ゆるゆるリュッカー

リュックとカメラと旅が好きな大阪のアラサー。世界一周してぇ

【MILLET】コパン20!お手軽なボックス型リュックが欲しい人におすすめ!【リュックレビュー】

みなさん、こんにちは。ザバックです。

ブログをサボってた時期に限ってアクセス数が伸びる現象をなんと呼ぶか教えてくださいwww

 

 

 

はじめに

さて、今回はミレーのコパン20の紹介です。

f:id:thebackpack:20190222204354p:plain

(出典:AMAZON)
 

コパン20はボックス型のリュック20リットルの老若男女に使いやすいリュックとなっています。

 

ボックス型といえば、ノースフェイスのヒューズボックスが有名ですが

僕的にはコパン20もかなりオススメできるリュックです。

 

なんと言っても登山メーカーのミレーが試行錯誤して製作したリュックです。

タウンユースとしてもアウトドアとしても活躍できるリュックで、分厚いショルダーハーネスや丈夫な生地がブランドの特徴を出していますね。

 

海外旅行にもぜひ使ってもらいたいリュックです。

 

MILLET(ミレー)とは?

みなさん、MILLET(ミレー)というアウトドアブランドはご存知でしょうか?

f:id:thebackpack:20190218223357p:plain

 

ミレーとはテントや寝袋というアウトドア商品からウェアー、シューズなどの衣類に加えて旅行リュックまでも手掛けているブランドです。

 

ミレーの歴史は今から90年ほど前になります。

フランス初のヒマラヤ登山隊に装備を提供したメーカーです。

f:id:thebackpack:20190218222814p:plain

 

ミレーは1930年代に初のショルダーストラップ付きのバッグを販売し、有名になりました。
数年後、そのバッグをバックパックへと進化させフランスのブランドとして一躍有名になります。 

歴史あるアウトドアブランドなので信頼と安心がありますよね。

 

f:id:thebackpack:20190218223431p:plain

(出典:ミレー)

 

僕の中でミレーというブランドはそこまで有名ではありませんが、好日山荘やスポーツショップにおいてあるイメージです。

玄人向けのアウトドアブランドで、山好きの人たちにファンが多いですよ!

 

ミレーといえばクーラシリーズが有名です。以前に“クーラ30”のレビュー記事を書かせてもらいましたのでそちらもどうぞ読んでみてください!

www.ryukku.site

 

【MILLETの歴史】

1950年、フランス登頂隊は人類初の8,000m峰の登頂を果たしました。その時背負われていたザックを始め、ミレーの評判は瞬く間に世界中に広まる。
1964年、綿より軽く防水性が高いナイロン素材を全般的に使用した初のバックパック、「シェルパ50」を発表。ミレーが独自に開発し、特許を取得した斬新なストラップもナイロン製で、フォームの入ったパッドが付き、縫い目がないのが特徴だった。
1978年、ラインホルト・メスナーが、ミレーのザックとウェアとともに世界初のエベレスト無酸素登頂を成し遂げます。
続く二年後、メスナーはエベレスト無酸素登頂を世界で初めて単独で達成し、さらには8,000m峰14座の山頂に到達した最初の人間となりました。
2009年、アルプス山脈最高峰モンブラン山の登山口であるシャモニーの街で活動する、世界最古と言われる由緒ある山岳ガイド協会、シャモニーガイド協会との提携を開始。協会には250名ものガイドが所属しており、過酷なフィールドでミレーの製品テスト行うなど、ユニークなパートナーシップを組んでいる。
ミレーはこれからも、アルピニズムの歴史と共に、その夢を支えるものづくりを続けていきます。

(出典:Amazon)

 

f:id:thebackpack:20190218223459p:plain

(出典:ミレー)

 

 

コパン20のスペック紹介

さて、では最初にコパン20のスペック紹介からさせてもらいます。

 

日常使いから日帰りハイキング、小旅行とマルチユースで使えるバックパック。
耐久性十分な600Dのポリエステルを採用し、縦長ストレートのスリムなシルエットと杢素材で街にも溶け込むデザインが特徴。
後ろ向きで大きくジッパー開閉できるメイン収納アクセスは、パッキングや荷物の出し入れがしやすい構造。
サイドコンプレッションストラップとサイドポケットなど収納性も高く、フロントポケットはジッパーが取り付けてあるので飛び出しにくい工夫もなされています。

 

・上部にジッパーポケット
・サイドコンプレッションストラップ
・フロントジッパーポケット
・サイドメッシュポケット
・ホイッスル
・ハンドレスト
・取り外し可能なウエストストラップ
・バックレングス=43cm
容量=20L

・素材: ナイロン・ポリエステル
・サイズ:タテ46cmxヨコ28cmxマチ14cm
重量:590g

 

さすがはミレーのリュックといった感じで機能性抜群!

耐久性や軽さも申し分ありません!

f:id:thebackpack:20190222204525p:plain

(出典:AMAZON)

 

コパン20の開封の儀

さて、では毎度恒例の開封の儀です。

①外観

f:id:thebackpack:20190210153223j:image

▲前面部。ボックス型のリュックですが蓋部分は水平ではなく、斜めですね。


f:id:thebackpack:20190210153144j:image

▲側面部。ボックス型のリュックの特徴も言えば自立することですね!


f:id:thebackpack:20190210153214j:image

▲背面部。ミレーらしいしっかりとしたショルダーハーネスです。分厚い!


f:id:thebackpack:20190210153140j:image

▲ミレー特有のショルダーハーネスについているロゴ入りの持ち手部分。これが好きでミレーを愛用している人が多いそうです(登山用品ショップの店員の話ですwww)


f:id:thebackpack:20190210153220j:image

▲ショルダーハーネスは本当に素晴らしい!クッション性にも長けており、メッシュ素材でできているので通気性もあります。


f:id:thebackpack:20190210153148j:image

▲そしてミレーのロゴ!!

 

②トップポケット

f:id:thebackpack:20190210153203j:image

▲上部にトップポケットがついています。

 

f:id:thebackpack:20190210153211j:image

▲サブポケットとしては十分な大きさです。スマホ、財布など入れましょう!

 

 

③フロントポケット

コパン20のフロントポケットはバックルを外してからの開閉になります。

f:id:thebackpack:20190210153155j:image

▲コパン20の前面部にあるバックルを外します。ロゴ入りのバックルですね!


f:id:thebackpack:20190210153159j:image

▲開くと中にジッパーがあります。


f:id:thebackpack:20190210153206j:image

▲大きさは漫画一冊入るぐらい!

バックル+ジッパーなので防犯性にも優れていますね!!

 

④メインポケット

メインポケットの中には仕切りが一つあり、ノートパソコンや書類を入れられそうなスリーブが一つあります。


f:id:thebackpack:20190210153152j:image

▲ボックス型のリュックはリュック自体が小さくてもギッシリ詰め込むことができるのがいいですね!!


f:id:thebackpack:20190210153228j:image

▲ペットボトル2リットルが3本!まだ少し詰め込めそうですね。

 

コパン20のおすすめポイント

ではこのシンプルボックス型リュックのオススメポイントを紹介していきますね!

 

①防犯性よし!!!

まず第一に…

 

防犯性が素晴らしい!

 

別にミレーがコパン20を製作するときに「防犯性が高いリュックにしよう!」って思って作ったわけではなさそうですけどね(笑)

 

このコパン20のメインポケットは…

f:id:thebackpack:20190210153249j:image

▲こんな感じで開きます。

わかりにくいかもしれませんけど、前面部側にはジッパーがなく普通のボックス型のリュックと比べると開き方が逆なのです。


f:id:thebackpack:20190210153254j:image

▲そのおかげでジッパーを背中側に持ってきて、背中側でワイヤーやカラビナで引っ掛けると防犯性がグッと上がります!海外旅行や人混みの中でリュックを背負う人にはうってつけです!

 

f:id:thebackpack:20190222204449p:plain

 (出典:楽天市場)

 

②20リットルには十分なショルダーハーネス!

次にこれ!

 

ショルダーハーネスが20リットルにしては十分すぎる分厚さと背負い心地!

 

…ですね!

ミレーという登山用品メーカーがとてもこだわっている部分です。

ショルダーハーネスが丈夫で分厚いとやはり背負い心地も変わってきます。信頼できますね!

 

 

コパン20の残念ポイント

では逆にコパン20の残念ポイントの紹介です。

 

生地が柔らかめ…

 

という点が僕の中では残念ポイントでした。

このコパン20はボックス型のリュックなのですが、やはり物を詰め込んでこそのボックス型なのです。

コパン20に物を詰め込んでいないスカスカの状態だと、形が崩れてしまいます。

生地が柔らかいということですね。

 

もちろん、生地が柔らかいことでリュック自体が軽かったり

形に融通がきくというメリットもあるんです。

 

メリットがあればデメリットもあるということですね。

 

コパン20はこんな人にオススメ!!

ではコパン20はどんな人に背負ってほしいのか?というと…

 

小さめの丈夫なボックス型のリュックがほしい人。

あまり人とリュックを被りたくない人。

 

この二種類でしょう!

20リットルという適度な大きさでボックス型の物を詰め込みやすいリュックが欲しい人と…

 

このコパン20はあまり街なかでは見かけないので、人と被りたくない人にもおすすめしたいですね!

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

ミレー コパン20

 

なかなかシンプルなボックス型リュックでしょう。

 

ボックス型といえばノースフェイスのヒューズボックスがかなり有名ではありますが…

登山用品ブランドであるミレーから発売しているコパン20もしっかりと作り込まれておりいろいろな場面で役立ってくれることでしょう。

 

ミレーの他のリュックの記事

他にも色々レビューさせてもらっています。

よければご覧になってください!ぜひあなたの相棒探しに!!  

www.ryukku.site

www.ryukku.site

www.ryukku.site