ゆるゆるリュッカー

リュックとカメラと旅が好きな大阪のアラサー。世界一周してぇ

MENU

【実体験】あなたの写真をSNSで絶対に人気を出す方法※最後まで読め!(InstagramやTwitterでイイねをもらう方法)

みなさん、こんにちは。ザバックです。

もう10月でいきなり寒くなってきましたね。少し気を抜くとブログをサボりがちなので気をつけないと、、、

 

はじめに!

f:id:thebackpack:20181003203448p:plain

さてさて、今回は絶対確実にInstagramやTwitterなどのSNSであなたの写真を確実に人気を出す方法をお教えします。

 

これを読んでいる中には「自分の写真で人気者になりたい!」とか「チヤホヤされたい!」とかっていう考えの人がいるかもしれません。ぜひぜひ!!

どういう目的でカメラを持っているかなんて人それぞれ!

 

自己満足で終わるのが不満なのであれば、少し考え方を変える必要があります。

 

ちなみに僕は芸術系の大学出身です。だからといって絵の仕事についているわけではないのですが、自分の作品のアピールの仕方をいろいろな人を見て気付かされました。

 

最後までよんでほしいので目次はつけておりません。この記事はぜひ最後まで読んで欲しいです。もしかしたら少し炎上するかもしれませんがそれも覚悟で書かせてもらいます。

 

ちなみにこの方法は実体験です。確実にイイねが増えましたwww

ぜひ皆さんにも実践してほしいですね。

 

いつもと書き方口調が違うのですがお許しください。

f:id:thebackpack:20181003203348p:plain

 

まずはお金を用意しろ!

まず、最初に言っておこう!!

写真のクオリティを上げるにはまずは“金”だ!

絶対金だ!!間違いない!

 

良い機材を使えば、それなりの写真がいきなり撮れる!

カメラとレンズ合わせて五万ぐらいの写真と五十万の写真を見比べてみたらわかると思う。

 

全く同じ設定で撮影しても全然違うのだ。雰囲気というのか質感というのか、見比べてみたらわかるのだが違う。解像度も違う。

お金をかければ暗い所でも撮影も可能になる。(安い機材でも問題はないのだが、それでもやはり変わってくるのだ)

お金をかければかけるだけ、撮れる幅も広がるのだ。

 

カメラやレンズだけではない。ストロボ、編集ソフト、三脚、フィルター、、、。言い出したらキリがないのだが、まずは一流の人たちが使うものを買い揃えればいきなりあなたの写真のレベルは格段に上がるだろう。

 

機材だけではない。撮影場所に行くための交通費、本気のポートレートであれば被写体へのモデル料。まだまだ写真にとって金は必要なのだ。

 

ハッキリ言おう。写真とは金をかければ確実にクオリティが高い作品がいきなり撮れるだろう。正直カメラや写真という趣味は不平等なのだ。

 

人それぞれ、趣味にかけるお金は変わってくるだろう。家庭持ちなら尚更だ。自分で使えるお金はさらに減るだろう。

仕事でもそうだ。世界の絶景でよく見かけるウユニ塩湖はご存知だろうか?

あのウユニ塩湖で本当に素晴らしい景色を見るためには一ヶ月ほど滞在すべきだそうだ。

だが仕事によっては一ヶ月も休めるかどうか変わってくる。

 

写真という趣味に対して、時間とお金をどこまで注ぎ込めるか?本当に人それぞれ。もうこの時点で技術以前に違うものがあるのだ。

 

これを書いたのは、まずこのことを頭の隅に入れておいてほしいということだ。

カメラと写真はまず金なのだ。よく言えば敷居が低い。スポーツや音楽、絵画と違い技術力はあまり必要ではないのだ。

 

金さえあれば技術力を手に入れることができる!そう思えば、人によっては悪い話ではないだろう。

ちなみに僕はこの点については大嫌いだ。人が試行錯誤して得た知識や努力をお金をかけた人間がいきなり追い越して先に行くのを見てきたからだ。

人によってはもちろん技術力を持ち合わせている人もいる。鬼に金棒というやつだ。

 

カメラと写真を趣味にしている人間はよく「写真は技術だよ。安いカメラでも良い写真は撮れる」と口にする。

だがそいつの持っているカメラを見てほしい。確実に高額のカメラだ。エントリーモデルではない。

 

そんなことを口にするやつに限って機材の力に頼っていることが多いのだ。本当に舐めているのか?と思う。プロのカメラマンがエントリーモデルのカメラを使っているのを見たことがあるだろうか?僕はない!つまりはそういうことなのだ。

 

 

プロフィール画像は男の写真を載せないようにしろ!

さて、ではSNSのアカウントを作成しよう。

まず最初に言っておきたいのだが、勘違いしないでほしい。

そのアカウントはあなたのアカウントであるがそれ以前に“あなたの写真のアカウント”なのだ。

インターネットを介して見るのは、あなたではなくあなたの写真だ。何を評価してもらいたいのか?あなたという人間ではなくあなたの写真であるのだ。

 

これが自己満で終わるのとそうでないものの差なのだ。

 

そこでまずしてほしいのがプロフィール画像、まぁアイコンだ!

アイコンは絶対に女の子の写真にしてほしい。なぜかわからないのだがアイコン=そのアカウントの本人の顔と勘違いする輩が多いのだ。

 

ぜひとも自分が撮影した女の子の写真(できれば見た目がいいもの)がいい。別に顔を載せろと言っているわけではない。女の子だとわかればいいのだ。後ろ姿でも、口から下の写真でも構わない。

 

まずSNSで食いつくのはアイコンなのだ。

パッケージのようなものなので、そこは食いつきやすい写真にすればいい。

誰も「このアイコンは私本人の写真です」なんて言わなくても皆なぜか勘違いしてくれるのでありがたい。

まぁアイコンの写真は私本人が撮った写真であることに間違いないのなら誰にも咎められることはないだろう。

 

プロフィールは嘘をついて、女子大生にしとけ!

次だ!!評価してほしいのが写真であるのならプロフィールでは嘘をついても問題はない。

漫画家が女の子だろうがおっさんだろうが、その漫画がおもしろければ問題無いのと同じだ。

 

プロフィールは、男が食いつきそうなプロフィールにしてほしい。女子大生とかがベストだ。若い女の子が撮ってる写真は、馬鹿な男どもが食いついてくる。まるでゴキブリホイホイだ。

あわよくば、ワンチャンあるかも!とか思っているのだろうか?愚の骨頂だ。そこを利用しない手はない。

 

住んでいる場所は都市圏がいいだろう。近くに住んでいるのであれば出会い目的のバカが寄ってくる。

何度もいうがあなたの写真を見てもらうための一つの手として紹介しているのだ。

 

これでまずは第一関門のプロフィール作りは完了だ!ここがキッチリしてないと人は寄ってこない。全く同じ写真でも女子大生が撮っているのと汚らしいおっさんが撮っているのでは評価がかなり変わってくるのだ。全く同じ写真なのに、、だ!大事なのは写真のはずなのにおかしくはあるが事実だ。

これに乗っからない手はない。ぜひとも実行に移してほしい。

 

イイねが多い写真をパクれ!!

では写真を投稿していくわけだが、まずは評価の高い写真をよく見て、パクってほしい。

 

すべてパクるのではなくアイディアとして左右対称にしたり顔の向きを変えたりして、似てるけどどこか違う!ぐらいの写真を自分の手で作り上げろ!絵でいう模写だ。

 

素人目で見れば大した差はない。写真なんてそんなもんだ。

 

評論家やフォトグラファーには違いはわかるかもしれないが、僕たちがイイねをもらうのはほとんどが一般人だ。写真のことなんざ一瞬みたときの雰囲気でほとんど感じ取ることだろう。

その雰囲気をパクるのだ。きっと一般人は「レベルが高い!」と勘違いするだろう。

 

もし、上の方で書いた金をかけた編集をするのであればできるだけ色合いも似たような編集を心がけてほしい。

 

まずはパクれ!そうすれば簡単に良い評価につながるだろう。

 

そもそもこの平成が終わる世の中で全世界に写真が何枚あると思っているだろうか?腐るほどある。本当に似たような構図や色合いなんて腐るほどあるのだ。その中の一つとして見れば何てことはない。パクりではなく偶然だと言い通すこともできそうだ。

 

少しエロスな写真なら間違いなくイイねは増えるぞ!

次はこれは撮れるかどうかはわからないのだが、性的目線でSNSをサーフィンしてる奴をターゲットにする。これは撮影することができれば絶大な効果を発する。もちろん犯罪にならないようにしてほしい。

人間の3大欲求の一つに訴えかけるので人の目にすぐに止まるだろう。間違いない。

 

本当にバカなやつらをターゲットにすることは大事だ。何も考えていない連中相手だと話が簡単で助かる。

 

だが、エロスな写真を撮るためには被写体としてお金を払うか、そういう写真を撮らしてくれるような友人が必要なのだ。もちろん見た目もそこそこ良いことが大事だ。

これがなかなか難しい。だができるのであれば行動に移してほしい。絶大な人気と評価を得れることだろう。

 

フォローしまくれ!そして写真は見なくても良いからイイねしまくれ!!

さて、撮る写真を見定めたので次すべきことは自分のアカウントを売り出すことだ。

どんだけ良い写真をアカウントに載せたとしても知られなければ意味はない。

 

ということでフォローしまくるのだ。1000人はさっさとフォローしてほしい。だが、ただ闇雲にフォローするのではなくログイン率が高く投稿率も高めのアカウントがいいだろう。フォトグラファーをフォローするのもいいが、写真に興味なさそうな人たちもフォローするのも悪くない。彼らにとって写真などただの記録なのだ。芸術性など求めていない。上の方から出てきた写真を次々とイイね押す人もいる。

 

目標は4000人ぐらいがいいだろう。

相互フォローしなさそうなやつはきっちりフォロワーから外しておけ!邪魔なだけだ。

 

それである程度、イイね!しあえる仲になればフォローを外せばオッケー!

 

たまにイイね!とてつもなく多い人がいるが、フォロー数フォロワー数が多いだけ。それでは意味がない。馴れ初めだ!!

 

タグ付けはしっかりしとけ!!

次はタグ付けだ。作品やうpした写真にはタグを必ずつけるようにしろ。“♯(シャープ)”から始まるやつだ。あれから辿ってきてイイね!を押す輩もなかなか多いのだ。これを利用しない手はない。

ありすぎて困るということはない。できるだけ自分の写真を見つけてもらいやすいようにすればいいのだ。

 

 

絶対に男のポートレートなど野郎の写真は載せるな!

いいか!?今お前は女子大生!JDなんだ!!

恋人はいませんオーラをだしておけ!

うpする写真は絶対に被写体で男を選ぶな。選ぶなら女の子だ!!女の子が被写体の時点で評価はあがる。不思議なことに男より女の写真のほうが人気は絶対にあるのだ。確実にな。

 

カップルフォトなどであれば問題はない。だが男とデートしているような雰囲気の写真は絶対に載せてはならない。よく覚えておけ!!

 

 

 

これらのことを実践して自分ではなく自分の写真を広めろ!!

さて、何点か行動してほしい項目を記載したがほぼ全部行動に移してほしい。確実に写真の評価件数は増えるはずだ!もしかしたら「写真撮影してほしい!」なんていう依頼までくるかもしれない。

何度もいうが、今アピールして売り出すのはあなたではない!あなたの写真なのだ!!

あなたが女子大生のほうが写真の評価件数が増えるのであれば安いプライドは捨てろ!おっさんを捨てろ!!!

 

そんなチンケなプライドを持っているのなら自己満で終わったほうが幸せだ。

 

今やっているのは他人の評価を得るためにしている行動だ!

プライドを持っていいのは才能に恵まれた天才だけだ!!

 

女子大生だろうがおっさんだろうが撮った写真には変わらない。ならばどっちでも構わないだろう?

 

ここから少し真面目な話

、、、さて、ここまで暴言含めた文書をお詫び申し上げます。

上の方でやってほしい項目ポイントを紹介させてもらいましたが、僕も昔実践しました。確実にイイね!は増えましたね(笑)

 

上の方で書いたことは勉強です。

今やSNSでの写真の創作活動は、人気活動となっています。

初心者、フォトグラファーではない方が多い中、どのような写真がヒットしイイね!をもらえるのか?

本当に芸術性などあまり関係ないです。

 

人が良さそうな可愛い女の子が一生懸命に写真を撮っていればイイね!をもらえますwwwもちろん写真自体もクオリティが必要なのでお金も必要です!

 

 

広めた後に自分の本当に撮りたいものをみんなに見てもらおう

よし!では自分のアカウントを広めてイイね!をもらいはじめたら、いろいろなことが見えてきたと思います。

「どういう写真が人気なのか?」「どんな雰囲気や編集をすればコメントがもらえるのか?」

そう、上の方に書いたことは勉強だったんですよね。

 

本当に大切なことって上手い人の見様見真似で自分のものを作り上げていくこと。

 

でも誰も知らないアカウントに素晴らしい写真を載せたとしても、見てくれる人は少ない。

 

それならば、人が集まってくる仕様をつくるだけです。僕らにはスポンサーなどいませんしお金もありません。ステマなどもありますがそんなことをせずとも、女子大生のカメラマンという肩書さえあれば十分なのです。

 

ここまでくれば、きっと今までの経験で自分だけの作品が作れると思います。

もしアイディアが全く出ず、誰かのパクリしか作れないのであればもう一度パクりアカウントを続けてください。

 

きっと見えてくるものがあるでしょう。

 

そしてもう一度、お金をつぎ込もう

そして、自分の作品を作り上げていけばきっと今自分が持っているカメラやレンズに足らない要素、求める要素が見えてくるでしょう。

 

そのときに本当に必要なものにお金をつぎ込んでください。上の方でかいた“カメラは金がかかる”というのは嘘ではありません。

 

カメラは本当にお金がかかります。

お金をかければあなたの不満は解消されるでしょうし、求める写真をとれることに近づけるでしょう。

 

 

最後に!

さて、最後になりましたが、

まずは勉強!という話でした。

 

どんな方法でもいいんです。

自分がシャッターを押して撮った写真なのであればそれは絶対にあなたの写真なのです。

 

女子大生のふりをしてても実際はおっさんでもあなたの写真です。

評価されなければきっと元のアイデアを得た写真との違いがあるでしょう。

 

でも誰かに認めてもらうために写真を撮っている人も少なからずいます。そういう人はぜひプライドを捨てて色々行動してほしいですね。

f:id:thebackpack:20181003203425p:plain

f:id:thebackpack:20181003203432p:plain