THULE リュック 容量:20L~29L 形状:フラップオーバー

スーリー ディパーチャー23Lをレビュー!シンプル軽量フラップオーバー!!【リュックレビュー】

【2020/3更新】

はじめに

さて、今回紹介するのは…

スーリー ディパーチャー23L

(出典:THULE)

 

ディパーチャーはスーリーのフラップオーバー式のリュック

フラップオーバーとは雨蓋をかぶせるタイプ

 

あまり見かけないタイプですが、スーリーのブランドらしさは健在!

スーリーのリュックは生地が硬く、アウトドアなイメージがありますがディパーチャーは正反対!

スーリーのイメージをひっくり返す、軽量シンプルバックパックです。

 

※THULEからアウトセットというバックパックも発売してるんですが、とても似ています。

こちらもどうぞ!!

 

スーリーとは?

スーリーというブランドを皆さんはご存知でしょうか?

f:id:thebackpack:20190121211809p:plain

 

スーリーは1942年創業のスウェーデンの会社で世界最大のカーキャリアメーカー

世界をより身近に、生への情熱をより確かに実感するためのビジネスがモットー

 

bring your life(暮らしを運ぼう)をキーワードにアウトドアでアクティブな人たちのために貢献しているブランド

普通のバックパックだけでなく、サイクリング用やカメラバッグ、スポーツ用品などを手掛けており、

革新的なスタイルと品質を守りつつ、軽量かつ耐久性に優れたデザインのアイテムを展開しています。

 

僕が初めて見かけたスーリーのリュックは世界一周をして世界中の人々の笑顔をチェキでプレゼントするカメラマン

近藤さんのカメラバッグでした。とてもボロボロでロマンに溢れています。

www.instagram.com

▲このインスタの写真です!まさに相棒ですね!

世界一周に耐えてくれる丈夫なリュックという証明にもなります!

 

公式HPの旅行用バックパックのページにはこう書いてあります。

抜群の行動力を、最終目的地まで

使いやすさの工夫と快適な背負い心地で、1週間の活動にも対応できる、Thuleの丈夫なバックパック。店頭での調整はもちろん、使用中にも体型と収納物に合わせてさまざまな部分を調節できます。これさえあれば、あとはアウトドアを満喫するだけ。

Thuleの旅行用バックパックなら…

  • 男性用は、首や腰回りなど男性の体型に合ったデザインで抜群のフィット感
  • 女性用は、首、胴体、曲線的な腰回りなど女性の体型にぴったりフィット
  • 背面長や肩回りの個人差にしっかり対応できるカスタマイズ機能
  • 人体の構造を考えたスマートなデザインと通気性で、快適さ・使いやすさを長距離旅行の最後までキープ

(出典:スーリー公式HP)

▲すんげ~ワクワクするような文章ですねw

 

 

ディパーチャーのスペック紹介

ではディパーチャーのスペックから紹介させてもらいますね!

安全性の高いフラップ式を採用し、効率性を追求した23Lバックパック。13インチのノートパソコンと10.1インチのタブレットなど、一日の活動に必要な用具を収納します。 
保護機構SafeEdgeを採用、パッド入りの13インチ・ノートパソコン用スリーブ。 
10.1インチ・タブレット専用スリップポケット。 
柔らかい裏地を使用した貴重品ポケット。 
小物をすっきり収納できて見つけやすい、高い位置にあるメッシュポケットとキーホルダー。 
サイクルライトやカラビナに適した取り付けポイント。 
パッド付きショルダーストラップと通気孔のある背面パネルで、通気性と快適性を保証。 
すばやく開閉できる使いやすいジッパー引き手。 
耐水加工を施した丈夫な400Dナイロン素材。 
手近なサイドポケットにドリンクボトルをキープ。


表地: ナイロン

収納可能サイズ: 21-30L

留め具の種類: テープバックル

タテ42cmxヨコ28cmxマチ14cm

ポケットの数:6(外側2/内側4)

重量:540g

(出典:Amazon)

容量23リットル、重さ540gのサイズ的にはベーシック。

男女共に背負いやすいサイズで、サーフエッジや柔らかい裏地で

中の荷物をしっかりと守ってくれるのも素晴らしいですね!

(出典:THULE)

 

ディパーチャーの開封の儀

ではディパーチャーの写真を見ながら一つ一つパーツの紹介をさせてもらいます。

 

①外観デザイン

まずは外観デザインから!フラップオーバー式

 

▲前面部

シンプルなフラップオーバー式

大きなバックルが特徴的です。

 

▲側面部

ボトム部がしっかりしているので自立可能

サイドポケット付

 

▲背面部

シンプルな造りですが、背負いやすい

 

▲ショルダーハーネスはクッション性に長けています。

 

▲スーリーのロゴはやっぱりかっこいい!

 

②2つのサイドポケット

お次はサイドポケットです。

左右にありますが、全く違ったポケット!

▲前から見て右側のサイドポケット

こちらは伸縮性のある素材でできたボトルポケット

▲反対側はジッパーポケット!

そこまで大きなポケットではありません!小物ポケットですね

 

▲スマホ1台がジャストサイズ

長財布などは無理そうですね…

 

▲ちなみに内側の生地はスリーブ素材!

傷つきにくい素材で作られています。

 

③メインポケット

そして、メインポケット!

▲特徴的なバックルを取り外します!

 

▲広げるとこんな感じです!

 

▲わかりにくく申し訳ありません

内部にはPCポケット、タブレットポケット、2つのミニポケットとフックがついています。

 

▲ペットボトル2リットルを3本!

少しまだ余裕がありますね

 

▲2つのミニポケット

スマホや小銭入れ、手帳などを入れましょう!

 

▲プラスチックのフック付き

家の鍵やピルケースなど大事なものを引っ掛けておきましょう!

▲13インチのMacBookと10インチのタブレットが入りました!

最大15インチまでのノートパソコンに対応!A4ファイルも入ります。

 

 

ディパーチャー23Lのおすすめポイント

では僕的にディパーチャーの「ここがおすすめだよ!」っていうポイントを紹介します!!

 

①軽く柔らかい

まず一つ目がこれ!

軽く柔らかい!

 

ディパーチャーの素材はナイロン生地です。

柔らかめの素材ですが形は崩れにくい!

容量23リットルで540gという軽さ!

 

リュックは軽ければ軽いほど身体への負担は減りますし、長時間背負うことが可能!

 

②精密機器の保護性能

2つ目はこれ!

精密機器の保護性能

 

スーリーの特徴といえば「精密機器への配慮」

セーフエッジという超ありがたいPCスペースクッション!

これが本当にすごくて、15インチまでのノートパソコンの形に合わせて作られたクッションスペース!

スルスルっと入って精密機器を守ってくれます!

スーリーはこういったクッションスペースへのこだわりが素晴らしい!

 

③バックルが開閉しやすい

3つ目はこれです!

バックルが開閉しやすい

 

ディパーチャーはバックルを使用したオーバーフラップ式

このバックルが本当に開閉しやすい!取り外ししやすいんですよね。

ディパーチャーを使用していたら一番手に触れるのは、このバックルです。

一番触るパーツが使いやすいのは非常に嬉しいですね!

(出典:THULE)

 

 

ディパーチャーの残念ポイント

では逆にディパーチャーの微妙だなぁ…と思ったポイントも紹介します。

ポケットがもう一つ欲しかった…

 

ディパーチャーは上の方でも書いたとおりメインポケットとサイドポケットのみのシンプルな構成

オーバーフラップ式は出し入れがシンプルではありません。

 

外側に長財布を入れられるサイズのポケットをもう一つつけてほしかったと感じました。

外側の出し入れしやすいポケットがサイドポケットの小さなジッパーポケットだけっていうのは、心もとないんです。

荷物が少ない人には問題ないですが、パスケースと財布とスマホをよく出し入れする僕にとっては少し使いづらいポイントです(泣)

 

(出典:THULE)

▲この小さなサイドポケットだけではなく、もう1つポケットをつけて欲しかった・・・

 

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

スーリー ディパーチャー23L

 

良い意味でスーリーらしくないリュックだと感じます(笑)

スーリーといえば“ゴツくて頑丈で硬い”っていうリュックが多いので

柔らかく軽いディパーチャーは意外でした!

 

普段遣いしやすいサイズで、カフェに連れていきたいデザイン

機能性はシンプルですが、ノートパソコンやタブレットを常に持ち歩いている人はぜひディパーチャーに興味を持ってほしいと思います。

広告

  • この記事を書いた人

ザバック

リュックが大好きな大阪のアラサー。 読者にブログで背中の相棒を探して欲しいっていう気持ちで書いています。 海外旅行と写真と絵とゲームも好き!リュック以外にも旅で役立ちそうなアイテムも紹介しています。

おすすめ記事

1

【2020/2更新】   やっぱアーバンアサルトが最強だわww (出典:AMAZON)     ▲アーバンアサルトと喜びの舞!   あっ、すいません。思ってたこ ...

2

目次1 はじめに2 グレゴリー3 ミステリーランチ4 THE NORTH FACE5 チャムス6 アークテリクス7 バートン8 コールマン9 カリマー10 ミレー11 ニクソン12 パタゴニア13 ス ...

3

目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 デイアンドハーフのスペック紹介4 デイアンドハーフを改めて開封の儀4.1 ①外観デザイン4.2 ②メインポケット5 デイアンドハーフのおすすめポイント5.1 ① ...

4

【2020/3更新】   今回、紹介するのは・・・ リュックにつけるキーホルダー   大した内容ではないのですが書きたいと思ったので書きましたwww さて、みなさんはリュックやバッ ...

5

【2020/3更新】 目次1 はじめに2 グレゴリーとは?3 テールメイトSとXSのスペック比較4 テールメイトSとXSを比較しながら開封の儀4.1 ①外観4.2 ②メインポケット4.3 ③フロントポ ...

-THULE, リュック, 容量:20L~29L, 形状:フラップオーバー

Copyright© リュックマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.