ゆるゆるリュッカー

リュックとカメラと旅が好きな大阪のアラサー。世界一周してぇ

MENU

ホットショット!!ザ・ノース・フェイスの超定番!リュックがほしいオシャレな人は一応買っとけwww(リュックレビュー)

みなさん、こんにちは。

またリュックを購入してきました。

どうしてももう一つ26リットルのリュックが欲しかったんです。

 

やっぱり26リットルってリュックとして最高の大きさだと思います。大きすぎて小さすぎず!!

そして今回はザ・ノース・フェイスの定番リュック、ホットショットを購入しました。

 

目次

 

 

ザ・ノース・フェイスのホットショットとは?

まずはノースフェイスとホットショットについて書かせてもらいますね。と言っても…

 

ノースフェイスはくっそ有名なアウトドアブランドなのでみなさん知っているかとは思いますがwww

アウトドア用品や衣服、登山用具を手がけるアメリカの企業。

大学生たちがよくボックス型のリュックを背負っているので有名ですよねw

f:id:thebackpack:20180711230845p:plain

 

 

そのノースフェイスの中でも標準かつ人気のリュック。

それがホットショットなのです。

ホットショットのスペックを書いときます。

  • メイン素材: ナイロン
  • 人気の定番商品として進化を続けてきた『Hot Shot』、このモデルはその中でも最も人気を集めた2012年デビューの型をモデルにした復刻モデルです。背面に配置したスパインチャンネル構造で、荷物を入れてもよれにくい剛性高い通気性を確保。
  • 15インチまでのノート型PCとタブレットスリーブを内蔵し、収納式のウエストベルトを採用。摩耗しやすいボトム部分には、1680デニールの耐久性の高いナイロン素材を使用しています。
  • フレックスベントのショルダーハーネス・背面をサポートするパッドつきのエアメッシュとPEシート・背骨への負担を減らすスパインチャンネル・収納式ウエストベルト/ バックセイバーボトム
  • 本体内部にネオプレーンのPC/ハイドレーションスリーブ・オーガナイザーつきのフロントポケット・サイドにメッシュのボトルポケット・リフレクターライトループ
  • 【原産国】 ベトナム【重 量】 1,135【容 量】容量:26L【サイズ】 51×33×20cm

(出典:AMAZON)

 

僕はブラックではなくダークヘビーレザーを購入しました。

ブラックはほとんどみんなが持っていて少し違った色が欲しかったのです。

 

f:id:thebackpack:20180711231251j:plain

う〜ん!自分で言うのもなんですけど、この色をチョイスした自分を褒めてあげたいぐらいですw落ち着いた色と目立たないロゴ!!

完璧ですねw

 

 

買った経緯

『え!?でもお前グレゴリーのデイパックとか持ってんじゃん?』

そうなんですよね……。25リットルのリュック…持ってるんですよ(笑)グレゴリーのデイパックとか……

 

でもね、やっぱり他のリュックも欲しくなるんですよ(;_;

 

…というわけでいろいろ探し回りましたよ。

僕は25リットルという容量に強いこだわりがあるので探しまくりました。

 

今までマイナーなブランドをメインで探してきましたがメジャーブランドのリュックってどうなんだろう?

 

そして購入したのがノースフェイスのホットショットでした。

 

大阪のりんくうタウンにあるアウトレットショップにて吟味させてもらいましたね(笑)

 

しかしノースフェイスのホットショットといえば女の子が背負っているのをよく見かけます。(僕は男)

 

ちょっと悩んだんですけど、黒色のホットショットを女の子が背負っているイメージが強かったので、僕はグレーにしました。

 

※黒のホットショットは女の子が背負うものだとは思っていませんww

 

実際に買ってみて、僕的には非常に満足度が高い。皆さんにもぜひ背負ってほしいと思える一品です。

 

ホットショットの良いとこ

さてホットショットの良いところは結構あります。その中でも特に素晴らしい点をご紹介しますね。

正直めちゃくちゃ気に入ってます。

 

①背面に板が入っており、形が崩れない、つまりはカッコいい

まず最初に一つめ。背面に板が入っており、しっかりしています。

つまり形が崩れないのです。

グレゴリーのデイパックは生地がとても柔らかいので形が崩れてしまいます。

ですがこのリュックは形が崩れないので、本当にいつもかっこいいっw

 

リュックはナップサックではないのでしっかりとした形をしているのは

とても大事!!(自論ですがww) 

f:id:thebackpack:20180711231633j:plain

このリュックはこの形から崩れません。

 

 

②フロントポケットが想像以上に万能!

フロントポケット!このリュックのメインポケット以外のもう一つのポケットなのですが本当に便利なんです。

f:id:thebackpack:20180711231825j:plain

まずはこのようなガバッと開くことができます。

その上、なかなか大きいポケットですので本が入る大きさなのです。

 

f:id:thebackpack:20180711231946j:plain

 機能性も抜群ですのでこのように小さいポケットが沢山あります

パスケースやスマホやぺんなど詰め込んじゃってくださいw

 

 

③言うまでもなく、背負心地がよく丈夫!

さすがアウトドアメーカーですねw

 

背骨のラインに合わせてクリアランスを持つスパインチャンネル構造で背骨への負担を軽減しつつ、高い通気性を確保・・・(出典:AMAZON)

 

らしいですw意味わかんねっwまぁともかく人体構造に基づいて

色々考えてくれてて背負いやすくなってるんですねw

でも本当に背負いやすいと思いますよ!是非是非!!

背負って見たらわかると思います

 

 

④撥水性もあり!!

この前、雨に塗られて家まで帰ってきたのですが

このリュックなんかすげー撥水性がいいんですよ!

弾く弾く!!本当に弾きますよ!

さっとタオルで一拭きすれば元どおり!!ね?簡単でしょ?

 

でも内側の素材もしっかり撥水対応しており

中の荷物が濡れてしまうということはないでしょう。

 

f:id:thebackpack:20180711233455j:plain

↑この外側のロゴ部分の撥水性には驚かされますよっw

 

⑤ウエストベルトが収納可能!

これね!びっくりしたんですよ!

まさかついてるとは思ってませんでしたw

f:id:thebackpack:20180711232704j:plain

しかも簡単に直すことができます。

このウエストベルトって重い荷物を入れて旅行するときなどは、めちゃ体が楽になるのですがタウンユースで使うとなるとオシャレ感を損ねてしまうんですよねw

なので使う場面とそうでない場面の使い分けができるのは本当にありがたいですね!

 

 

⑥メッシュ生地が通気性を良くしています!

これも本当に大事!

メッシュ生地のおかげで夏も快適にリュックを背負うことができます。

メッシュ生地でなければ長時間、外を歩いていると背中とリュックがくっついて本当に嫌な感じになるんですよね・・・

メッシュ生地というのはなかなか大事なんですよw

f:id:thebackpack:20180711233002j:plain

背面部分がそうなんですけど

背面部分だけではありません。ショルダーベルト部分もしっかりとしたメッシュ生地なのです。

f:id:thebackpack:20180711233120j:plain

 本当に隅々まで考えられているリュックだと感心しますね。

 

 

⑦ジッパー開けやすい!

ジッパー!!それはリュックにとって一番使う場所かもしれません。

このホットショットのジッパーは大きめのジッパーを使用されており

本当に開閉しやすいようになっています。

ちなみにメインポケットの方が少し大きめのジッパーです。

ダブルジッパーです。

f:id:thebackpack:20180711233418j:plain

 

 

 

ホットショットの悪いとこ

かぁ〜…まぁどんなリュックにも良くないところはありますよね。良くないというかここはこうして欲しかったという点をご紹介しますね。

もちろんですが悪いとこはあれど、めちゃくちゃいい商品です。

 

 

①予想よりも入らない………

もちろん容量は26リットルです。なかなか入ります。

ですが「あれ?もうちょい入ってもおかしくなくね?」そう思える量なのです。

f:id:thebackpack:20180711234011j:plain

もちろんペットボトル3本程度は余裕ですよw

でもグレゴリーのデイパックよりかは入らないイメージですね。

ですが何度も言いますが十分な量ですw

 

②PCスリーブが狭い……

メインポケットの中に仕切りとしてPCスリーブがあるのですが

狭いw本当に狭いw僕はPCを持ち運ばないので問題はないのですが

こんなスリーブなら無くても問題なし

むしろ無くてメインポケットの中身を広くして欲しかったです。

f:id:thebackpack:20180712000050j:plain

 

③自立しない……

背中に板のようなものが入っているというのを書かせてもらいました。

これのせいで自立しないんですよw

 

自立しないと何かと不便なんですよねw

 

④少し重い 

重さが1kg超えてるんですよね・・・

これって26リットルのリュックにしては普通に重いんですよ

ちなみに似たような大きさのグレゴリーデイパックは600g程度。

しかしデイパックよりホットショットの方がしっかりしてるので

仕方がないのか?と思ったり・・・

 

 

ホットショットはこういう人につかってほしい!!

ではでは!どういう人たちにこのリュックがおすすめなのか、僕なりに考えたこと結果を書かせてもらいますね。上の方に書いたいい部分と悪い部分も考慮すると…

 

タウンユースからアウトドアまで幅広く使いたい人

 

これですね!このホットショットは都会の街中から1泊2日の旅行、そしてハイキングやフェスなどのアウトドアにも使用することができます。

 

ホットショットはデザインが良く、いろいろなファッションにも似合うので街中でも使用できる。

ホットショットは26リットルという絶妙な大きさなので出かけやすく、軽い旅行ならこれ一つで十分です。

ホットショットはアウトドアブランドであるザ・ノース・フェイスが作っており撥水性もあり、丈夫なのでフェスやハイキングなどのアウトドアでも使用できます。

 

リュック一つで色々なところへ出かけたい!という人たちにオススメ!

もちろん老若男女問わず使えるデザインです。

 

他の人のレビュー

非常に使いやすいです。
中のポケットも小物を分けしやすく、メインのパソコンやタブレットを収納する部分も使いやすいです。メインの中に出っ張りがあるというレビューがありますが、それはパソコン収納の下部にクッションがついているものです。
見た目もかっこよく、荷物が背中から離れないようベルトもあり、大満足です。

 

使い勝手よく、思い通りの商品。
ノースフェイスのバックパックは、ヒューズボックスも使っているが、使い易く頑強。
少し重いのが玉に瑕だが、それも頑強が故と捉えれば納得の品。
自転車(スポーツバイク)乗車時用に購入。
必携品に、降りた時のサドルバック、ツールケース、ヘルメットも収納でき、重宝しております。

 

しっかりしたつくりで何を入れても大丈夫そうですね。
大きさは少し大きいかなと思いますが、使ってみてからでしょう。
杖をついて歩くので両手はあけておきたいのでリュックが欲しかった。通勤、お出かけ共に末長く使います。
サイドのボトルホルダーが欲しくてこれを買いました。

 

がっちりと堅牢な作り、背負いやすさ、縫製の丈夫さ、部分部分の使いやすさ、色使い等々、さすがNORTH FACEだなと思わせられます。
結果として多少重くなっていますが、パッドを豊富に使って、内部のPCを保護したり、肩や背中への負担・衝撃を軽減したりするためで、まったく無駄な重さではありません。そこら辺は深く納得させられます。
2、3泊の輪行や旅行に使っていますが、十分です。

 

(出典:AMAZON)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

まだ購入してから一ヶ月程度しか経っていませんが…トップ3に入るぐらいに気に入りようです(笑)

これから遠出して写真撮影行うときなどはこのリュックを使用したいと思っています。

 

絶妙な大きさ、丈夫な素材、デザイン性も抜群!

リュックというのは機能性ばかりがすごくてもデザイン性やかっこよさがなければ使う気になれないんですよね。

 

いろんな人がこのリュックを使っている理由がわかりました。

みなさんもホットショットを使えば、どうして人気なのかがわかるのではないでしょうか?