THE NORTH FACE リュック 容量:20L~29L 形状:ジッパー

THE NORTH FACE シャトルデイパックをレビュー!詰め込めるビジネスリュック【リュックレビュー】

 

はじめに

さて、今回レビューするのは

THE NORTH FACE シャトルデイパック

(出典:GOLDWIN)

 

以前に“シャトルデイパック スリム”をレビューさせてもらいました。

名前のまんまなんですが、シャトルデイパック スリムはシャトルデイパックの細いバージョン!

実は厚さ以外ほぼ同じなんですけど一応レビューさせてください(笑)

▲こっちが“シャトルデイパック スリム”のレビュー!

 

今回はベーシックサイズのシャトルデイパックを紹介します!

シャトルデイパックはノースフェイスから発売しているスクエア型のビジネスリュック!

ビジネスリュックといってもスーツにしか使えないというわけではありません!

自転車やカジュアルにも似合うイカしたリュックなんです!

 

安心と信頼のノースフェイスクオリティのスクエア型リュックをぜひ興味を持ってください!

 

 

THE NORTH FACEとは?

まずはTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)というブランドについて説明します!

f:id:thebackpack:20190329184145p:plain

 

みなさん、ノースフェイスはご存知ですか?

まぁ知ってる人は多いでしょうね!

 

今や大人気アウトドアブランドですもん!

スポーツウェアや登山用品、タウンユース用のリュックやウェアまで様々なものを取り扱っています。

f:id:thebackpack:20190329184210p:plain

(出典:ノースフェイス公式HP)

 

特に街なかを歩いていると…

THE NORTH FACE

とデカデカと書かれた四角のリュックをみかけたことはないでしょうか?

f:id:thebackpack:20190329184442p:plain

(出典:AMAZON)
▲これですwこの背中を見たことはありませんか??ww

このヒューズボックスというリュックが超絶に人気なんですwww

毎日どっかで見かけると言っても過言ではないですよねwww

 

ノースフェイスのリュックはとてもオシャレでかっこよく、ファッションに合わせやすいという特徴もあります。

f:id:thebackpack:20190329184554p:plain

(出典:ノースフェイス公式HP)

 

ノースフェイスは1968年アメリカのサンフランシスコで誕生し

ロゴマークはアルプスの山の形をモチーフにしているそうです。

 

ノースフェイスの創設者の奥さんは…

あの有名なアウトドアブランド“パタゴニア”の創設者だそうです…まじか。

 

まぁそんなことよりも皆さんが知りたいのはノースフェイスのリュックやウェアの特徴ですよね!

 

ノースフェイスのリュックの特徴は…

①スタイリッシュなデザイン

②そこまで高価ではない!

③背負い心地がやべぇwww

という点でしょう!!

 

特に背負い心地はまじでやばい!!

本当にやばい!!!

以前にホットショットとビッグショットというリュックのレビュー記事をかかせてもらいましたが、僕が今まで背負ってきたリュックの中でも3本の指に入る背負い心地の良さです!

本当にやばい!!すごすぎるwww

 

…とまぁそんなノースフェイスのリュックの記事です(笑)

よろしくお願いします!!

f:id:thebackpack:20190329184700p:plain

(出典:ノースフェイス公式HP)
 

 

シャトルデイパックのスペック紹介

ではまずはシャトルデイパックのスペックから紹介していきましょう!

高強度な1050Dのコーデュラバリスティック®ナイロンを使用したデイパックです。ビジネスシーンに違和感ないデザインに仕上げ、成型バックパネルと立体的なショルダーハーネスで背負い心地を向上。センターポケット内の背面側に裏地を追加しパック本体の強度をアップ。大きく開くメインコンパートメントには、収納するアイテムのアイコンをプリントした蛇腹式オーガナイザーを設け、15インチまでのノート型PCや書類、タブレットなどを迷うことなく整理することが可能です。背面にはウィーラーのハンドルに装着できるスリットを装備。クッション性の良い2本のグラブハンドルを設けています。

【Fabric】1050Dコーデュラバリスティック® ナイロン
【Function】デイリーユースに適したデイパックのニュースタンダード/PCや書類、タブレット端末を収納しやすい専用のコンパートメント/シンプルで使いやすいメインコンパートメント/セカンドポケット上部はジッパーつきメッシュポケットとスマートフォン用ポケット/セカンドポケット下部はネオプレーンで仕切られたACCポケット/トップにクッション性の良いグラブハンドル/背面にウィーラーを通せるスリット/成型された背面パネル/パッド入りのフロントフェイス/キークリップ
【原産国】ベトナム
【Weight】1,090g
【寸法】46×29×14cm
【Capacity】25L
(出典:GOLDWIN)

容量も25リットルと使い勝手が良く、弁当や水筒など会社に持って行く人にはちょうどいい容量でしょう!

もちろん丈夫なリュックです!

1050デニールというアウトドアリュックよりも分厚い生地で作られているので長年相棒として外につれだせるでしょう!

(出典:GOLDWIN)

 

 

シャトルデイパックの開封の儀

やはり百聞は一見にしかず!

シャトルデイパックの写真を見ながら1つ1つパーツの紹介をさせてもらいます!

 

①外観デザイン

まずは外観デザイン!大事ですよね

f:id:thebackpack:20191003214619j:image

▲前面部

スッキリとしたデザインで凹凸がありません。

使いやすいシルエットですね!

f:id:thebackpack:20191003214701j:image

▲側面部

厚さがあるので自立可能!

f:id:thebackpack:20191003214610j:image

▲背面部

ショルダーハーネスもシンプルなデザインでスーツにも似合います!

f:id:thebackpack:20191003214617j:image

▲ショルダーハーネスはメッシュ素材で作られています。背面パネルはクッション性の高い素材です!

 

②2つのフロントポケット

シャトルデイパックには2つのフロントポケットがあります!

まずは上部のポケットから!
f:id:thebackpack:20191003214613j:image

▲上部のフロントポケットはジッパーが大きく開くので、モノの出し入れがしやすい!

機能性たっぷりなオーガナイザーポケット付き

f:id:thebackpack:20191003214652j:image

▲フック付き

ピルケースや鍵など貴重品を引っ掛けてやりましょう!

f:id:thebackpack:20191003214642j:image

▲メッシュ製のポケット付き

スマホやモバイルバッテリーなど小物類を整理するのにもってこいです!

f:id:thebackpack:20191003214655j:image

▲クッション性があるポケットも!

電子機器類を入れても安心ですね

f:id:thebackpack:20191003214646j:image

▲ポケット自体の大きさは10インチのタブレットがスッポリ入るぐらい!

f:id:thebackpack:20191003214637j:image

▲下のフロントポケット!

ジッパータイプのポケットです。

f:id:thebackpack:20191003214632j:image

▲漫画の単行本2冊が入ります!

 

③メインポケット

お次はメインポケット、メインコンパートメントです!

このポケットがシャトルデイパックとシャトルデイパックスリムの一番の差です!

厚さが違います
f:id:thebackpack:20191003214628j:image

▲ジッパーが下の方まであるので、パッキングがしやすい!

f:id:thebackpack:20191003214626j:image

▲ペットボトル2リットルが3本入ります!

f:id:thebackpack:20191003214623j:image

▲ノースフェイスとコーデュラナイロン仕様のタグ

目立ちにくいですが迷彩柄の内生地になっています。

 

④背面ポケット

そして、背面側のポケットです。

f:id:thebackpack:20191003214606j:image

▲ジッパーはそこまで大きく開きませんが、クッション性が素晴らしいポケットです!

 

f:id:thebackpack:20191003214650j:image

▲タブレット、ノートパソコンを入れるように
絵が描かれています。

10インチのタブレット、13インチのMacBookが入りました!15インチまでのノートパソコンに対応します!

 

f:id:thebackpack:20191003214658j:image

▲そして、もちろん書類ポケットも!

薄いように見えるポケットですが、結構な厚さのものが入ります!

 

 

シャトルデイパックのおすすめポイント

ではシャトルデイパックのおすすめしたいポイントを紹介します!

 

①すべてのポケットにクッション!

まずはこれ!!

全部のポケットにクッション!

 

シャトルデイパックのポケットはすべてクッション性があります!!

四方八方からのクッションで中の荷物を守ってくれるんです

これは非常にありがたい!ビジネスマンであれば重要書類やノートパソコンなどの精密機器を入れる時に役立ちますね

 

リュックの大事な要素である中の荷物を守るという点に関してはバッチリです!

ちなみにハンドルにさえクッション性あり!

(出典:GOLDWIN)

 

②自立可能!メインポケットに色々詰め込める

2つ目はこれ!

自立可能!メインポケットには色々詰め込める

 

シャトルデイパックは厚さがあるので、自立しますしメインポケットにも厚さがあるので色々と詰め込めます!!

以前レビューした“シャトルデイパックスリム”にはないポイントです。

 

やはり自立するリュックはありがたい!

・リュックが汚れる

・中の精密機器に衝撃が!

・液状の荷物が溢れる

なんていう心配もしなくて良いんです!

やはり厚さがあるのは良い!

(出典:GOLDWIN)

 

③YKKジッパー

3つ目はこれです!

安心と信頼のYKKジッパー

 

シャトルデイパックのジッパーはYKK仕様

丈夫でスルスルッと開閉がしやすいジッパーです。

ジッパーはリュックで一番手に触れるパーツ

使っているうちにありがたさがわかると思います。

 

 

シャトルデイパックの残念ポイント

では逆にシャトルデイパックの残念だと思ったポイントを紹介します。

いいところもあれば、悪いところもありますよね!

でも、正直なところ不満ポイントなんてなかったんですよ(笑)でも強いていうのであれば

 

チェストストラップをつけてほしかった

 

シャトルデイパックの容量はなかなか大きく、ノートパソコンやタブレットを詰め込むとなかなかの重さになります。

チェストストラップとはショルダーハーネスにつけるベルトのことで、重い荷物を背負うときにリュックが後ろに垂れ下がらなくなります。

 

なのでチェストストラップをつけてほしかった

もちろんチェストストラップがなくても背負心地は良いので安心してください。

ノースフェイスのクオリティなので、チェストストラップがなかったとしても背負心地が悪くなるわけではありません。

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

THE NORTH FACE シャトルデイパック

以前紹介した“シャトルデイパックスリム”とほぼ同じでしたが、こちらのリュックのほうが万能で様々な場面で役立ちます。

ビジネスだけでなく、カジュアルや自転車にも使いやすいノースフェイスのリュックはいかがでしょうか??

(出典:GOLDWIN)

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

みなさん、こんにちは。ザバックです。 以前の記事で このアーバンアサルトのことを書かせてもらいましたが、 買ってから一年ほど経ったので… 改めて詳しく記事にさせてもらいます。   [ミステリ ...

2

「あっ…今日もグレゴリーのデイパックで出かけるか…」 このセリフを今まで何度つかっただろうかwww (出典:フリークスストア)   グレゴリーの超定番リュック“デイパック”を 1年半使ったの ...

3

みなさん、こんにちは。 以前、一年前に似たような記事をあげさせてもらったのですが 今回は買ってから二年ぐらいが経ちましたので またレビュー記事をあげさせてもらいます。 一年って早いものですねw SON ...

4

さぁ! リュック背負って行こうぜ! さて、今回紹介するのは僕が国内旅行するときにリュックに入れていくモノ一覧を記事にします。 国内旅行といっても日帰りではなく、三泊四日までの荷造りです。 “in my ...

5

みなさん、こんにちは。 今回は任天堂から発売している Nintendo 2DSLLのレビューをいたします。 購入してから半年ほどたちました。 なぜSwitchが人気爆発中のこのタイミングで2DSなんて ...

-THE NORTH FACE, リュック, 容量:20L~29L, 形状:ジッパー

Copyright© ゆるゆるリュッカー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.