ゆるゆるリュッカー

リュックとカメラと旅が好きな大阪のアラサー。世界一周してぇ

【グレゴリー】トレイルブレイザーデイ!シンプルかつ高スペック!【リュックレビュー】

みなさん、こんにちは。ザバックです。

最近寝ても寝ても疲れがとれない…つまり常に寝ていたい(笑)

 

 

 

 

はじめに

さて、まずはじめに…グレゴリーのトレイルブレイザーデイが気になった理由なのですが

もうすごい単刀直入なんですけどね…

デザインが気になったから!!

 

シンプルにこれだけです。変わった形をしていると思いませんか?

 

f:id:thebackpack:20190118220841p:plain

(出典:楽天市場)

 

グレゴリーが好きだからと言う理由もあるのですが、デイパックやデイアンドハーフのような人気リュック以外のグレゴリーのリュックも背負ってみたかったんですよねwww

 

それにあまり街なかで背負っている人を見かけないので、より興味が湧きました!!

 

グレゴリーとは?

みなさん、GREGORY(グレゴリー)というアウトドアブランドはご存知でしょうか?

アウトドア好きならほとんどの人が知ってるほど超有名ブランドです。

f:id:thebackpack:20181229113928p:plain


 

ロゴを見れば思い出す人もいるのではないでしょうか?

僕の周りにもグレゴリー好きな人は多くて十年以上同じリュックを背負い続けているという人も多く、老若男女問わず愛されているブランドですね。

 

僕もデイパックやデイアンドハーフを使いグレゴリーファンになりました!

 

www.ryukku.site

▲グレゴリーについてまとめました。

 

グレゴリーはアメリカ発祥の1977年から40年以上続くブランドで日常使いから本格的なアウトドアまで様々なリュック(バックパック)を取り扱っています。

 

デザインやクオリティもそうですが、

何よりも『リュックは着るもの』といったコンセプトで背負い心地を特に大切にしています。

人体構造に基づき考え作られているそうですよ。

 

やはり人気があるということは何かしらの理由があるということ。

 

ブランドとは【信頼】なのだと僕は考えます。

『このブランドなら信頼できる!大丈夫だろう!

そう思わせるリュックを取り扱っているのがグレゴリーなのです!

f:id:thebackpack:20190118220140p:plain

(出典:グレゴリー)
 

トレイルブレイザーデイのスペック

さて、今回紹介するトレイルブレイザーデイなのですが…

公式ホームページではめちゃくちゃ簡潔に説明されています。

 

1日を乗り切るために必要な全てのものを収納できる構造と機能がトレイルブレイザーデイ(TRAILBLAZER DAY)には備えられています。

(出典:GREGORY)

 

まぁつまりデイパックとして完成されている!ということなのでしょうwww

しかしとてもシンプルなリュックなのです。

 

■フロントジッパーポケット

■レザーアタッチメント

■アイスアックス/ポール用ループ

■#10ジッパーを使用したメインコンパートメント

■内側のジッパーポケット

■キルティングバックパネル

■500デニールコーデュラナイロンを使用したボトムパネル

容量:17L
重量:505g
サイズ:31W×42H×14Dcm

(出典:楽天市場)

容量は17リットルと少し小さめではありますが日帰りのお出かけであれば全然問題はないでしょう。

 

グレゴリーといえばデイパックが有名ですが、これはもう一つの裏デイパック!って感じですね。

 

トレイルブレイザーデイの開封の儀!

①外観

f:id:thebackpack:20190116222858j:image

▲前面部。ベーシックリュックっぽいですね。

f:id:thebackpack:20190116222849j:image

▲背面部。キルティングバックパネルというもので通気性がいいです。


f:id:thebackpack:20190116222841j:image

▲グレゴリー特有のEVAというショルダーハーネスです。背負い心地をよくしてくれます

 

f:id:thebackpack:20190116222820j:image

▲グレゴリーの旧ロゴ。旧ロゴのほうが好きだという人は多いです

 

②フロントポケット

次にフロントポケットです。このリュック、一番の特徴でしょうね!アーチ状にジッパーがあります。

f:id:thebackpack:20190116222854j:image

▲ペットボトル500mlなら入ります。


f:id:thebackpack:20190116222903j:image

▲開いた状態。ジッパーが下の方まであるのでガバっと開きます!


f:id:thebackpack:20190116222907j:image

▲財布と、スマホがいい感じに入ります!

 

③メインポケット

最後にメインポケットです。
f:id:thebackpack:20190116222838j:image

▲ジッパーは真ん中ぐらいまで下がります。ペットボトル2リットル3本入れるとコレぐらい!

 

f:id:thebackpack:20190117062446j:image

▲デイパックとしては十分な容量ですね!


f:id:thebackpack:20190116222833j:image

▲ジッパーポケットが内部についています。


f:id:thebackpack:20190116222829j:image

▲そこまで深いポケットではなく、漫画一冊入らないぐらいです。小物入れとして使用しましょう!!

 

トレイルブレイザーデイのおすすめポイント

①グレゴリークオリティ!

まずはこれ!

さすがはグレゴリーのリュックです!

 

グレゴリーのクオリティがしっかり詰まっているリュックです!

 

リュックの一つ一つのパーツにこだわりがあり、しっかりと作られています。

少し値は張りますが、それなりのものが返ってくることは間違いありません。

 

…だから好きなんだよなぁwwwグレゴリーwww

 

②背面部のキルティングナイロン

次にこれ!

背面部なんですが、他のグレゴリーのデイパックとは少し違っていて、キルティングバックパネルというものでできています。

 

説明するのは難しいんですが、とても背負い心地が良くて通気性もいいんです。

他のリュックでは見かけない素材でこのリュックのおすすめポイントですね!

 

③可愛いデザインと特徴的なフロントポケット

そして!やはりこれ!!

可愛いデザインと特徴的なフロントポケット!

他のリュックとは違ったデザインでカラーバリエーションも豊富です。

f:id:thebackpack:20190116114040j:image

(出典:楽天市場)

 

男女ともに背負えるデザインなのでペアルックなんていうのもアリでしょう!!

 

トレイルブレイザーデイの微妙なポイント…

では逆にトレイルブレイザーデイの微妙なポイントは…

 

ジッパーが布を噛みやすい!!

 

です。特にフロントポケットなんですけど布を噛むことが非常に多い!!

とても困る…

 

f:id:thebackpack:20190116223500j:image

▲トレイルブレイザーデイのジッパーはYKK仕様なので丈夫ではあります。

 

トレイルブレイザーデイはこんな人にオススメ!

では、このトレイルブレイザーデイはどんな人におすすめなのか?という点なのですが…

 

グレゴリーっていうブランドが気になるけど皆と同じデイパックは嫌だ!と思っている人

 

こんな人にオススメしたいですね。

グレゴリーっていうリュックの一流ブランドは気になるけど、みんな背負ってるんですよね。

デイパックやデイアンドハーフ、オールデイなど本当に老若男女問わず背負っているのを見かけます。

でもトレイルブレイザーデイは全然見かけないんです!ぜひともグレゴリーのデイパックで少し変わったのを求めているのであれば!このリュックを!!!

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

グレゴリーのトレイルブレイザーデイ!

男女ともに背負えるデザインでデイパックとはまた違ったリュックです。

 

カラーバリエーションも豊富でいろいろな季節や服装にも合わせやすいでしょう!

 

独特のフォルムで人とは被りたくない人にうってつけです!

f:id:thebackpack:20190116094254j:image

(出典:楽天市場)

 

グレゴリーはネットではよく偽物が出回っているそうなのでグレゴリー公式オンラインかグレゴリーがAMAZONで販売してるこちらのリンクからどうぞ!