marimekko リュック 容量:~19L 形状:ジッパー

マリメッコ コルッテリシティをレビュー!無駄を削ぎ落としたシンプルリュック【リュックレビュー】

    はじめに

    さて、今回紹介するのは…

    マリメッコ コルッテリシティ

    f:id:thebackpack:20190927193404p:plain

    (出典:AMAZON)

    マリメッコと言えばバディというリュックで

    以前にレビューを書かせてもらいましたが

    今回はスクエア型のリュック“コルッテリシティ”の紹介です。

    www.ryukku.site

    ▲こちらがバディのレビュー記事です

    シンプルなフォルムにマリメッコの素材が使われていて、ビジネスやタウンユースなどで使いやすいリュックです。

    まぁ、イメージとしてはマザーズリュックという感じで赤ちゃんの荷物やお母さんの化粧道具が入っているイメージです!!(偏見ですがwww)

    マリメッコとは?

    最初はまず、マリメッコというブランドについて紹介しよう。

    f:id:thebackpack:20190905184738p:plain

    マリメッコはリュックブランドではなくファッションブランドだ!

    1951年設立のフィンランドの会社で色鮮やかなデザインが特徴的。

    僕もよくピンクや黄色の花でデザインされたマリメッコの商品を見る。

    服以外にも食器やインテリア雑貨などを取り扱っており、イメージではFrancfrancに似ている。

    …とここまで説明させてもらったが、リュックに関しては女の子専用などではなく老若男女使いやすいデザインのものも多く、いろいろな人から愛されているブランドだ。

    ぜひ、50年以上続くファッションブランドのリュックに興味をもってほしい。

    f:id:thebackpack:20190905184816p:plain

    (出典:マリメッコ)

    コルッテリシティのスペック紹介

    まずはコルッテリシティのスペックから!

    ラウンドフォルムのバックパック。無駄を削ぎ落としたデザイン。 背面には大きくロゴ刺しゅう入り。 メインのバッグ開口部はダブルジップで開きの調節が可能 。 小物の収納に適してバランスよくレイアウトしています。 PCタブレット用のラップトップもある為、通勤通学などいろいろなシーンで活躍します。

    メイン素材: ポリエステル
    表地: ポリエステル
    収納可能サイズ: 11-20L
    留め具の種類: ファスナー
    タテ43cmxヨコ28cmxマチ13cm
    ポケットの数:5(外側1/内側4)
    重量:550g
    PC収納可

    (出典:Amazon)

    容量はそこまで大きくはないものの、無駄を削ぎ落としたデザインでどこに持っていくにしても使いやすいリュックです。

    f:id:thebackpack:20190927193428p:plain

    (出典:楽天市場)

    コルッテリシティの開封の儀

    では、コルッテリシティの写真を見ながら一つ一つパーツを紹介していきましょう!

    ①外観デザイン

    ではまずは外観デザインから!

    f:id:thebackpack:20190911205108j:image

    ▲前面部

    スッキリとしたデザインで凹凸がありません

    出かけないときは収納しやすい!

    f:id:thebackpack:20190911205055j:image

    ▲側面部

    スクエア型のリュックで自立可能!

    f:id:thebackpack:20190911205111j:image

    ▲背面部

    シンプルな背面部でハンドルはあるもののウエストベルトやチェストストラップはありません

    f:id:thebackpack:20190911205116j:image

    ▲ショルダーハーネスはクッション性が高い

    背面パネルには“marimekko”と縫い付けられています。

    f:id:thebackpack:20190911205105j:image

    ▲ジッパーにも“marimekko”と書かれています。

    ②フロントポケット

    お次はフロントポケットです。

    f:id:thebackpack:20190911205102j:image

    ▲前面部の横ジッパーです。

    f:id:thebackpack:20190911205058j:image

    ▲深いポケットなので10インチのタブレットがすっぽりいい感じで入りました!

    ③メインポケット

    そして、メインポケットです。
    f:id:thebackpack:20190911205053j:image

    ▲ジッパーを全開にするとこんな感じです。

    大きく開きます。

    下の方には溢れ防止の布付き

    f:id:thebackpack:20190911205119j:image

    ▲ペットボトル2リットルが3本ちょうど入ります!

    f:id:thebackpack:20190911205045j:image

    ▲内側にオーガナイザーポケット付き

    機能性が高く、小物類の整理に役立ちます!

    f:id:thebackpack:20190911205124j:image

    ▲オーガナイザーポケットの一番上のジッパーはPCポケットへのアクセス!

    13インチのMacBookも余裕で入ります!

    f:id:thebackpack:20190911205049j:image

    ▲下のジッパーやポケットには小物類を詰め込んでやりましょう!!

    コルッテリシティのおすすめポイント

    ではコルッテリシティのおすすめしたいポイントを紹介します!!

    ①ジッパーがするする動く

    まずはこれ!

    ジッパーがするする動く!

    これは使っていて一番良かったポイントなんですが、コルッテリシティのジッパーは非常に優秀!

    スルスルッと動いて開閉しやすいんです。

    小さなポイントかもしれませんが、リュックを使う上でジッパーは欠かせないポイントです!

    ジッパーはリュックの一番手に触れるパーツと言っても過言ではありません。

    布をよく噛んでしまうとか開閉しにくいジッパーは勘弁してほしいですよね!

    ②内生地のクッション性が良い!

    2つ目はこれ!

    内生地のクッション性が良い!

    これは写真では伝わらないのが残念ですが…

    メインポケットの内側の生地が質が良く、手触りの良い素材で作られています。

    リュックに精密機器など大事なものを入れることが多い人におすすめしたいポイントですね!

    f:id:thebackpack:20190927193508p:plain

    (出典:楽天市場)

    ③自立可能

    3つ目はこれ!

    自立可能

    リュックを床に置いても倒れません。

    ただそれだけのポイントなのですが、自立するリュックは非常にありがたい!

    リュックが倒れると、中の荷物に衝撃が加わる!リュックが汚れる!液状のものが溢れる!などのデメリットがたくさん!!

    ぜひとも自立するコルッテリシティをどうぞ!

    f:id:thebackpack:20190927193525p:plain

    (出典:楽天市場)

    ▲ボトム部がしっかりしているので自立します。

    ④男性でも背負えるデザイン

    そして、最後!

    男性でも背負いやすいデザイン

    マリメッコと言えば、女の子のイメージが強いんですが

    コルッテリシティは男性でも使いやすいデザインです。

    黒の落ち着いたデザインで、見た目的にはIncaseのリュックに似ています。

    スーツにも似合うし、機能性も申し分ない!

    f:id:thebackpack:20190927193559p:plain

    (出典:楽天市場)

    コルッテリシティの残念ポイント

    では、逆にコルッテリシティの残念なポイントも紹介します!!

    もちろん僕の独断と偏見です!!

    ショルダーハーネスをもっと作り込んでほしかった

    僕的に残念なポイントはこれです!

    最高20リットルとそこまで大きなリュックではないのですが、やはりショルダーハーネスはきっちり作ってほしかった…

    タウンユース向きの気軽に使うリュックとしては全く問題ないのですが

    ノートパソコンやカメラなどの精密機器を入れることがある人はやはり重さ的に、このショルダーハーネスでは体に負担がかかるような気がします。

    僕の気にし過ぎかもしれませんが…

    f:id:thebackpack:20190927193627p:plain

    (出典:楽天市場)

    まとめ

    さて、いかがだったでしょうか?

    マリメッコ コルッテリシティ

    マリメッコっぽいリュックではありませんが、スクエア型のリュックらしい機能性や開閉しやすいジッパーなどおすすめポイントもなかなか!

    550gとなかなか軽いリュックですから女の人も背負いやすく、マザーズリュックとしても使えるリュックです。

    f:id:thebackpack:20190927193655p:plain

    (出典:楽天市場)

    • この記事を書いた人

    ザバック

    リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

    おすすめ記事

    1

    みなさん、こんにちは。ザバックです。 以前の記事で このアーバンアサルトのことを書かせてもらいましたが、 買ってから一年ほど経ったので… 改めて詳しく記事にさせてもらいます。   [ミステリ ...

    2

    「あっ…今日もグレゴリーのデイパックで出かけるか…」 このセリフを今まで何度つかっただろうかwww (出典:フリークスストア)   グレゴリーの超定番リュック“デイパック”を 1年半使ったの ...

    3

    みなさん、こんにちは。 以前、一年前に似たような記事をあげさせてもらったのですが 今回は買ってから二年ぐらいが経ちましたので またレビュー記事をあげさせてもらいます。 一年って早いものですねw SON ...

    4

    さぁ! リュック背負って行こうぜ! さて、今回紹介するのは僕が国内旅行するときにリュックに入れていくモノ一覧を記事にします。 国内旅行といっても日帰りではなく、三泊四日までの荷造りです。 “in my ...

    5

    みなさん、こんにちは。 今回は任天堂から発売している Nintendo 2DSLLのレビューをいたします。 購入してから半年ほどたちました。 なぜSwitchが人気爆発中のこのタイミングで2DSなんて ...

    -marimekko, リュック, 容量:~19L, 形状:ジッパー

    Copyright© ゆるゆるリュッカー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.