ゆるゆるリュッカー

リュックとカメラと旅が好きな大阪のアラサー。世界一周してぇ

【グレゴリー】マイティーデイをレビュー!!デイパックの弱点を克服したバックパック!【リュックレビュー】

みなさん、こんにちは。ザバックです。

最近カメラを持ち歩けてないです(泣)

 

 

 

はじめに…

さて、今回はリュックの王道ブランド!

グレゴリー マイティーデイをレビューします!

 

最近発売したグレゴリーの新リュックで

一言で言うのなら…

“デラックスなデイパック!”といったところです。

f:id:thebackpack:20190516190339p:plain

(出典:AMAZON)
 

グレゴリーの超人気商品である“デイパック”ととても似ているのですが

デイパックの少し物足りないポイントを埋めてくれたリュックが…

このマイティーデイなのです!

 

デイパックはシンプルながらに良いリュックだと思うのですが、機能面に関しては少し物足りないポイントもあります。

以前にデイパックについてはレビューしているのでまた見てみてください!

www.ryukku.site

 

 

グレゴリーとは?

みなさん、GREGORY(グレゴリー)というアウトドアブランドはご存知でしょうか?

アウトドア好きならほとんどの人が知ってるほど超有名ブランドです。

 

f:id:thebackpack:20181229113928p:plain


 

ロゴを見れば思い出す人もいるのではないでしょうか?

僕の周りにもグレゴリー好きな人は多くて十年以上同じリュックを背負い続けているという人も多く、老若男女問わず愛されているブランドですね。

 

僕もデイパックやデイアンドハーフを使いグレゴリーファンになりました!

 

www.ryukku.site

▲グレゴリーについてまとめました。

 

グレゴリーはアメリカ発祥の1977年から40年以上続くブランドで日常使いから本格的なアウトドアまで様々なリュック(バックパック)を取り扱っています。

 

デザインやクオリティもそうですが、

何よりも『リュックは着るもの』といったコンセプトで背負い心地を特に大切にしています。

人体構造に基づき考え作られているそうですよ。

 

やはり人気があるということは何かしらの理由があるということ。

 

ブランドとは【信頼】なのだと僕は考えます。

『このブランドなら信頼できる!大丈夫だろう!

そう思わせるリュックを取り扱っているのがグレゴリーなのです!

f:id:thebackpack:20190118220140p:plain

(出典:グレゴリー)

 

 

マイティーデイのスペック

ではまずはマイティーデイのスペックから紹介していきます!!

デイパックのデザインをそのままに、容量と機能を追加した。デラックスなデイパックです。大容量に加えシューズ用コンパートメントやサイドポケットを備えたおかげで、日常使いからちょっとした出張や旅行まで幅広く対応できる強い味方です。PC専用コンパートメントを備えているので、仕事の後のジム通いにも最適です。

 

・ジッパー開閉のメインコンパートメント
・斜めに切られたジッパー付きフロントポケット
・小さくばらつきがちなアイテムの収納に便利な内部のジッパー式メッシュポケット
・内部のドキュメント用スリーブ
・小物の収納に便利なジッパー付きサイドポケット
・背面から直接アクセスできるPC専用コンパートメント
・シューズなどの収納に便利な独立したボトムコンパートメント

(出典:グレゴリー)

 

そして、マイティーデイの容量は30リットル。重さは950gです。

 

デイパックの基本的な性能をおさえつつ

「あったらいいな」と思える機能を付け加えたリュックです!!

f:id:thebackpack:20190516190415p:plain

f:id:thebackpack:20190516190427p:plain

(出典:楽天市場)


 

 

マイティーデイの開封の儀

では次にマイティーデイの画像を見ながら

一つ一つのパーツを見ていきます!!

①外観

まずは外観からです!!

f:id:thebackpack:20190420143326j:image

▲前面部。ディアドロップ型のリュックです。

グレゴリーのディパックとはうり二つです!


f:id:thebackpack:20190420143357j:image

▲側面部。サイドポケットなどはありませんがきちんと自立してくれます!


f:id:thebackpack:20190420143313j:image

▲背面部。チェストストラップとウエストベルトも完備されています。


f:id:thebackpack:20190420143401j:image

▲ショルダーハーネス。

グレゴリーならではの“EVA”というクッションを使っていて背負心地をよくしています!


f:id:thebackpack:20190420143309j:image

▲つけやすく外しやすいチェストストラップ!


f:id:thebackpack:20190420143328j:image

▲ウエストベルトはしまうことも可能です!

重い荷物を入れているときは装着しましょう!

 

②背面ポケット

お次は背面ポケットです。

これはマイティーデイにしかないポケット!

PC専用コンパートメントという名前ですが

書類なども入ります!

 

f:id:thebackpack:20190513062123j:image

▲背面部にある縦ジッパーです。


f:id:thebackpack:20190420143352j:image

▲大きめの本だって入ります。

 

③小物ポケット

ジッパーつきサイドポケットです。

これもマイティーデイにしかありません!

小物を入れられる程の大きさしかありませんがいざという時にとても役に立ちます!


f:id:thebackpack:20190420143316j:image

▲側面部にある縦ジッパーです。


f:id:thebackpack:20190420143306j:image

▲スマホや財布などがぎりぎり入る大きさです。

一番良く使うものを入れましょう!

 

④メインポケット

メインポケットです!

30リットルのリュックなので相当入ります!

日常使いでは十分ですし旅行にも使えます!


f:id:thebackpack:20190420143323j:image

▲全開にするとこんな感じです。

ジッパーが下まで開くのでモノの出し入れがしやすい!


f:id:thebackpack:20190420143348j:image

▲ペットボトル2リットルが6本も入ります!


f:id:thebackpack:20190420143336j:image

▲中にはクッション性はありませんが、書類やノートPCの仕切りがあります。


f:id:thebackpack:20190420143332j:image

▲メインポケット内には超役立つメッシュポケットも!


f:id:thebackpack:20190420143320j:image

▲スマホや財布を入れましょう!中にはフックもついているのでカギやピルケースなど大事なものを引っ掛けましょう!

 

⑤フロントポケット

フロントポケットです。大きくはありませんが貴重品を入れておくといいでしょう!
f:id:thebackpack:20190420143304j:image

▲ジッパー全開だとこんな感じです。

あまり大きくは開きません。


f:id:thebackpack:20190420143339j:image

▲漫画一冊入れるとこんな感じ!

 

⑥ボトムポケット

最後はボトムポケットです。

つまり底にあるポケットです!
f:id:thebackpack:20190420143342j:image

▲デイパックに下にくっついているポケットですね。


f:id:thebackpack:20190420143345j:image

▲なんとなんと!

2リットルのペットボトルが2本入りますよ!!

 

マイティーデイのおすすめポイント

ではお次にマイティーデイのおすすめポイントの紹介です!!

 

①開閉しやすいジッパー!

まずはこれ!!

開閉しやすいジッパー!!

 

ジッパーは“リュックの中で一番手にするパーツ”なんです。

そのジッパーが開閉しやすいっていうのは本当にストレスフリー!!

小さな点ですが、本当に大事なポイントなんです!!

 

グレゴリーのリュックに使用されているジッパーは素晴らしいです!!

f:id:thebackpack:20190420143422j:image

▲大きめのYKKジッパーです!

信頼度ばつぐん!!

 

②背負いやすいショルダーハーネス

お次はこれです!

背負いやすいショルダーハーネス!!

 

リュックを使うにあたって大事な要素のうちのひとつ“背負いやすさ”

もちろんリュックの王道ブランドであるグレゴリーは、背負いやすさという点においても妥協は無し!
f:id:thebackpack:20190420143426j:image

▲見てください!この分厚いショルダーハーネス!最高ですよね!!

 

③ボトムポケットが意外にも便利!

お次はこれです!

ボトムポケットが意外にも便利!!

 

普通のデイパックにはついていないボトムポケットです。

このボトムポケットはクセはありますが使いこなすととても便利なポケットです!!

 

このボトムポケットには服や靴などを入れると役立ちます。

やはりリュックの一番底に入れるものなので

精密機器などは入れるべきではありません。

服などかさばるものを入れるべきです。

 

ちなみに服を入れることによってリュックの底にクッション性が生まれるので一石二鳥なのです(笑)

 

旅行のときにはボトムポケットは超絶役に立ちます!!

f:id:thebackpack:20190516190507p:plain

(出典:グレゴリー) 

 

④「あったら嬉しい!」機能が全て揃ってる

なんか、まとめみたいなことを言ってしまうと…

「あったら嬉しい!」そんな機能性が詰まっているリュックです!!

 

側面部にある小物ポケット

服を入れるのに役立つボトムポケット

メインポケット内のメッシュポケット

背負いやすさ

しまえるウエストベルト

 

…言い出したらきりがないのですが

本当にかゆいところにすべて手が届くリュックです!!

 

f:id:thebackpack:20190516190534p:plain

(出典:グレゴリー) 

 

⑤軽い!!

そして、次にこれです!

軽い!!

 

シンプルなポイントですが、これまたリュックにとっては重要ポイント!!

950gなんです。

 

30リットルでここまでの機能性があるのなら

軽い方です!!(めちゃ軽いというわけではない)

 

リュックは背負うものです。

やはり中の荷物にかかわらずリュック自体が重いと身体に負担がかかります。

 

長時間背負うなら尚更です!

リュックにとって“軽さは正義!”なのです。

 

⑥融通がきく生地

最後にこれです!

これはグレゴリーの他のリュックにも言えることなのですが…

融通がきく生地!

 

「は?融通がきく生地ってなんやねん」

って思った人いると思います。

つまり、様々な荷物を入れるのに適しているということです。

 

このマイティーデイのリュックの生地は柔らかい。

本当にメリット、デメリット両方あるのですが

そのおかげで色々な形をしたモノを詰め込みやすいんです!!

 

逆に、生地がしっかりしていて融通がきかないリュックは中の荷物をリュックの形に合わして詰め込まなくてはいけません。

 

※生地が柔らかい≠もろい

 

 

 

マイティーデイの残念ポイント

では逆にマイティーデイの残念ポイントの紹介です!!

僕的マイティーデイの残念ポイントは…

 

ボトムポケットに何も入れないとメインポケットの底がゴワつく…

 

といったポイントです。

メインポケットの下にボトムポケットがあるのですが

ボトムポケットに何も入れないと、メインポケットとボトムポケットの仕切りである布がすごい余ります。

メインポケットの底に変な布が入っているみたいです。

 

こういったリュックだと仕切り布をとっぱらえる商品もあるのですがマイティーデイは仕切り布を取り外すことはできません。

 

 

まぁだからボトムポケットには常に荷物を入れておいたほうがいいかもしれませんね!!

f:id:thebackpack:20190420143436j:image

▲わかりづらいですが布がゴワついています。

 

 

マイティーデイはこんな人に背負ってほしい!

ではここまでいろいろ説明しましたが

マイティーデイはどんな人に背負ってほしいのか?というと…

 

リュック1つで旅行に行きたい人!!

 

ですね。

本当にこのリュックの機能性は素晴らしい。

サイドポケットやボトムポケットなどいざという時に役立つ機能が盛りだくさん!!

 

グレゴリーのデイパックやデイアンドハーフでも旅行にはいけると思うのですが、もう一つ機能性にかけるような気がします。

 

 

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

グレゴリー マイティーデイ

 

デラックスなデイパックです。

グレゴリーの他のリュックを触ってみて

「う~ん…もうちょいポケットがあればなぁ…」

といった不満がある人にはうってつけの機能性バツグンなデイパックです!

 

ぜひ、あなたの相棒に!!

f:id:thebackpack:20190516190603p:plain

(出典:グレゴリー) 

 

 

グレゴリーの他のリュック記事

他の記事もどうぞ!!

 

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site