Gregory リュック 容量:20L~29L 形状:ジッパー

【GREGORY】オーバーヘッドデイをレビュー!めっちゃ好きなスクエアバックパックや!!【リュックレビュー】

【2020/2更新】

はじめに

さて、今回紹介させてもらうのは・・・

グレゴリー オーバーヘッドデイ

f:id:thebackpack:20190620174644p:plain

(出典:AMAZON)

 

グレゴリーといえばリュックブランドの中でも王道!

その評価が高いブランドのスクエアリュック

 

僕ね、このリュック触って思ったんですよwww

めっっっちゃ好き(笑)

 

グレゴリーのリュックの中でも人気のある“デイパック”

いつも僕が愛用している26リットルのリュックなんですが・・・

グレゴリー デイパックの四角いバージョンだと思ってください。

▲グレゴリー デイパック

▲このグレゴリー デイパックの四角いリュックがオーバーヘッドデイ!

中のポケットや機能性もそっくりで違うのはシルエットデザインだけ!!

 

 

グレゴリーならではのハイクオリティとシンプルさを兼ね備えたバックパック

もう一度言います。僕このリュックめっちゃ好き(笑)

f:id:thebackpack:20190620174716p:plain

(出典:楽天市場)

 

 

グレゴリーとは?

みなさん、GREGORY(グレゴリー)というアウトドアブランドはご存知でしょうか?

アウトドア好きならほとんどの人が知ってるほど超有名ブランドです。

f:id:thebackpack:20181229113928p:plain

 

ロゴを見れば思い出す人もいるのではないでしょうか?

 

僕の周りにもグレゴリー好きな人は多くて十年以上同じリュックを背負い続けているという人も多く、老若男女問わず愛されているブランドですね。

僕もデイパックやデイアンドハーフを使いグレゴリーファンになりました!

 

▲グレゴリーについてまとめました。

 

グレゴリーはアメリカ発祥の1977年から40年以上続くブランド

日常使いから本格的なアウトドアまで様々なリュック(バックパック)を取り扱っています。

 

デザインやクオリティもそうですが...

何よりも『リュックは着るもの』といったコンセプトで背負い心地を特に大切にしています。

人体構造に基づき考え作られています。

 

やはり人気があるということは何かしらの理由があるということ。

ブランドとは【信頼】なのだと僕は考えます。

 

『このブランドなら信頼できる!大丈夫だろう!

そう思わせるリュックを取り扱っているのがグレゴリーなのです!

f:id:thebackpack:20190118220140p:plain

(出典:グレゴリー)

 

 

オーバーヘッドデイのスペック紹介

ではまず最初にオーバーヘッドデイのスペックを紹介します。

長方形のスマートなフォルムは、通勤や通学にぴったりな デザイン。パソコンや書類など、かさばってしまうもの も収まりがいいです。パソコン用のマルチスリーブを内蔵、1気室でシンプルな構造ながらもビジネスシーンで役立つ機能が搭載、デイパックと同様のショルダーハーネス を備えています。スマートフォンの収納に便利なパデッドケースとの併用もおすすめです。

・大型のジッパー式メインコンパートメント
・フロントジッパー付きスラッシュポケット
・ジッパー式メッシュポケットを内蔵
・PC/書類用スリーブを内蔵

(出典:グレゴリー)

容量は22リットル。重さは650g。

 

注目したいポイントは…

・長方形のスマートなフォルムデザイン

・デイパック同様のショルダーハーネス

日常使いにはもってこいのスペックです!

f:id:thebackpack:20190620174755p:plain

(出典:楽天市場)

 

 

オーバーヘッドデイの開封の儀

では、オーバーヘッドデイの写真を見ながら一つ一つのパーツの説明をさせてもらいます!

 

①外観

まずはデザインから!!

f:id:thebackpack:20190610210852j:image

▲前面部

長方形のフォルムデザイン

シルエットはすっきりしています

 

f:id:thebackpack:20190610210814j:image

▲側面部

ジッパーが下の方まであります。

自立も可能!

 

f:id:thebackpack:20190610210855j:image

▲背面部

チェストストラップ付き

ショルダーハーネスにはパデッドケースを装着可能!

 

f:id:thebackpack:20190610210845j:image

▲ショルダーハーネスはグレゴリー特有の分厚いEVAという素材

 

②フロントポケット

お次はフロントポケット

f:id:thebackpack:20190610210837j:image

▲斜めのジッパー

デイパック同様、グレゴリーらしいデザイン!

 

f:id:thebackpack:20190610210833j:image

▲なかなか深いポケット

10インチのタブレットが入ります!

よく使うスマホや財布などを入れておきましょう!

 

③メインポケット

f:id:thebackpack:20190610210849j:image

▲ジッパーは大きく開く

パッキングがしやすくて助かる!

 

f:id:thebackpack:20190610210819j:image

▲22リットルのリュックですがペットボトルが3本入ります!

 

f:id:thebackpack:20190610210840j:image

▲メッシュポケットも内蔵

マンガ本が入る大きさ!

 

f:id:thebackpack:20190610210824j:image

▲フック付き

鍵やピルケースなど貴重品をどうぞ!

 

f:id:thebackpack:20190610210830j:image

▲書類やノートパソコンを入れるための仕切り付き

 

 

オーバーヘッドデイのおすすめポイント

では次にオーバーヘッドデイのオススメしたいポイントを紹介します。

 

①ジッパーの開閉感さいこう!

まずはこれ!

ジッパーの開閉感が素晴らしい!

 

グレゴリーのリュックによく使われているのがYKKの十番ジッパー!!

これが本当に素晴らしい!スルスルっと動くんです!

 

「え?ジッパーがどした?」って思う人いるかもしれませんが・・・

ジッパーはリュックの中で一番触ることが多いパーツです。

そのパーツにイライラしてたら不満も溜まっちゃうんですよね。

毎日つかうなら尚更です!

(出典:楽天市場)

 

②デイパックの良さを引き継いでる!

お次にこれです!

デイパックの良さを引き継いでるリュック

 

このオーバーヘッドデイはグレゴリーのデイパックとよく似ています。

 

▲以前にレビューしているのでよければ読んでください!

 

グレゴリーのデイパックは何十年間も売れ続けている超ベストセラーリュック

デイパックの良いポイントを受け継いでいるのがオーバーヘッドデイなのです!

 

なので「デイパックが気になっているけど少し他の人とは違ったリュックがほしいなぁ」という人にはうってつけ!!!

f:id:thebackpack:20190620174826p:plain

(出典:楽天市場)

 

③“EVA”っていうショルダーハーネス

お次はこれです!

“EVA”というショルダーハーネス

 

グレゴリーのデイパックにも使用されている素材なのですが

EVAという超高性能クッションが中に詰まっているショルダーハーネスです。

 

背負いやすいよし!疲れにくくなっていて!

さらには丈夫!!ときたもんだ!!

ぜひ背負って体験してみてください!

(出典:AMAZON)

 

④スッキリ長方形デザイン!!

次にこれ!

スッキリ長方形デザイン

 

もう見たまんまなんですけどオーバーヘッドデイのフォルムがめっちゃ良い!

 

余計なでっぱりや無駄なパーツなどつけずスッキリとしたデザインでまとめられています。

形がしっかりしていると荷物のパッキングもしやすいです。

f:id:thebackpack:20190620174852p:plain

(出典:楽天市場)

 

⑤自立してくれる!

最後にこれです!!

自立してくれる

 

つまりは“倒れない”ということです。

「え?それだけ?」って思った人いると思います。でもね、これ結構大事!!

倒れると中の荷物に衝撃が加わります!

精密機器が壊れるかも!

倒れるとリュックが汚れます!

倒れないことでメリットはたくさんあるんです。

(出典:楽天市場)

 

 

オーバーヘッドデイの残念ポイント

では逆にオーバーヘッドデイの残念なポイントを紹介します。

悪い部分も含めてのレビューですからね(笑)

 

デイパックの悪さも引き継いでる…

 

結局、デイパックとかなり似ているんでデイパックの悪いところも似ているんですよ

僕がデイパックの残念だなと思うポイントは・・・

 

形が崩れやすい…

 

オーバーヘッドデイはできるだけ体に負担がかからないように軽い素材で作られています

そのせいで、荷物を入れないとリュックの形が崩れてしまうんです…

 

「それなら荷物を入れたらいいだけだろうが!」って思う人もいるかもしれませんが

僕的には荷物を入れない状態でもキレイな四角い形をキープしてほしいんですよね…

f:id:thebackpack:20190620174914p:plain

(出典:楽天市場)

▲荷物をこのようにきっちり入れておけば形も崩れません!!

 

 

他の人のレビュー

少しですがネットに転がっているオーバーヘッドデイのレビューを引っ張ってきました。

ダッフルバッグXS(18L)を使っていましたが子供が2人になって荷物が増えショルダーが重くてきつくなったのと、あと少しものが入るといいのになと思い少し大きめの軽いリュックを探していました。ブルータペストリーが品切れになり嘆いていたらルミナスタペストリーが安くなっていて・・・渋々購入してみたら画像で少し見るより暗めの色で案外合わせやすそうな色使い。30パーセントオフだしかなりお買い得でした!1気室で22Lと156cmのママにはちょうどいいサイズ。デイパックやデイアンドハーフとも迷いましたが軽さでオーバーヘッドデイに決めました。ものをパンパンに詰めなければ四角すぎにもならないし背中の部分もしっかりしていて少量の荷物でもくたくたにならないのでいいです。四角の利点としては幼稚園のプレでもらう資料や願書が曲げずに入れられるのでとても使いやすいです。ブルータペストリーが思ったより再入荷が早かったのには驚きましたが・・・( ̄▽ ̄;)

(出典:グレゴリー)

グレゴリーのバックを25年以上様々なモデルを所有しています。20リットルクラスのバックパックは、今までエブリデイを利用していましたが、そろそろ新しいバックパックがほしくなりオーバーヘッドデイを今回購入してみました。

エブリデイは2気室(メインコンパートメントとサブコンパートメント)となりますが、オーバーヘッドデイは1気室(メインコンパートメント)のシンプル設計となるので、総重量も軽くなりさらに、容量も1リットル多く入ります。私は最近散歩など街利用でバックパックを利用することが多いのですが荷物を小分けする必要がないので1気室でも十分な使い勝手となります。

参考として、デイパックはオーバーヘッドデイよりも5g軽く、5リットル多い26リットルの大容量入りますが、このクラスだと30リットルのショルダーブレードを利用しています。

グレゴリーのバックパックの購入ポイントとしては、オーバーヘッドデイは、ショルダーブレード同様にバックパックを床に置かなくても片手で持てる大きなフック(紐)がありますので、チャックの開け閉めや、荷物を出すのに使い勝手がとてもよいので購入する判断の1つです。また、2気室ある30リットルのショルダーブレードか、1気室の22リットルのミニショルダーブレード版としてオーバーヘッドデイを使い分けをしています。

片手で簡単に開け閉めできるチャックの滑り具合、しっかりした縫製、頑丈な生地、いつものごとく文句なしの作りです。ぜひ長く使いたいです。

(出典:AMAZON)

デイパックを愛用していますが、通勤にはよりシンプルで四角い形のオーバーヘッドデイの方が持ちやすいと思います。あと外側のポケットのジッパーはデイパックより横が広く、ポケットのかぶせもないため、こちらの方が断然、開閉がしやすいです。
またポケットの深さもデイパックより深くて使いやすいです。

システム手帳、弁当、水筒、文庫本1、2冊、折りたたみ傘、充電機器などの小物類を入れた小袋を入れていますが、まだまだ余裕があります。

オーバーヘッドデイは通勤メインなので、カジュアルすぎないようにジッパータブはアマゾンで購入したグレゴリーの黒革のものに付け替えました。

バリスティックとも比較しましたが、どうしてもあの素材はおじさんぽく見えてしまい、個人的に好みではありませんでした。バリスティックではない普通のナイロンの方がシンプルにかっこいいと思います。

(出典:AMAZON)

 

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

グレゴリー オーバーヘッドデイ

 

グレゴリーのスクエアリュックが欲しい人にはぜひ購入してほしいリュック

カラーバリエーションも豊富ですし、あなたの相棒にぜひオーバーヘッドデイをどうぞ!

 

グレゴリーのハイクオリティとシンプルさは長年使えるリュックであること間違いなし!

f:id:thebackpack:20190620174954p:plain

(出典:楽天市場)

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

みなさん、こんにちは。ザバックです。 以前の記事で このアーバンアサルトのことを書かせてもらいましたが、 買ってから一年ほど経ったので… 改めて詳しく記事にさせてもらいます。   [ミステリ ...

2

「あっ…今日もグレゴリーのデイパックで出かけるか…」 このセリフを今まで何度つかっただろうかwww (出典:フリークスストア)   グレゴリーの超定番リュック“デイパック”を 1年半使ったの ...

3

みなさん、こんにちは。 以前、一年前に似たような記事をあげさせてもらったのですが 今回は買ってから二年ぐらいが経ちましたので またレビュー記事をあげさせてもらいます。   SONY α7ii ...

4

さぁ! リュック背負って行こうぜ!   さて、今回紹介するのは僕が国内旅行するときにリュックに入れていくモノ一覧を記事にします。 国内旅行といっても日帰りではなく、三泊四日までの荷造りです。 ...

5

今回は任天堂から発売している Nintendo 2DSLLのレビューをいたします 購入してから半年ほどたちました。   なぜSwitchが人気爆発中のこのタイミングで2DSなんて購入したの? ...

-Gregory, リュック, 容量:20L~29L, 形状:ジッパー

Copyright© リュックマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.