KELTY リュック 容量:20L~29L 形状:フラップオーバー

ケルティ ヘリテージパック!カッコ可愛い70年代デザイン【リュックレビュー】

はじめに

さて、今回紹介するのは…

ケルティ ヘリテージパック

(出典:AMAZON)

 

ケルティのフラップオーバー型リュックです。

フラップオーバーは機能性が高い雨蓋と荷物を詰め込めるフォルム!そしてケルティの70年代デザインが特徴的!

カッコいいし!可愛いリュックなので男女ともに背負えるバックパックになっています。

 

色はオリーブドラフ!濃い緑色ですが超オススメしたいカラーです!かっこよすぎるw

フラップオーバー式のリュックはあまり見かけないタイプなので、ぜひ変わったフォルムのリュックが欲しい人は興味を持って欲しいです!

 

ケルティとは?

みなさん、ケルティは知っていますか?

f:id:thebackpack:20190611185045p:plain

 

正直、僕はケルティと言えば・・・

ケルティ デイパックというリュックしかないイメージです(笑)

▲ウエストバッグも少し見かけたことはありますが、やはりこのデイパックのイメージが強い

 

ケルティは1952年、南カリフォルニアでディック・ケルティさんが作ったブランドです。

自分の名前をブランド名にする人おおいですよね…(笑)

 

今のリュックのほとんどについているウエストベルトは、ケルティさんが発明したもの

ブランドの歴史を読むと、最初は29個のリュックを作り上げて売っていたとか…すごいですね

 

ケルティは、女の人にもとても人気!

シンプルで70年代っぽいデザインが可愛いので街なかで見かけます。

 

f:id:thebackpack:20190611185221p:plain

(出典:楽天市場)

 

 

ヘリテージパックのスペック紹介

ではまずはヘリテージパックのスペックから紹介します!

KELTYの原点にしてバックパックの原点、フレームパックをモチーフにしたデイパックです。
最大の特徴は大きなフラップ
ストラップを長めにしてあるので、中身が多く、膨らんでしまっても、しっかりと閉めることができます。(以下略)

 

原産国/地域: フィリピン
表地: ナイロン(コーデュラ)100%
収納可能サイズ: A3サイズ収納可能
留め具の種類: テープバックル
タテ48cmxヨコ33cmxマチ17cm
ポケットの数:6(外側5/内側1)
重量:540g

(出典:Amazon)

容量は28リットル!

注目してほしいスペックは…

・かっこいいオーバーフラップ式

・540gという軽さ

・500デニールのコーデュラナイロン

 

何より注目してほしいのはやはりデザイン!

めちゃ良くないですか!?

僕、このリュックにはまじで一目惚れでしたよ!!

(出典:楽天市場)

 

ヘリテージパックの開封の儀

ではヘリテージパックの写真をみながら一つ一つパーツの紹介をさせてもらいます!

百聞は一見にしかず!!

 

①外観デザイン

フラップオーバー式

f:id:thebackpack:20200206123132j:image

▲前面部

大きな雨蓋布とロゴが目立ちますね!

f:id:thebackpack:20200206123044j:image

▲側面部

サイドポケットとサイドベルト付

このベルトでリュックの厚さを調節可能!

f:id:thebackpack:20200206123035j:image

▲背面部

シンプルな背面側!

f:id:thebackpack:20200206123127j:image

▲ショルダーハーネスには“EVA”というクッション内蔵!

肩への負担を減らしてくれます。

f:id:thebackpack:20200206123117j:image

▲ケルティのロゴ

f:id:thebackpack:20200206123051j:image

▲コーデュラナイロン仕様のタグ

 

②雨蓋ポケット

お次は雨蓋ポケットです。

呼び方がわからなかった(笑)

f:id:thebackpack:20200206123120j:image

▲雨蓋布についているジッパーポケット

f:id:thebackpack:20200206123059j:image

▲なかなか深いポケットでスマホやデジカメを入れてもスッポリ!!

f:id:thebackpack:20200206123056j:image

▲オレンジ色のフック付き!

鍵やパスケースやピルケースなどをひっかけておきましょう!

f:id:thebackpack:20200206123032j:image

▲大きさは漫画の単行本2冊入れてもまだまだ余裕

 

③2つのフロントポケット

お次は2つのフロントポケット!

フロントポケットは雨蓋布の下にあります!

f:id:thebackpack:20200206123123j:image

▲まずはバックルを取り外します!

f:id:thebackpack:20200206123129j:image

▲雨蓋布を上げるとこんな感じ!

2つのフロントポケットがあります!

f:id:thebackpack:20200206123113j:image

▲まずは下のフロントポケットから!f:id:thebackpack:20200206123105j:image

▲スマホや手帳が良い感じに入ります!

f:id:thebackpack:20200206123041j:image

▲上のフロントポケットのほうが少し大きめ!
f:id:thebackpack:20200206123109j:image

▲漫画の単行本1冊がすっぽり!f:id:thebackpack:20200206123047j:image

▲スマホ、手帳、デジカメが入りました!

 

④メインポケット

そして、メインポケットです!

フラップオーバーのメインポケットはめっちゃ入ります!!

f:id:thebackpack:20200206123038j:image

▲内部はとてもシンプル!

f:id:thebackpack:20200206123103j:image

▲サイドにボタンがあるので、大きく広げたいときは外しましょう!

f:id:thebackpack:20200206123136j:image

▲ペットボトル2リットルを3本いれても余裕!

f:id:thebackpack:20200206123143j:image

▲ファイルやノートパソコンを入れるための仕切り付き

 

f:id:thebackpack:20200206123053j:image

▲13インチのMacBookが余裕です!

最高16インチまでのノートパソコンやA4ファイルが入ります!

f:id:thebackpack:20200206123138j:image

▲側面部のジッパーからメインポケットへのアクセス可能!

 

 

ヘリテージパックのおすすめポイント

では、ヘリテージパックのオススメしたいポイントを紹介します!!

 

①EVA仕様ショルダーハーネス

まず1つ目はこれ!

EVA仕様ショルダーハーネス

 

ヘリテージパックのショルダーハーネスには10mmのEVAが入っています!

EVAとは耐衝撃性、弾力性、柔軟性、耐久性に優れる素材

肩への負担を減らしてくれる頼もしいやつです!

(出典:AMAZON)

 

②ボトム部にクッション

2つ目はこれ!!

ボトム部にクッション性

 

ヘリテージパックのボトム部、つまり底部分にはクッション内蔵!

つまり、ヘリテージパックに荷物をポンポン入れていっても!クッションがあるのでモノが壊れにくいということ!

 

めちゃ心強いポイント!

“中の荷物をしっかり守る”というリュックの役割をしっかりと守ってくれます!!

 

③ジッパースルスル!

3つ目はこれ!

ジッパースルスル!!

 

ヘリテージパックのジッパーは、とても開閉しやすい!

YKK仕様なので丈夫!!シンプルですがとても重要ポイント!!

 

ジッパーはリュックの中で一番手に触れるパーツ!

そのジッパーがストレスフリーなのは非常にありがたい

(出典:楽天市場)

▲KELTYロゴ入り

 

④16インチまで入る仕切り

4つ目はこれ

16インチまで入る仕切り

 

メインポケットの仕切りなんですが、こいつがめちゃでかい!!

最近16インチのMacBookを購入したんですが、カバーに入れた状態でもスッポリと入ってくれます!!

 

A4サイズはもちろん入るので、大きめの教科書や本を持ち運ぶ人にもオススメしたいリュック

(出典:楽天市場)

 

⑤カッコ可愛いデザイン

5つ目はこれ!!

カッコ可愛いデザイン

 

ヘリテージパック…めちゃデザイン良くないですか?(笑)

僕めちゃくちゃ良いデザインだと思うんですよ!

旅人リュックみたいなフラップオーバー式で、カジュアルにも似合うデザイン!

しかも男女共に似合う大きさやフォルムも良い。

 

やっぱりリュックって身につけるものなのでデザインはとても重要です。

 

 

ヘリテージパックの残念ポイント

では逆にヘリテージパックの残念だなぁと感じたポイントを紹介します。

もちろん僕の独断と偏見です!!

 

サイドジッパーが小さい…

 

ヘリテージパックのサイドジッパーなんですが…小さいんです。

サイドジッパーはメインポケットへのアクセスとして使われるジッパーですが…

13インチのMacBookはサイドから出し入れできました。

 

ですが、大きめの本や16インチのMacBookは出し入れが非常にしづらい…

せっかく大きなモノを入れられるメインポケットなのに、サイドジッパーから出し入れがしにくいのは非常に残念…

 

「でも私は、そこまで大きなモノはリュックに入れないかな?」って人には問題ないポイントです!

 

f:id:thebackpack:20200206123203j:image

▲13インチのMacBookなら余裕!!

 

(出典:楽天市場)

 

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

ケルティ ヘリテージパック

 

ケルティといえば、デイパックが有名ですが…▼

僕はこのヘリテージパックのほうをおすすめします!

他のリュックにはない大きな雨蓋布で差別化ができるし、容量も28リットル!

一泊二日の旅行にも使える大きさ!

 

ぶっちゃけて言うと・・・

フラップオーバー式のリュックで1番オススメしたい製品です(笑)

(出典:楽天市場)

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

みなさん、こんにちは。ザバックです。 以前の記事で このアーバンアサルトのことを書かせてもらいましたが、 買ってから一年ほど経ったので… 改めて詳しく記事にさせてもらいます。   [ミステリ ...

2

「あっ…今日もグレゴリーのデイパックで出かけるか…」 このセリフを今まで何度つかっただろうかwww (出典:フリークスストア)   グレゴリーの超定番リュック“デイパック”を 1年半使ったの ...

3

みなさん、こんにちは。 以前、一年前に似たような記事をあげさせてもらったのですが 今回は買ってから二年ぐらいが経ちましたので またレビュー記事をあげさせてもらいます。   SONY α7ii ...

4

さぁ! リュック背負って行こうぜ!   さて、今回紹介するのは僕が国内旅行するときにリュックに入れていくモノ一覧を記事にします。 国内旅行といっても日帰りではなく、三泊四日までの荷造りです。 ...

5

今回は任天堂から発売している Nintendo 2DSLLのレビューをいたします 購入してから半年ほどたちました。   なぜSwitchが人気爆発中のこのタイミングで2DSなんて購入したの? ...

-KELTY, リュック, 容量:20L~29L, 形状:フラップオーバー

Copyright© リュックマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.