ゆるゆるリュッカー

リュックとカメラと旅が好きな大阪のアラサー。世界一周してぇ

【ホグロフス】TORSANG トーソン!!ホグロフスの原点のリュックをレビュー!【リュックレビュー】

みなさん、こんにちは。ザバックです。

花粉が・・・きつすぎる・・・

 

 

はじめに…

さて、今回はホグロフスのトーソンというリュックをレビューします!

 

トーソンは長い歴史があるホグロフスの昔からあるデザインを採用しているそうで、ホグロフスの代表的なデイパックです。

f:id:thebackpack:20190304203948p:plain

(出典:AMAZON)
 

フック式のオーバーフラップ式のリュックです。

容量は20リットルですが、オーバーフラップ式なので詰め込めばそれ以上の容量を詰め込めます。

 

ホグロフスとは…

みなさん、ホグロフスはご存知でしょうか?

めちゃくちゃ有名というわけではないのですがアウトドアブランドの中ではメジャーな方です。

f:id:thebackpack:20190225175054p:plain

 

ホグロフスは1914年にスウェーデンで設立されました。

設立者の名前は“ホグロフさん”できっとここから名前をとったんでしょうね。

 

農作業小屋でバックパックの製作を始めたのがスタートだそうです。

小さなスタートですが、今となっては世界中で使われてるブランドだと思うとすごいですね。

 

製品名の多くは自然やアウトドアアクティビティに関連しているそうで、この伝統は今でも受け継がれているそうです。

リュックの名前も自然などに関連しているものだそうです。

f:id:thebackpack:20190225204245p:plain

(出典:ホグロフス)

 

 

現代のHAGLÖFS製品の特徴は、創立以来ヴィクトル・ホグロフが会社の基盤としてきたもので、優れた品質と、素材の選択の重視高い耐久性を持った堅牢な作りが、ホグロフスの中核的価値観となっています。

 

2010年にアシックスに買収され現在では子会社となっています。

 

僕の中のホグロフスのイメージはリュックではなくウェアですね。

服によくホグロフスのロゴがあるのを目にします。

 

「環境をTake Careする」をモットーに

エコで長年使用できるような丈夫なリュックを製作しています。

 

多くの登山家やキャンパーに愛されているブランドですね。

f:id:thebackpack:20190225175300p:plain

(出典:ホグロフス)

 

ホグロフス トーソンのスペック紹介

ではまず、トーソンのスペックから紹介させてもらいます。

HAGLOFSの原点ともいえる、伝統的なデザインを採用したデイパック。 摩耗性のある素材を使い表面をマットに仕上げ、高品質な天然皮革を部分的にあしらった、都会的なデザインが光ります。 タウンユースはもちろん、週末のハイキングにも連れ出したい、長く使える逸品です。

(出典:Amazon)

 

表地: ナイロン
サイズ: 20L
大きさ:タテ53cmxヨコ30cmxマチ16cm
重量:740g
フック付き

f:id:thebackpack:20190304204437p:plain

(出典:ZOZO)
 

とてもベーシックなリュックですね!

 

ホグロフス トーソンの開封の儀

では次にトーソンの開封の儀を書かせてもらいます!

①外観

f:id:thebackpack:20190223102926j:image

▲前面部。とてもシンプルな外観をしていますね!スタイリッシュです!

真ん中のベルトを引っ張ることできつく閉めることができます!


f:id:thebackpack:20190223102918j:image

▲側面部。ボトム部はしっかりとしているので自立してくれます!


f:id:thebackpack:20190223102915j:image

▲背面部。チェストストラップがついています。


f:id:thebackpack:20190223102943j:image

▲背中から肩にかけてクッション性に長けているショルダーハーネス!


f:id:thebackpack:20190223102959j:image

▲ロゴ!シンプルでかっこいい!!


f:id:thebackpack:20190223102911j:image

▲革製のハンドルです!とてもしっかりしているので荷物がいっぱいに入っていても、ちぎれることはなさそうです!

 

②フロントポケット

つぎにフロントポケットです。

f:id:thebackpack:20190223103041j:image

▲トーソンのフロントポケットは2つついています!革でできた持ち手がおしゃれ!


f:id:thebackpack:20190223102929j:image

▲一つのポケットにスマホと財布が入るので十分なフロントポケットです!

 

③メインポケット

お次はメインポケットです。
f:id:thebackpack:20190223102922j:image

▲フック式ですが、このフックはしっかりとしており勝手に外れたりはしなさそうです!


f:id:thebackpack:20190223102950j:image

▲開けるとこんな感じです!


f:id:thebackpack:20190223102907j:image

▲ボタンを外すと少しだけポケットの口に余裕が生まれます!

入れる荷物の量によって使い分けましょう!


f:id:thebackpack:20190223102954j:image

▲メインポケットに入る量はペットボトル2リットルが3本ぐらい。


f:id:thebackpack:20190223102939j:image

▲とても見にくくて申し訳ないのですが、メインポケットの中にはジッパーポケットがついており中にはフックもついています。

良くも悪くもメインポケットの奥底についているのであまり使うことのないものを入れておいたほうが良さそうです!


f:id:thebackpack:20190223102933j:image

▲PCスリーブもついており、クッション性が素晴らしいです!

 

ホグロフス トーソンのおすすめポイント

では僕が感じたトーソンのおすすめしたいポイントの紹介です!

①クッション性が素晴らしい!

トーソンに限らず、ホグロフスのリュックに、言えることなのですが…

 

クッション性が素晴らしいです!

 

見た感じ大したことはなさそうなのですが、ボトム部やPCスリーブ部分のクッション性は素晴らしいです!

f:id:thebackpack:20190304204524p:plain

(出典:ZOZO)


 

②生地が硬くしっかりしています!

トーソンを触っていて最も感じたポイントは…

 

生地が硬くしっかりとしています!

 

摩耗性のある素材を使い表面をマットに仕上げているので、とても高級感があります。

やわな使い方では壊れたりしないでしょう!

 

f:id:thebackpack:20190304204613p:plain

(出典:ZOZO)

 

ホグロフス トーソンの残念ポイント

では逆にトーソンの残念ポイントの紹介です…

これは僕が神経質なだけなのでみなさんはそうじゃないとおもうんですが…

 

メインポケットからモノが落ちそうに感じる…

 

このフラップオーバー式のリュックはドローコードでもなければ、ジッパー式でもありません。上蓋をカパッとかぶせてフックで引っ掛けるだけ…

 

僕が神経質なだけかもしれませんが、中の荷物が落ちそうな気がして仕方がないんです…

実際は使っていて全然モノが落ちる気配なんて微塵もないのです!!

 

ただ気になって仕方がない…それだけです。

f:id:thebackpack:20190304204653p:plain

(出典:ZOZO)

 

 

まとめ

さて、いかがだったでしょう?

ホグロフス トーソン!

 

ホグロフスの原点とも言えるトーソンは100年以上も続く立派なリュックです。

20リットルという使いやすい容量で、クッション性にも長けているのでタウンユースとしても使えますし

分厚いショルダーハーネスで旅行へ行くことも可能です!

f:id:thebackpack:20190304204742p:plain

(出典:ZOZO)

 

 

ホグロフスの他のリュックの記事

他にも色々レビューさせてもらっています。

よければご覧になってください!ぜひあなたの相棒探しに!!  

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site