Gregory リュック 容量:20L~29L 形状:ジッパー

【グレゴリー】ターキッツデイ 高スペック2wayホールバッグだった件【リュックレビュー】

【2020/2更新】

はじめに

今回はグレゴリー ターキッツデイのレビューです。

 

円柱型の2way型のリュックでクラシックデザインが目立ちますね!

円柱型のリュックはホールバッグと言います。

リュック好きなのであればホールバッグを1つは持っておくべきだろうと考え手を出してしまいました。

 

f:id:thebackpack:20190121210740p:plain

(出典:AMAZON)

 

ホールバッグはもともと登山用語で、クライミングに使いやすいように作られたリュックですが…

ターキッツデイはタウンユースとして作られていますwww(もちろんハイキングなど軽い登山であれば使えます!)

 

似たような形のリュックはいろんなブランドから出てますが

やはり買うならリュックの大御所!グレゴリーのリュックだと思ったので選びました!

(出典:グレゴリー)

 

グレゴリーとは?

みなさん、GREGORY(グレゴリー)というアウトドアブランドはご存知でしょうか?

アウトドア好きならほとんどの人が知ってるほど超有名ブランドです。

f:id:thebackpack:20181229113928p:plain

 

ロゴを見れば思い出す人もいるのではないでしょうか?

 

僕の周りにもグレゴリー好きな人は多くて十年以上同じリュックを背負い続けているという人も多く、老若男女問わず愛されているブランドですね。

僕もデイパックやデイアンドハーフを使いグレゴリーファンになりました!

 

▲グレゴリーについてまとめました。

 

グレゴリーはアメリカ発祥の1977年から40年以上続くブランド

日常使いから本格的なアウトドアまで様々なリュック(バックパック)を取り扱っています。

 

デザインやクオリティもそうですが...

何よりも『リュックは着るもの』といったコンセプトで背負い心地を特に大切にしています。

人体構造に基づき考え作られています。

 

やはり人気があるということは何かしらの理由があるということ。

ブランドとは【信頼】なのだと僕は考えます。

 

『このブランドなら信頼できる!大丈夫だろう!

そう思わせるリュックを取り扱っているのがグレゴリーなのです!

f:id:thebackpack:20190118220140p:plain

(出典:グレゴリー)

 

 

グレゴリー ターキッツデイのスペック

まずはターキッツデイのスペック紹介から!

 

やはりこのターキッツデイで特徴的なのは2wayとして使える点ではないでしょうか?

時には手提げ!時にはリュック!!場所や状況に応じて使い方を分ける!

ターキッツデイ最大の特徴でメリットでしょう。

ビックウォールでクライミングギアを荷揚げするホールバッグをモチーフにしました。トップ部分は、ジッパー付きで大きく素早く開閉するので、メインコンパートメントを一目で確認できます。背負うもよし、手に持つもよし、シチュエーションに応じて持ち替えられます。

・容量 28L

・大きさ 30cmx46cmx17cm

・重さ 735g
・ジッパーメッシュポケット
・内側オーガナイザー
・手提げにもできる持ち手付き

(出典:GREGORY)

まず驚いてほしいのが28リットルという容量

想像以上によく入る

 

28リットルあれば、教材や弁当、水筒、モバイルバッテリー、衣類、パスケース…

いろいろなものが必要な人でも、泊りがけでなければ対応してくれます。

荷物をあまり必要としない人であれば二泊三日の旅行などは余裕でしょう!

(出典:AMAZON)

 

ターキッツデイの開封の儀

では開封の儀ですね!はじめてのホールバッグというわけではないのですが、さすがはグレゴリーといったクオリティです。

①外観

まずは外観です。ホールバッグなので円柱型のリュック

f:id:thebackpack:20190116224340j:image

▲前面部

こうやってみると手提げ袋に見えますね。シンプルな外観

 

f:id:thebackpack:20190116224328j:image

▲側面部

サイドポケットはありませんが中々の厚さ

 

f:id:thebackpack:20190116224334j:image

▲背面部

ウエストベルトやチェストストラップはありません

とてもシンプルなショルダーハーネス

 

f:id:thebackpack:20190116224345j:image

▲ショルダーハーネスはEVAというグレゴリー特有のクッション性ある素材

背負い心地を良くしてくれます

 

f:id:thebackpack:20190116224355j:image

▲安定のYKKジッパー

最高のYKKジッパーw開閉感が素晴らしい

 

f:id:thebackpack:20190116224359j:image

▲ハンドル

中々しっかりと作られており、持ちやすいように真ん中はボタンで止められています。

 

f:id:thebackpack:20190116224407j:image

▲前面部のど真ん中にはグレゴリーロゴ!

これだけで安心感と信頼性が増します!

 

f:id:thebackpack:20190116224338j:image

▲ボトム部(底部分)

ボトム部はさらに頑丈に作られております。

 

②トップポケット

次にトップポケットです。上部についているポケット

f:id:thebackpack:20190116224331j:image

▲トップポケットのジッパーもYKK仕様!

 

f:id:thebackpack:20190116224414j:image

▲漫画一冊入れるとこんな感じです!

財布やスマホを入れましょう!

 

③メインポケット

お次はメインポケット。メインポケットもジッパー製です。もちろんYKK!!

f:id:thebackpack:20190116224411j:image

▲ペットボトル2リットル3本でこれぐらい

 

f:id:thebackpack:20190116224351j:image

▲何もないとこんな感じです。シンプルそうですが機能性は十分!

 

f:id:thebackpack:20190116224348j:image

▲すいませんめちゃブレていますがwww背面部側はPCスリーブになっています。

 

f:id:thebackpack:20190116224402j:image

▲13インチのMacBookも入ります!

 

f:id:thebackpack:20190116224417j:image

▲反対側はメッシュ生地のポケット

持ち手は布製ですね!

 

f:id:thebackpack:20190116224423j:image

▲財布を入れるとこんな感じです。小物類を入れれば良い

 

 

ターキッツデイのおすすめポイント

ではターキッツデイ 2wayホールバッグのおすすめポイントの紹介です。

このブログでは何度か書いているのですが、僕は旅行かタウンユースメインです。

 

①ホールバッグなので詰め込みやすく取り出しやすい!

初めてホールバッグを使用したのですが…

詰め込みやすく取り出しやすい!!

 

まず1つ目に使っていて感じたのがコレです。

この円柱型のリュックなんですが、本当にモノをポンポン詰め込んでいって、必要な時はジッパーをガバっと開けて取り出す!!

これが本当にリュックに必要な要素の1つかもしれないと思った今日この頃ですwww

 

f:id:thebackpack:20190121210805p:plain

(出典:楽天市場)

 

②ワクワクさせてくれるリュックデザイン!そしてグレゴリークオリティ!

僕がこのリュックで一番気に入ったポイントです。

それは…

ワクワクさせてくれるデザイン

 

やっぱり毎日背負うものであればデザインはマジで大切!

カッコ悪いリュックはやっぱり背負うときに戸惑いますよね…

 

旅人感が出ていて、本当にカッコいいwww特に夏のほうが似合いそうwww

そして安定のグレゴリークオリティ!!丈夫でクラシック!

機能性もよく老若男女問わず長年使えるデザイン!

(出典:楽天市場)

▲ボトム部分ですが、こういったデザインも他のリュックには無いこだわり!

 

③2wayが想像以上に便利www

僕、最初このリュックが2wayであることを知っていたんですが…

「どうせ手提げとか使わんやろwww」とか思ってたんです。

でもね……

2wayが想像以上に便利www

 

本当に便利すぎる!!素晴らしいです!!

トイレに入る時!狭い店内に入る時!肩から下ろす機会って結構あるんですよね…

特に満員電車の中とか本当に役立ちますwww

2wayを今までバカにしてすいませんでした!

f:id:thebackpack:20190121211012p:plain

(出典:楽天市場)

 

 

ターキッツデイの微妙なポイント

では僕にとってターキッツデイの微妙なポイントとは…

 

手提げの持ち手部分のボタンをいちいち外さないとメインポケットを開閉できない!!

これが本当に面倒くさい!!

f:id:thebackpack:20190116224506j:image

▲この持ち手部分についているボタン!

 

このボタンをしっかり留めることができるんですが、留めるとメインポケットを開閉できない!

この持ち手部分の下にメインポケットのジッパーがあるのでどうしても持ち手部分が邪魔なんですよ!!

 

…まぁこのボタンを留めなかったら何も問題はないのですが…ねwww

でもせっかくついている立派なボタンの活用性が低くなっているのは残念です。

(出典:楽天市場)

 

こんな人にターキッツデイをオススメしたい!

では…このターキッツデイをどんな人におすすめしたいか?というと…

ノースフェイスのヒューズボックスが大きいと感じる人

 

ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヒューズボックス

あのリュックを背負うにも大きいから身体の体格と合わせづらいという人にうってつけです!

▲これがヒューズボックスです。

 

このヒューズボックスは色んな人が背負っています。

大きいことはいいことなんですが…

小柄な人だと小学生のランドセルになりかねないんですよね…

なので、そんな人たちにはヒューズボックスと似たような形をしているこのターキッツデイをぜひ背負っていただきたい!

(出典:ZOZOTAWN)

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

グレゴリー ターキッツデイ

 

僕的にはデザインとモノの取り出しやすさはピカイチだと思っています。

それに加え、グレゴリークオリティです。

グレゴリーは信頼にあたいするブランドです

グレゴリーのターキッツデイを背負ってみてください!

f:id:thebackpack:20190121210820p:plain

(出典:楽天市場)

広告

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

【2020/2更新】   やっぱアーバンアサルトが最強だわww (出典:AMAZON)     ▲アーバンアサルトと喜びの舞!   あっ、すいません。思ってたこ ...

2

目次1 はじめに2 グレゴリー3 ミステリーランチ4 THE NORTH FACE5 チャムス6 アークテリクス7 バートン8 コールマン9 カリマー10 ミレー11 ニクソン12 パタゴニア13 ス ...

3

目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 デイアンドハーフのスペック紹介4 デイアンドハーフを改めて開封の儀4.1 ①外観デザイン4.2 ②メインポケット5 デイアンドハーフのおすすめポイント5.1 ① ...

4

【2020/3更新】   今回、紹介するのは・・・ リュックにつけるキーホルダー   大した内容ではないのですが書きたいと思ったので書きましたwww さて、みなさんはリュックやバッ ...

5

【2020/3更新】 目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 テールメイトSとXSのスペック比較4 テールメイトSとXSを比較しながら開封の儀4.1 ①外観4.2 ②メインポケット4.3 ③フロントポ ...

-Gregory, リュック, 容量:20L~29L, 形状:ジッパー

Copyright© リュックマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.