと…

荷物はいつも少なめだけどアクティブでアウトドアな人

 

丈夫な生地、撥水性、22リットルというあまり大きいとは言えないけど

クライムコンパートメントには様々な形の荷物に対応してくれるでしょう。

22リットルのリュックなので女の人も背負いやすい大きさ

f:id:thebackpack:20190205174451p:plain

(出典:楽天市場)

 

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

マムート セオンシャトル22

 

22リットルという小さめの容量ではありますがクライムコンパートメントによる様々なモノの詰め込みや、ワークコンパートメントによる精密機器の持ち運び。

機能性が多く詰め込まれており、なおかつ丈夫で撥水性にも優れておりますので様々な状況にも対応してくれます!

f:id:thebackpack:20190205174430p:plain

(出典:AMAZON)

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

みなさん、こんにちは。ザバックです。 以前の記事で このアーバンアサルトのことを書かせてもらいましたが、 買ってから一年ほど経ったので… 改めて詳しく記事にさせてもらいます。   [ミステリ ...

2

「あっ…今日もグレゴリーのデイパックで出かけるか…」 このセリフを今まで何度つかっただろうかwww (出典:フリークスストア)   グレゴリーの超定番リュック“デイパック”を 1年半使ったの ...

3

みなさん、こんにちは。 以前、一年前に似たような記事をあげさせてもらったのですが 今回は買ってから二年ぐらいが経ちましたので またレビュー記事をあげさせてもらいます。   SONY α7ii ...

4

さぁ! リュック背負って行こうぜ!   さて、今回紹介するのは僕が国内旅行するときにリュックに入れていくモノ一覧を記事にします。 国内旅行といっても日帰りではなく、三泊四日までの荷造りです。 ...

5

今回は任天堂から発売している Nintendo 2DSLLのレビューをいたします 購入してから半年ほどたちました。   なぜSwitchが人気爆発中のこのタイミングで2DSなんて購入したの? ...

-MAMMUT, リュック, 容量:20L~29L, 形状:ジッパー

Copyright© ゆるゆるリュッカー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.