BURTON リュック 容量:20L~29L 形状:ジッパー

【BURTON】KILO PACK(キロパック)いつでもハッスルしたい人にオススメwww【リュックレビュー】

はじめに

バートンのリュックの記事をここ何日か連続で書いてきましたが、このリュックで最後です。

バートンのリュックを何個か触ってきてやっぱりシンプルとクラシックデザインが目立つブランドでした。

また他のリュックの記事も読んでもらえれば嬉しいです。

www.ryukku.site

そして今回紹介するKILO PACK(キロパック)はバートンの中でも『いつでもハッスルしたい人のためのリュック』だそうですwww

f:id:thebackpack:20190115184316p:plain

(出典:AMAZON)

…公式のAmazonのページに書いてありましたwww

仕事から遊びにすぐ切り替えたい!そんなハッスルしたい人にうってつけだそうです!

容量は27リットルと使いやすい容量で…

バートンといえばスケボーですよねwwwスケートキャリーもついています。

バートンとは?

まずはバートン(BURTON)というブランドについて紹介です

バートンは1977年に設立されたスノーボード用品の販売会社です。

バートンってきいたら僕はスノーボードよりもスノボーのイメージのほうが強いですがwww

社員は全員スノーボーダーだそうです。

f:id:thebackpack:20190107184108p:plain

(出典:AMAZON)

ですがスノーボードだけではなく、アパレル、バッグ、ウィンタースポーツ用品を製造販売しています。

その結果、多くのスポーツ選手から認められ今の認知度になったそうです。

スノーボーダー業界では不動のトップ!

僕はウインタースポーツに全然興味がないのであまり詳しくなく申し訳ないですwww

f:id:thebackpack:20190109170925p:plain

(出典:AMAZON)

バートン キロパックのスペック

ではまず、キロパックのスペックから紹介していきます。

外側の4つのアクセサリーポケット
内側のベルクロスリップポケット
内側のキークリップ付きメッシュポケット
ノートPC収納スペース(42cm x 26.5cm x 2.5cm)
タブレットスリーブ(24cm x 25cm)
スケートキャリー
胸部ストラップが付いた人間工学的ショルダーハーネス

容量:27リットル

外寸:縦44.5cm x 横30cm x 奥行15cm

値段:¥9,800+税

重量:800g

f:id:thebackpack:20190110221912j:image

(出典:楽天市場)

たしかにこのスペックだけみると容量よし!機能性もよし!遊びに仕事といったハッスルしたい人にはうってつけかもしれませんね。

バートン キロパック開封の儀!

では、いつもながら恒例の開封の儀です。

①外観

f:id:thebackpack:20190110221923j:image

▲バートンのリュックはネットで購入すると『BURTON』とロゴ入りの袋に入っています。こういうこだわりって嬉しいんですよね。

f:id:thebackpack:20190110222010j:image

▲前面部。黒一緒でディアドロップ型に近いかな?

f:id:thebackpack:20190110222046j:image

▲側面部。サイドポケット付き。ものを入れるとそれなりの分厚さになります!

f:id:thebackpack:20190110222058j:image

▲背面部。BURTONのロゴ以外は黒一色でとてもシンプル!

f:id:thebackpack:20190110222025j:image

▲ショルダーハーネスはクッション性ありの生地です。

f:id:thebackpack:20190110222022j:image

▲タグ。バートンのリュックのタグには説明図が載っており好奇心をかきたててくれます。

②フロントポケット

お次はフロントポケットです。フロントポケットとは前面部のポケットのことです。

f:id:thebackpack:20190110222038j:image

▲黒一色で見にくくて申し訳ないてますが、ジッパーの持ち手部分が見えますね!

f:id:thebackpack:20190110222018j:image

▲フロントポケットの容量は十分あります!

パスケース、財布、スマホなど色々なものを詰め込めそうです。

③トップポケット

f:id:thebackpack:20190110222033j:image

▲トップポケットはフロントポケットほど大きくはありませんが、貴重品を入れることは可能です。ポケットの多いリュックはパッキングしやすくて助かります!

④メインポケット

f:id:thebackpack:20190110222055j:image

▲キロパックのメインポケットのジッパーは変わった形をしていて、斜めに開封します。

ですが、この斜めのジッパーのおかげでとても中の荷物を出し入れしやすいのです。

f:id:thebackpack:20190110222048j:image

▲横幅はペットボトル2リットルが3本。

f:id:thebackpack:20190110222007j:image

▲斜めのジッパーのおかげでペロンッと開いてくれます。なかなかの容量です。さすが27リットル!!

f:id:thebackpack:20190110222042j:image

▲背面側はPCスリーブとタブレットポケットになっています。

f:id:thebackpack:20190110222029j:image

▲10インチのタブレットも余裕です!!

f:id:thebackpack:20190110222013j:image

▲逆側はメッシュ生地のポケット付きです。中にフックがついていますので鍵などを引っ掛けましょう!!ここに小物を入れます!

f:id:thebackpack:20190110222052j:image

▲とても見にくくて申し訳ないのですが、メッシュポケットの下にもう一つポケットがついています。マジックテープ式です。

⑤サイドポケット

f:id:thebackpack:20190110222003j:image

▲キロパックのサイドポケットはジッパー式となっています。ペットボトル500mlは余裕です。

キロパックのおすすめポイント

では、キロパック…ハッスルしたい人のためのリュックのおすすめポイントを紹介していきますね!

①クラシックでシンプルデザイン

まずはこれ!

バートンのすべてのリュックに言えることなのですが

本当にクラシックで機能性がよくシンプルデザイン

リュックがほしいのならおすすめすべきブランドの一つであることは間違いありません。

その中でもこのキロパックはポケットの数も多く、長年使用できそうなデザインであなたの相棒にうってつけでしょう。

f:id:thebackpack:20190110222141j:image

▲ロゴもかっこいい!!

②トップポケットの内側がスリーブ生地

これは小さい点かもしれませんが、トップポケットの内側がスリーブ生地でできています。

サングラスやメガネなど傷つけたくないものを入れましょう!

このような小さな点が満足度を高めてくれますよね!
f:id:thebackpack:20190110222137j:image

▲スリーブ生地

③ボトム部がクッション性あり!

これまた小さい点なのですが…

ボトム…つまりリュックの底部分にクッションが敷いてあります

これ!僕の中ではとても高ポイント!

僕はカメラ機材などの精密機器をリュックに詰め込むのですが、やはりリュックの中とはいえ精密機器なので慎重に扱いたいのです。

そこボトム部にクッションが入っているので物をポンポン入れても衝撃を和らげてくれるので助かります。

リュックとはまずは第一に、中にあるものをしっかりと守ってくれること!

これですよね!!

キロパックの微妙なところ…

そしてこの『ハッスルしたい人のためのリュック』であるキロパックの

僕が微妙だと思った点は…

生地が柔らかいので形が崩れやすい…

これですね。丈夫なリュックなんですよ!

でもね、生地が柔らかいので荷物があまり入っていないと形が崩れますし重い荷物を入れるとそれはそれで形が崩れてしまいます…

別に機能性が下がるというわけではないのですが、背負っていて形が崩れていると…う~んって感じですよねwww

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

バートンのキロパック!!

まさに『ハッスルしたい人のためのリュック』でしょう。

最初はバカにしていましたが機能性やら容量やら見る限り…

たしかに仕事に遊びに様々な場所に対応してくれる良いリュックだと思います。

バートンの他のリュックの記事

他にも色々レビューさせてもらっています。

よければご覧になってください!ぜひあなたの相棒探しに!!

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site

-BURTON, リュック, 容量:20L~29L, 形状:ジッパー

Copyright© ゆるゆるリュッカー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.